MPS 2023.3 ヘルプ

基本言語

BaseLanguage は、Java とほぼ同じ構造のセットを共有するため、Java に対応する MPS です。BaseLanguage は、MPS でのコード生成の最も一般的なターゲットであり、同時に最も広範囲に拡張された言語です。

Java との統合を簡素化するために、MPS のすべてのモジュールのクラスパスを指定することができます。クラスパスで見つかったクラスは、@java_stub モデルに自動的にインポートされるため、BaseLanguage を使用するプログラムで直接使用できます。

MPS の頻繁に拡張される概念は次のとおりです。

  • 。1、"abc" などの結果に評価される構造。

  • ステートメント。if/while/synchronized ステートメントのようなメソッドレベルに含めることができる構成要素。

  • 。int、double などの変数の型。

  • IOperationnode.parent のようにドットの後に配置できる構成。ここでは、 要素は IOperation です。

  • AbstractCreator。さまざまな要素をインスタンス化するために使用できる構成。

BaseLanguage は元々 Java 6 仕様を使用して作成されますが、リソースの試行、複数の例外のキャッチ、ローカル変数型の推論、デフォルトおよびプライベートインターフェースメソッド、または後の Java バージョンの diamond 演算子などの機能が含まれるようになりました。 これらの機能は BaseLanguage 自体の一部であるため、これらの機能を使用するために追加の言語インポートは必要ありません。特定の java 言語レベルを必要とするビルドプロセスとの互換性を提供するために、モジュールプロパティダイアログの Java タブで各ソリューションを構成して、必要な言語レベルと互換性のない言語機能を禁止できます。

Java_compatibility.png

関連ページ:

MPS Java との互換性

構成:環境設定ウィンドウの Java コンパイラー構成タブには、プロジェクトのバイトコードバージョンという 1 つの設定しかありません。この設定は、MPS によってコンパイルされたすべての Java クラスのバイトコードバージョンを定義します。これらのクラスには、言語の側面から生成されたクラス、ランタイムソリューションのクラス、サンドボックスソリューションのクラスなどがあります。デフォルトでは、バイトコードのバージョンは JDK Default に設定されています。これは、コンパイルされたクラス...

ドキュメントファセット

導入:ドキュメント言語を使用すると、言語構造をドキュメント化できます。ドキュメントは、情報ポップアップダイアログ (別名トゥーチップ) と専用のドキュメントツールウィンドウを通じて、言語の構造モデルのユーザーに即座に提供されます。さらに、ドキュメントは HTML javadoc スタイルのドキュメントとして生成することもできます。始め方:言語のドキュメントを有効にするのは非常に簡単です: 言語のモジュールプロパティに移動します。ファセットタブでドキュメントファセットを有効にします。生成されたド...

基本言語拡張スタイルガイド

基本言語は、MPS で群を抜いて最も広く拡張された言語です。典型的な MPS プロジェクトは、さまざまなソースまたは言語ベンダーからのさまざまな拡張機能を使用する可能性が非常に高いため、コミュニティは、すべての言語で統一されたスタイルを持つことで恩恵を受ける可能性があります。このドキュメントでは、作成者がすべての基本言語拡張機能に適用する必要がある規則について説明します。クイックリファレンス:. ドット [LeftBracket]RightBracket{LeftBrace}RightBrace=...