IntelliJ IDEA 2020.3 ヘルプ

Bundler

IntelliJ IDEA は Bundler(英語) との統合をサポートし、IDE 内でアプリケーションの gem 依存関係を処理できるようにします。

Bundler をインストールする

原則として、インストールされている Ruby インタープリターには Bundler がインストールされています。そうでない場合は、次のいずれかの方法でプロジェクト ZDK に Bundler をインストールできます。

  • メインメニューからツール | Bundler | Bundler をインストールするを選択します。

  • Ctrl を 2 回押し、呼び出されたポップアップで gem install bundler コマンドを実行します。

  • IntelliJ IDEA ターミナルエミュレータを開き、gem install bundler コマンドを実行します。

バンドル初期化

Bundler をインストールした後、現在のプロジェクトの Gemfile を生成できます。

  • メインメニューからツール | Bundler | 初期化を選択します。

gems をインストールする

次のようにして、Gemfile で定義された gems をプロジェクトインタープリターにインストールできます。

  1. 以下のいずれか 1 つを実行します:

    • Ctrl を 2 回押します。呼び出されたポップアップで、bundler と入力し始め、bundle install を選択して Enter を押します。

    • メインメニューからツール | Bundler | インストールを選択します。

    • Gemfile を開き、プロジェクト SDK で欠落しているハイライトされた gem にキャレットを配置し、Alt+Enter を押します。'bundler' を使用して、不足している gems をインストールするを選択し、Enter を押します。

      Gemfile inspection
  2. (オプション)現在のプロジェクトインタープリターGemfile.lock で指定された必要な Bundler バージョンがない場合、IntelliJ IDEA はそれをインストールすることを提案します。

  3. バンドルインストールダイアログで、インストールをクリックして、引数なしで bundle install コマンドを実行します。

    Bundle Install dialog

    必要に応じて、このコマンドを実行するときに必要な引数を渡します。例:

    • --without production : Gemfile 内の本番グループでメンションされているものを除くすべての gems をインストールします。

    • --path vendor/bundle : gems を vendor/bundle プロジェクトディレクトリにインストールします。この場合、Bundler は .bundle/config ファイルをプロジェクトのルートに追加します。IntelliJ IDEA はこの構成ファイルを処理して、gems が vendor/bundle にインストールされていることを検出します。

  4. gems がインストールされるまで待ちます。実行ツールウィンドウに次のプロセスが表示されます。

    Bundler output

    プロジェクト設定 | モジュール | Ruby SDK および GemCtrl+Alt+Shift+S の両方のページで、インストールされた gems を確認できます...

    Ruby SDK and Gems page

    ... そしてプロジェクトビュー Alt+1外部ライブラリノード:

    External libraries

gems をリモートインタープリターにインストールする

リモート Ruby インタープリターを使用している場合、IntelliJ IDEA はリモートマシンに配置された Gemfile を使用して gems をインストールします。これには、ローカルプロジェクトとリモートプロジェクトのファイル間のマッピングを構成する必要があります。これを行うには、Ruby SDK および Gem ページのパスマッピングの編集 Edit Path Mappings ボタンをクリックします。

Ruby SDK and Gems page

プロジェクトパスマッピングの編集ダイアログで、ローカルおよびリモートプロジェクトのルートパスを指定します。

Edit project path mappings

マッピングを設定したら、ローカルインタープリターに Gems をインストールする命令を使用して gems をインストールします。

リモートインタープリターを使用している場合、IntelliJ IDEA はリモートマシンからローカルキャッシュに gems をダウンロードして、コードインサイト機能を使用できることに注意してください。この場合、新しい gems が IDE 外のリモートマシンにインストールされた場合があります。ローカルキャッシュに保存されている gems のセットを更新するには、Ruby SDK および Gem ページの gems を同期させる Synchronize gems ボタンをクリックします。

バンドル実行

IntelliJ IDEA は、Ruby および Rails アプリケーションを実行およびデバッグし、テストを実行し、実行 / デバッグ構成を使用して普遍的な方法でコードをデプロイする機能を提供します。実行 / デバッグ構成は、必要なコマンドをすばやく実行できるようにする起動パラメーターのデフォルトセットを提供します。これらのコマンドは、バンドルのコンテキストで次のように実行できます。

