MPS 2020.1 ヘルプ

コンテキストアクションツール

コンテキストアクションツールは一部の DSL ユーザーのマウスナビゲーションへの好みに対応しています。指定されたコンテキストで適用可能なアクションが、階層的に整理されたサイドバーに一覧表示されます。

一般的な動作は、1 回のクリックでアクティブになるカーソル位置で何かをすることです。コンテキストアクションツールは、このコンテキストでどのようなことが実行可能かを明確に伝えるため、探索的な作業を発見するのに最適です。

cat2

ツールウィンドウでオプションを選択することによって、ユーザーは関連するアクションを起動します。これは通常、現在のフォーカスの代わりにモデルを変更する

ウィンドウはエディターに依存しない位置にあり、アクションの階層メニューを含みます。メニューが 1 つのレベルより深い場合は、メニュー名を / 区切り記号(たとえば Toplevel / SecondlevelA / ThirdlevelA)で連結することによって、より深いレベルが最上位階層に折りたたまれます。

サイドバーの内容は、新しい変換メニュー言語を通じて言語設計者によって指定されます。

cat1

The language supports modularization of the menus and their easy reuse, so combining menus of super- or sub-concepts should be quite straightforward: Once you import the jetbrains.mps.editor.contextActionsTool.lang.menus language you'll be able to specify the context action tool location for your actions, groups and other relevant elements: The language also gives you the possibility to specify an icon and a tooltip for the given entries.

実際の言語構文の詳細については、変換メニュー言語のページを参照してください。