MPS 2020.3 ヘルプ

ログ関連

The jetbrains.mps.baselanguage.logging language contains statements for writing arbitrary information into the MPS log as well as to the メッセージ tool view panel. The LogLowLevelStatement concept (aka "log error ...") is used for logging using the system logger, while MsgStatement (aka "message error...") is used for logging into the メッセージ tool window.

Log6

メッセージツールウィンドウは画面下部にあります。

Messages tool window

MPS ログファイルはメニューを使って素早くナビゲートすることができます:

Locate logs

この言語は、さまざまな重大度のログメッセージをサポートしています。

  • トレース

  • 情報

  • デバッグ

  • 警告

  • エラー

  • 致命的

log ステートメントをコードに挿入したいときはいつでも、"log" か "message" のどちらかに続けて希望の重大度を入力することから始めます。

Log1

完了すると、空のメッセージを含むログステートメントが挿入されます。

Log2

重大度はいつでも変更できます。

Log3

log ステートメントは、指定される例外もサポートしています。undefined

Log4

MsgStatement contains an additional parameter to specify the project:

Log5

When multiple projects are open in MPS at the same time, each project gets its own MPS windows and thus also its own メッセージ view. The project parameter is used to output the log message into the メッセージ window of the right project. If you leave the parameter empty, the message will be logged into メッセージ tool views of all open projects.