MPS 2020.1ヘルプ

基本言語

BaseLanguageは、Javaとほぼ同じ一連の構成要素を共有するため、MPSのJava版に相当します。BaseLanguageはMPSのコード生成の最も一般的なターゲットであり、同時に最も広範に拡張された言語です。

Javaとの統合を簡単にするために、MPSのすべてのモジュールにクラスパスを指定することが可能です。クラスパスにあるクラスは自動的に@java_stubモデルにインポートされるため、BaseLanguageを使うプログラムで直接使うことができます。

MPSの頻繁に拡張される概念は次のとおりです。

  • 。1、"abc" などのようないくつかの結果に評価される構文

  • ステートメント。構造体。if / while / synchronizedステートメントのようにメソッドレベルで含めることができます。

  • タイプ。int、doubleなどの変数の種類。

  • 操作node.parentのようにドットの後に配置することができます。要素はここでは操作です。

  • AbstractCreator。さまざまな要素をインスタンス化するために使用できるコンストラクト。

Although, BaseLanguage was originally created using the Java 6 specification, it now includes features like try with resources, catch multiple exceptions, local variable type inference, default and private interface methods from later Java versions. No additional language import is required to use these features since they are part of BaseLanguage itself. To provide compatibility with build processes requiring certain java language level, each solution can be configured in the Java tab of the module properties dialog to prohibit language feature not compatible with required language level.

Java compatibility

最終更新日: 2020年6月18日