MPS 2019.2ヘルプ

ウィザードを作成する

言語またはIDEのユーザーのタスクを自動化するウィザードを提供する必要がある場合があります。MPSを使用すると、作成できるため、ウィザードで実行されるアクションの特定の設定(モデルなど)をユーザーがカスタマイズできます(いくつかのステップで)。このウィザードは、MPS移行ウィザードと同様のルックアンドフィールを持ち、システムにシームレスに適合します。

独自のウィザードを作成するには、AbstractWizardクラスを拡張する必要があります。StepAdapterクラスを使用すると、ウィザードの追加ステップを作成できます。その後、addStep()メソッドを使用してウィザードに登録します。

ソースを調べて、既存のウィザードのいくつかをチェックアウトすることをお勧めします。GenerateBuildWizard MPSソースの取得およびオープンに関するいくつかの有用なヒントについては、JetBrains MPSプロジェクトへの貢献(英語)ページを確認してください。

最終更新日: 2019年8月30日