MPS 2020.3 ヘルプ

ウィザードを作成する

言語または IDE のユーザーのタスクを自動化するウィザードを提供する必要がある場合があります。MPS を使用すると、作成できるため、ウィザードで実行されるアクションの特定の設定(モデルなど)をユーザーがカスタマイズできます(いくつかのステップで)。このウィザードは、MPS 移行ウィザードと同様のルックアンドフィールを持ち、システムにシームレスに適合します。

独自のウィザードを作成するには、AbstractWizard クラスを拡張する必要があります。StepAdapter クラスを使用すると、ウィザードの追加のステップを作成し、addStep() メソッドを使用してウィザードに登録できます。

ソースを調べて、GenerateBuildWizard などの既存のウィザードのいくつかを確認することをお勧めします。MPS ソースを取得して開くためのいくつかの役立つヒントについては、JetBrains MPS プロジェクトへの貢献(英語)ページを確認してください。

関連ページ:

進捗インジケーター

デフォルトでは、アクションは実行中は UI をブロックします。すぐに終了しないアクションの場合は、アクションがアクティブであることをユーザーに示し、進行状況と時間の見積もりに関するフィードバックをユーザーに提供する進行状況バーを表示することをお勧めします。このセクションでは、進行状況インジケーターを適切に表示および更新する方法、ユーザーがアクションを手動でキャンセルできるようにする方法、およびアクションをバックグラウンドに送信する方法について説明します。非同期タスク:UI がフリーズしないよう...

エクステンションサポート

拡張機能は、標準的な言語の側面やプラグインのメカニズムではカバーされていない、ソリューションや言語の特定の側面を拡張する可能性を提供します。通常、ディストリビューションモデル(MPS プラグイン、IntelliJ IDEA プラグイン、またはスタンドアロン IDE)に応じて、言語の動作をわずかに変更する必要があります。そのような場合、あなたの拡張ポイントを、異なる実装が異なるディストリビューションで提供されるインターフェースとして定義します。エクステンションのサポートは言語、プラグインソリューシ...