MPS 2020.1 ヘルプ

スクリプト

スクリプトの側面により、モデルの変更をバッチで実行できます。利用可能なスクリプトは、ツール -> スクリプトメニューに表示されます。

Scripts use
スクリプトには 2 つのタイプがあります。
  • 拡張 - 指定した基準に基づいてモデルに変更を加えます

  • 移行 - 言語バージョン間の移行に使用されていた非推奨のタイプ。言語の移行がこの機能を処理するようになったため、移行スクリプトは使用できなくなりました。

スクリプトを定義するには、言語でスクリプトアスペクトを作成してから拡張スクリプトを作成します。
Scripts language mig script

名前と説明的なタイトルを付けます。

Scripts name
次に、1 つ以上のアップデーターを指定します。それらにはいくつかの種類があります。
Scripts updaters

コンセプトインスタンスアップデーター

「コンセプトインスタンスアップデータ」を使用すると、クエリを指定して関心のあるノードを取得し、見つかったインスタンスを更新するコードを提供できます。

Scripts instance updater
「インテンションとして表示」フラグ
Scripts intention flag

クエリを満たすノードのすぐ横にあるエディターのインテンションメニューでスクリプトを提供します。
Scripts intention

ファクトリメソッドアップデーター

Scripts factory use
このアップデータは、BaseLanguage のフィルタリングおよび拡張機能を実装する AbstractMigrationRefactoring クラスのインスタンスを返すことになっているファクトリメソッドを呼び出します。
Scripts factory

インターフェースアップデーターの抽出

クラスのメソッドへの参照を別のクラスまたはインターフェースのメソッドに置き換える場合、extract interface updater が役立ちます。

Scripts extract
現在のターゲットクラスと目的のターゲットクラスの両方を指定し、「プルアップメソッド」ステートメントで、どのメソッドを変更し、何を変更するかの参照を指定します。