MPS 2023.3 ヘルプ

エクステンションサポート

拡張機能は、標準的な言語の側面やプラグインのメカニズムではカバーされていない、ソリューションや言語の特定の側面を拡張する可能性を提供します。通常、ディストリビューションモデル(MPS プラグイン、IntelliJ IDEA プラグイン、またはスタンドアロン IDE)に応じて、言語の動作をわずかに変更する必要があります。そのような場合、あなたの拡張ポイントを、異なる実装が異なるディストリビューションで提供されるインターフェースとして定義します。

エクステンションのサポート

  • 言語

  • プラグインソリューション

クイック使い方

  1. 拡張ポイントを作成する

  2. 1 つ以上の拡張機能を作成する

  3. 拡張ポイントと拡張の両方がプラグインモデルになければなりません

    1. 各拡張はオブジェクトを返す get メソッドを提供しなければなりません

    2. 各拡張機能は、アクティブ化 / 非アクティブ化の通知を受信することを選択できます

    3. クラスができるように、エクステンションはフィールドを宣言することができます

拡張言語

jetbrains.mps.lang.extension という言語は、拡張機能の構築に必要な概念を宣言しています。

拡張ポイント

ExtensionPointDeclaration の概念は拡張ポイントを表します。拡張オブジェクト型はパラメーターとして指定する必要があります。

extensionpoint.png

拡張

具体的な拡張を作成するために拡張の概念が使用されています。

extension.png

拡張ポイントにアクセスする

拡張ポイントは、拡張ポイント式を使用して参照によってアクセスできます。

extensionpointexpr.png

拡張オブジェクトへのアクセス

拡張ポイントは、その拡張によって提供されるすべてのオブジェクトにアクセスする方法を含みます。

extensionobjects.png

Java API

public interface Extension<T> { String getExtensionPointId (); T get (); void activate (); void deactivate (); } public class ExtensionPoint<T> { public static <T> ExtensionPoint<T> generify(ExtensionPoint raw) { ... } public ExtensionPoint(String id) { ... } public String getId() { ... } }

拡張ポイントと拡張機能は、ExtensionRegistry コアコンポーネントによって管理されます。