MPS 2019.1ヘルプ

IntelliJ IDEA言語プラグインの構築

それで、一連の言語を作成しました、IntelliJ IDEAの中のJava開発者に利用可能にしたいです。この文書では、おそらくそれらが依存するランタイムと共に、一連の言語を有効なIntelliJ IDEAプラグインにパッケージする方法を見ていきます。

ビデオが好きですか?それならIntelliJ IDEA言語プラグイン作成のトピックを網羅するスクリーンキャスト(英語)もぜひ参照してください。

注:MPSに付属のJavaExtensionsSampleサンプルプロジェクトには、サンプルのJava拡張機能をビルドしてプラグインにパッケージ化するための完全に機能的なビルドスクリプトが含まれています。そこからインスピレーションを受けることができます。

出発点

あなたの言語を構築したと思い、今それは世界と共有する時です。他の人がつかむためにサーバーにアップロードすることができる良いzipファイルを得るために従う必要があるいくつかのステップがあります。

簡単に言うと:

  • ビルドスクリプトを作成する (手動またはウィザードを介して)

  • Antビルドxmlファイルを生成する

  • Ant の実行

  • 生成されたファイルを選んで共有する

それでは、さらに詳しく説明します。あるいは、IntelliJ IDEA言語プラグインの使用と同様に構築のトピックをカバーする私たちの新しいスクリーンキャストを試してみるのが好きかもしれません。

ビルドスクリプトを作成する

まず最初に、新しく作成したビルドソリューションで新しいビルドスクリプトを作成する必要があります。ウィザードを使用するか、ビルド記述を手動で作成するという2つの選択肢があります。

ウィザードを使う

ソリューションのビルドウィザードを使って、私たちのために解決策を生成することができます。

build1

ウィザードは、新しいビルドスクリプトを既存のソリューションの一部にするかどうか、または新しいものを作成するかどうかを確認します。

build2

モデルは新しいソリューション内に作成する必要があります。

build3

結果をMPSプラグインとIntelliJ IDEAプラグインのどちらとしてパッケージ化するかを指定することもできます。

build5

最後に、ビルドスクリプトに含める言語とソリューションを選択します。

build6

生成されたビルド記述スクリプトは次のようになります。

build7

手動によるアプローチ

プロセスをより細かく制御するために、代わりに自分でビルドスクリプトを作成することもできます。そのため、まず既存のソリューションを選択するか、新しいソリューションを作成する必要があります。プロジェクトの論理ビューのルートで、右クリックして新規ソリューションを選択します。解決策が存在したら、その中に新しいモデルを作成します。モデルは使用言語としてリストされているjetbrains.mps.buildjetbrains.mps.build.mpsを持つべきであり、jetbrains.mps.ide.build依存としてメンションされるべきです。

build12

build13

ソリューションとモデルを準備したら、ポップアップメニューから新しいビルドプロジェクトを作成できます。

build14

ビルドスクリプトを編集する

どちらの方法でもビルドスクリプトを作成しました。今度はビルドの説明を編集します。あなたの言語とソリューションをIntelliJ IDEAプラグインとしてパッケージ化することができるようにするためには、次のようなスクリプトを早急に入手してください。

build8

両方の依存関係に対して成果物の場所を定義することが重要です。IDEA依存関係は、IntelliJ IDEAインストールがどこにあるかを知る必要があります。mpsPlugin依存関係はMPSコアIDEAプラグインを見つける場所を知る必要があります。プラグインを追加してIntelliJ IDEA内でMPSを有効にした後は、通常IntelliJ IDEAインストールフォルダー/プラグインフォルダーにあります。代わりに、プラグインはIntelliJ IDEA設定フォルダー/ config / pluginsのユーザのホームフォルダーにインストールされているかもしれません。

ビルド言語機能の詳細についてはビルド言語をチェックしてください。

Antビルドxmlファイルを生成する

ビルドスクリプトを準備したら、Ant build.xmlファイルを生成できます。ビルドソリューションを再構築するだけで、次の図に示すように、ビルドスクリプトのプロパティーで指定した場所にファイルが生成されます。

build11

生成されたbuild.xmlファイルは次のように起動します。

build10

生成されたスクリプトのartifacts.IDEAおよびartifacts.mpsPluginプロパティーに注目してください。スクリプトをコマンドラインから実行するときは、IntelliJ IDEAインストールとMPSコアプラグインの場所をそれぞれ指定する必要があります。

上記のスクリプトでは、マクロ$idea_home$plugins_home)を使用して両方のアーティファクトの場所を設定しているため、代わりにtheeseプロパティーを設定できます(ビルドマシン上の場所がビルドスクリプトで設定されたパスと異なる場合のみ必要)。

Ant の実行

ビルドを実行してプラグインを入手する時が来ました。繰り返しになりますが、2つの選択肢があります。- MPS内に留まるか、コマンドラインを使用するかのいずれかです。

MPS内から

プロジェクトビューでビルドノードを右クリックして実行を選択します。

build9

生成された成果物は、ベースとして指定したフォルダー内のbuildフォルダーにあります。

コマンドラインから

You need to navigate the command line to the folder where the build.xml file is located and run ant. If the locations of the MPS core plugin and IntelliJ IDEA on the build machine are different from the path set in the build script, we should specify the actual location on the command line ant -Dartifacts.mpsPlugin="..." -Dartifacts.IDEA="..." . Since in our example above we use $idea_home to point to the IntelliJ IDEA installation folder and $plugins_home to point to the MPS core plugin, we can instead change the values of theese properties on the command line: ant -Didea_home="path to idea" -Dplugins_home="path to the MPS core plugin" .

このステップは、MPSまたはコマンドラインのどちらからスクリプトを実行しても、必要なすべてのjarファイルを含むzipファイルを生成します。これは、ビルドスクリプトのレイアウトセクションで指定したとおりです。IntelliJ IDEAプラグインのデフォルトレイアウト。

生成されたファイルを選んで共有する

生成されたファイルをプラグインとして追加できるように、IntelliJ IDEAユーザーに配布する必要があります。IntelliJ IDEAで使用するためのプラグインをインストールする方法の詳細な説明についてはIntelliJ IDEA内でMPSを使用するをチェックしてください。

最終更新日: 2019年7月5日