IntelliJ IDEA 2020.2ヘルプ

XPathおよびXSLTのサポート

  • XSLTサポートは、ルート要素にXSLT-Namespace http://www.w3.org/1999/XSL/Transform を宣言するすべてのXMLファイルで使用できます。

  • IntelliJ IDEAは、XSLTバージョン1.0および2.0、XPathバージョン1.0および2.0をサポートしています。

  • XSLT 2.0対応プロセッサ(Saxon 9-HEなど)をスタイルシートの実行に使用されるモジュールのクラスパスに追加し、JDKの前に配置する必要があります。モジュール依存関係を参照してください。

IntelliJ IDEAでは、document() 関数がドキュメント間のクエリーを作成できるようにするなど、現在フォーカスのあるドキュメントに対して式を評価することができます。また、XPath で検索アクションを使用して、パス内検索スタイルの複数のXML文書に対する式を評価することもできます。

現在のエディターで一致する式を強調表示するか、検索ウィンドウに一致する行のリストを表示するように設定できます。XPath式の編集は、カスタマイズ可能な一連のXPath インスペクションと幅広いコード補完の提案を含む、オンザフライのエラーチェックによって強化されています。

IntelliJ IDEAでは、メインメニューから表示 | ユニーク XPathを選択することで、エディターで選択した要素の一意のXPath式を表示することもできます。

XSLTサポートはXPath式に限定されず、xsl:call-template とそのパラメーターを介して呼び出されるテンプレートの存在のチェック、リファクタリング、ナビゲーションの機能強化など、XSLTの幅広い構成要素もサポートします。バンドルされたXSLTデバッガープラグイン(英語)を使用すると、XSLTスタイルシートをデバッグできます。

本セクション:

このセクションの記事を閲覧するには、目次ナビゲーションを使用してください。

最終更新日: 2020年5月08日