IntelliJ IDEA 2021.1 ヘルプ

バージョン管理

VCS 操作のポップアップAlt+` または VCS | VCS 操作のポップアップ)を使用すると、VCS 関連のコマンドをすばやく呼び出すことができます。ポップアップ内のアクションのリストは、現在有効になっている VCS によって異なります。

vcs_operations_quick_list.png

次のショートカットを使用して、グローバルバージョン管理コマンドを呼び出すこともできます。

グローバル VCS アクション

関連ページ:

変更をコミットして Git リポジトリにプッシュする | IntelliJ IDEA

Git リポジトリに新しいファイルを追加した後、またはすでに Git バージョン管理下にある変更されたファイルを追加し、それらの現在の状態に満足したら、作業の結果を共有できます。これには、リポジトリのスナップショットをプロジェクト履歴に記録するためにローカルにコミットしてから、プッシュをリモートリポジトリにコミットして、他のユーザーが利用できるようにすることが含まれます。Git ユーザー名を設定する Git は、コミットを ID に関連付けるために、ユーザー名を知っている必要があります。ユーザー名...

リモート Git リポジトリと同期する (フェッチ、プル、更新) | IntelliJ IDEA

変更をアップストリームにプッシュして作業の結果を共有する前に、リモートリポジトリと同期して、プロジェクトのローカルコピーが最新であることを確認する必要があります。これは、変更のフェッチ、変更のプル、またはプロジェクトの更新のいずれかの方法で行うことができます。Git ブランチポップアップは、ブランチにまだフェッチされていない受信コミットがあるかどうかを示します。変更のフェッチ:アップストリームから変更をフェッチすると、最後にリモートリポジトリと同期してから行われたコミットからのすべての新しいデー...

Git リポジトリの変更を元に戻す | IntelliJ IDEA

コミットされていない変更を元に戻すコミットする前に、ローカルで行った変更をいつでも元に戻すことができます。コミットツールウィンドウで、元に戻すファイルを 1 つ以上選択し、コンテキストメニューからロールバックを選択するか、を押します。最後のコミット以降に選択したファイルに加えられたすべての変更は破棄され、アクティブな変更リストから消えます。最後のコミットを取り消す IntelliJ IDEA を使用すると、現在のブランチの最後のコミットを元に戻すことができます。Git ツールウィンドウを開き、...

変更を確認する | IntelliJ IDEA

このトピックでは、あなたのチームメイトがソースコードにもたらした変更を追跡する方法を説明します。プロジェクト履歴を確認する:IntelliJ IDEA を使用すると、指定したフィルターに一致するプロジェクトソースに加えられたすべての変更を確認できます。Git や Mercurial などの分散バージョン管理システムの場合、バージョン管理ツールウィンドウのログタブでプロジェクト履歴を表示できます(Git リポジトリの変更を調査するを参照)。Subversion、Perforce、ClearCa...

データフローを分析する | IntelliJ IDEA

大きなコードベースで作業する場合、データの処理方法とワークフローを改善してコードのパフォーマンスと可読性を向上させる方法を理解することが難しい場合があります。これを容易にするために、IntelliJ IDEA データフロー分析では、プログラムを実行せずに、考えられるすべてのデータ変換を追跡できます。この情報は、アプリのデザインを改善し、バグが現れる前にバグを診断するために使用できます。データフロー分析は、次の情報を提供します。メソッドまたは式の下流のデータに何が起こるか: コンシューマーとは何か...

バージョン管理を有効にする | IntelliJ IDEA

IntelliJ IDEA は 2 つのレベルでバージョン管理統合をサポートします。IDE レベルでは、VCS 統合は、デフォルトで有効になっているバンドルされたプラグインのセットを通じて提供されます。プロジェクトレベルでは、プロジェクトフォルダーを 1 つまたは複数のバージョン管理システムと関連付けることで、VCS 統合が有効になります。プロジェクトルートをバージョン管理システムに関連付ける:IntelliJ IDEA を使用すると、プロジェクトとバージョン管理システムとの統合をすばやく有効...