  1. 以下のいずれかの方法で実行 / デバッグ構成ダイアログを開きます。

    • メインメニューから実行 | 実行構成の編集を選択します。

    • ナビゲーションバーが表示された状態(表示 | 外観 | ナビゲーションバー)で、実行 / デバッグ構成セレクターから実行構成の編集を選択します。

    • Alt+Shift+F10 を押してから 0 を押すか、ポップアップから構成を選択して F4 を押します。

  2. 開いた実行 / デバッグ構成ダイアログで、必要な構成を選択し、Bundler タブを開きます。

  3. バンドルのコンテキストでスクリプトを実行します (バンドル exec) オプションを有効にして、OK をクリックします。

関連ページ:

Ruby 開発環境をセットアップする

このトピックでは、開発マシンでローカル Ruby / Rails 環境を準備する方法と、IntelliJ IDEA がこのセットアップでの作業にどのように役立つかについて概要を説明します。前提条件の依存関係をインストールする:IntelliJ IDEA は、Ruby(Ruby MRI)のリファレンス実装と、JRuby や TruffleRuby などの代替実装をサポートしています。Ruby インタープリターをインストールする前に、Ruby をコンパイルするために必要な依存関係をマシンにインストー...

Ruby インタープリターを構成する

IntelliJ IDEA で Ruby プロジェクトを使用するには、必要な Ruby インタープリターを構成する必要があります。現在開いているプロジェクトまたは新しいプロジェクトの作成時にインタープリターを設定できます。Ruby インタープリターの構成は、インストール方法によって異なります。パッケージマネージャー(Ubuntu では apt、macOS では Homebrew など)または Ruby インストーラー(たとえば、Windows では RubyInstaller)を使用して Ruby をイ...

ターミナル

IntelliJ IDEA には、IDE 内からコマンドラインシェルを操作するための組み込みターミナルエミュレータが含まれています。これを使用して、専用のターミナルアプリケーションに切り替えることなく、Java ツール、Git コマンドの実行、ファイル権限の設定、その他のコマンドラインタスクの実行を行います。ターミナルエミュレータは最初、デフォルトのシステムシェルで実行されますが、Windows PowerShell、コマンドプロンプト cmd.exe、、など、他の多くのシェルをサポートしています...

初めての Rails アプリケーションを作成して実行する

このチュートリアルでは、IntelliJ IDEA で最も単純な Rails プロジェクトを作成して実行する方法を説明します。このチュートリアルを始める前に、次のことを行ってください。使用しているプラットフォーム用の Ruby ディストリビューションをダウンロードしてインストールします。Node.js および Yarn をインストールします。インストールとセットアップ IntelliJ IDEA.、macOS にインストールされた IntelliJ IDEA を使用してすべての手順を実行します。完成したプ...

実行 / デバッグ構成

IntelliJ IDEA は、実行 / デバッグ構成を使用して、アプリケーションを実行、デバッグ、テストします。実行 / デバッグ構成は、プログラムの実行に使用される VM オプションや JRE などの一連の起動プロパティを表します。実行 / デバッグ構成には 2 つのタイプがあります。一時的–永続的な構成を持たないクラスを実行しているときに作成されます。これは、メソッドを持つクラスの実行を可能にする最低限のものを提供します。一時構成は、その数が最大数を超えると削除されます。永続的–テンプレー...

ユーザーインターフェースの概要

IntelliJ IDEA でプロジェクトを開くと、デフォルトのユーザーインターフェースは次のようになります。プラグインのセット、IntelliJ IDEA エディション、および構成設定によっては、IDE の外観と動作が異なる場合があります。エディター:フォーカス: エディターを使用して、ソースコードの読み取り、書き込み、探索を行います。ナビゲーションバー:フォーカス: 表示 / 非表示: 上部のナビゲーションバーは、プロジェクトツールウィンドウに代わるクイックツールであり、プロジェクトの構造をナ...