MPS 2018.3ヘルプ

MPSエディター: ガイド付きツアー

基本

MPSエディターは、ソースコードを作成および修正するための強力なツールです。他のIDEのエディターとして、それはのような基本的な機能をサポートブックマーク、ブレークポイント、構文の強調表示、コード補完 ,, 折りたたみコードブロック、などがありますが、しかし、などの高度な機能の多くインテンションアクションインテリジェントかつ迅速なナビゲーション、およびもっとたくさん。

編集環境を設定するには、エディター設定ページとその子ページを使用します。いくつかのキーストロークでカラースキーム、テーマ、キーマップなどを変更できるスキームのクイック切り替えコマンドもあります。

「MPSユーザーズガイド」の「エディター(英語)」セクションで、MPSエディターの固有の機能について学びます。以下のセクションでは、エディターを操作する際の最も一般的な問題について説明します。

エディターはタブベースです。エディタータブによるすべての操作は、タブのコンテキストメニューまたはメインメニューのウィンドウ | エディター・タブノードから使用できます。

アクティブ・エディター

編集用にファイルを開くと、そのファイルが独自のタブで開きます。現在取り組んでいるエディターは、アクティブ・エディターです。

編集部

mp editor
1.エディター領域
この領域を使用して、ソースコードを入力して編集します。編集者は、多数のコーディング支援機能を提案しています。詳細については、このノードのセクションを参照してください。
2.ガター領域
左ガターは、コードに関する追加情報を提供し、コード構造、ブックマーク、ブレークポイント、スコープインジケータ、変更マーカー、および任意のコードブロックを非表示にするコードの折りたたみ線を識別するさまざまなアイコンを表示します。
3.ドキュメントタブ
作業中の複数のドキュメント間での迅速なナビゲーションを可能にします。タブをクリックするとその内容が前面に表示され、アクティブなエディターで編集できるようになります。

タブ間を移動するには、キーボードショートカット Alt+Right または Alt+Leftを使用します。

Ctrl / キーを押しながらタブをクリックすると、外部のブラウザでファイルパスを開くことで、ファイルパスの任意の部分をナビゲートできます。

タブのコンテキストメニューは、エディターで開いたファイルに適用可能なすべてのコマンドを提供します。たとえば、次のようになります。

4.検証サイドバー/マーカーバー
これは編集領域の右側にあるバーです。コードが大丈夫か、エラーや警告が含まれているかによって、上に緑色、赤色、黄色のボックスが表示されます。このバーには、誤ったコード、変更された行、検索結果、またはTODO項目に正確にジャンプできるアクティブな赤、黄、白、緑、青のナビゲーションストライプも表示されます。
最終更新日: 2019年1月17日