MPS 2020.1ヘルプ

汎用プレースホルダーと汎用コメント

汎用プレースホルダー

A generic placeholder represents the whitespace between two nodes and can be added to any node collection. The Ctrl+Shift+Enter key combination inserts the placeholder at the current position within a collection. The placeholder behaves in a transparent way - you may still invoke the completion menu on the placeholder node to replace it nodes or press Enter to add the usual node in the next sibling position.

たとえその言語がそのような概念をサポートしていなくても、どの言語の汎用プレースホルダーユーザーを使用しても、任意の視覚的なセパレーター(空行)をコードに挿入できます。

EmptyLinePlaceholder

汎用コメント

汎用プレースホルダ自体がコンテンツを含むことがあります。MPSは、jetbrains.mps.lang.text 言語またはgeneral-purpose devkitのプレースホルダーにテキストコンテンツを提供します。これにより、基本的なスタイル(太字、斜体、下線付き)、クリック可能なハイパーリンク、埋め込みノード(コード)をサポートする、完全に編集可能な複数行のテキスト言語が提供されます。

TextContentInPlaceholder

After including the jetbrains.mps.lang.text language or the general-purpose devkit press " [ " (open square bracket) on the placeholder. You will a node that allows you to enter and edit text. The text is multiline and consists of words. Any word can be made bold (press Control + B ), italic (press Control + I ) and underlined (press Control + U ). To add a link press Alt+Enter and invoke the リンクの追加 intention.

テキストに任意のノードを挿入するには、テキストノード内でコード補完を呼び出して「 node 」を選択します。ノードプレースホルダが表示されるため、任意のサンプルノードを入力できます。埋め込みコードは任意のインポートされた言語からのノードを使用できます。

PlaceholderWithCodeEmbedded

最終更新日: 2020年5月29日