MPS 2019.1ヘルプ

XML言語

jetbrains.mps.core.xml言語は、MPSのXML文書を厳密にモデル化するように設計されています。この言語は、プレーンXMLと1:1で一致することを目的としており、テキストXMLファイルに生成されます。

構造

XMLファイルを表すにはXmlFileルート要素を使用する必要があります。

xml1

それは単一のXmlDocumentノードを含み、それ自身が1つ以上のプロローグエントリとルートxml要素を保持します。

xml2

選択およびカスタマイズが必要なプロローグ要素には、いくつかの種類があります。

xml3

Enterキーを使用して、プロローグ内のエントリーを同じ行内または複数行に分割します。

編集

その後、要素、それらの属性、および値を自然に入力できます。XML固有の記号、たとえば'<'、'>'、'='、'スペース'、"&"は区切り文字として認識され、自動的に呼び出された変換は、目的の概念の適切なインスタンスを正しく挿入します - XmlElementXmlAttributeXmlTextXmlTextValue XmlEntityRefXmlEntityRefValueXmlCommentなどコード補完は、未完成の要素を少しの労力で補完できます。

xml4

世代

言語はTextGenアスペクトを使用してテキストXMLに変換されます。

xml5
最終更新日: 2019年7月5日