IntelliJ IDEA 2020.3 ヘルプ

パッチを使う

ローカルの変更をコミットする代わりに、.patch ファイルに変更を加えて、後でソースに適用したり、メールで送信したりできます。パッチの使用は、変更を VCS リポジトリにチェックインせずに共有するための便利なメカニズムです。

コミットされていない変更からパッチを作成する

  1. ローカルの変更ビューで、パッチを作成するファイルまたは変更リストを選択し、コンテキストメニューからローカルの変更からパッチを作成を選択します。

    コミットする変更を選択し、コミットボタンの横にある矢印をクリックしてパッチの作成を選択することもできます。

  2. 表示されるダイアログで、パッチに含める変更がすべて選択されていることを確認し、コミットコメントを入力して(オプション)パッチの作成をクリックします。

  3. パッチファイル設定ダイアログで、必要に応じてデフォルトのパッチファイルの場所を変更し、OK をクリックします。

パッチをファイルに保存する必要がなく、たとえば、メールまたはメッセンジャーで送信する場合は、ローカルの変更ビューでファイルを右クリックし、コンテキストメニューからパッチとしてクリップボードへコピーを選択できます。

コミット全体からパッチを作成する

  1. バージョン管理ツールウィンドウ Alt+9ログタブでパッチを作成するコミットを見つけ、コンテキストメニューからパッチの作成を選択します。

  2. パッチファイル設定ダイアログで、必要に応じてデフォルトのパッチファイルの場所を変更し、OK をクリックします。

ファイルからパッチを作成する

  1. 任意のビュー(プロジェクトツールウィンドウ、エディター、ローカルの変更ビューなど)で必要なファイルを選択します。

  2. メインの VCS メニューまたは選択項目のコンテキストメニューから Git | 履歴の表示を選択します。履歴タブが Git ツールウィンドウに追加され、選択したファイルの履歴が表示され、そのリビジョンを確認して比較することができます。

  3. リビジョンを右クリックし、コンテキストメニューからパッチの作成を選択するか、ツールバーのパッチの作成アイコン the Apply Patch icon をクリックします。

パッチを適用する

  1. メインメニューから VCS | パッチの適用を選択します。

  2. 開いているパッチの適用ダイアログで、適用する .patch ファイルへのパスを指定します。

  3. 必要に応じて、the folders icon をクリックし、ベースディレクトリをマップを選択して、パッチファイル内のファイル名が解釈されるディレクトリを指定します。ベースディレクトリを単一のファイル、ディレクトリ、または選択にマップできます。

  4. パッチの作成後にソースコードを編集すると、競合が発生する場合があります。パッチを競合なしで適用できるかどうかを確認するには、差分を表示 the Show diff icon Ctrl+D をクリックします。競合がある場合、対応する行が赤でハイライトされます。

  5. パッチで指定されている場所とは異なる場所に保存されているファイルに変更を適用する場合は、the folders icon をクリックしてすべての先頭ディレクトリを削除を選択することにより、先頭のディレクトリを削除できます。

  6. リストからパッチを追加する既存の変更リストを選択するか、または名前フィールドに新しい変更リストの名前を指定し、必要に応じてこの変更リストにコメントを入力します。

  7. この変更リストをアクティブにする場合は、アクティブにするオプションを選択します。

  8. IntelliJ IDEA が無効化時に新しい変更リストに関連付けられたタスクのコンテキストを保持し、変更リストがアクティブになったときにコンテキストを復元するには、コンテキストを追跡するオプションを選択します(詳細についてはタスクとコンテキストを参照)。

  9. パッチを適用する前に一時ストレージ(シェルフ)に移動する場合は、シェルフにインポートをクリックします(詳細については変更のシェルブとシェルブ解除を参照)。それ以外の場合は、OK をクリックします。

メインメニューから VCS | クリップボードからパッチを適用を選択して、パッチファイルの内容をコピーして適用することもできます。これは、たとえばメールでパッチを受け取り、それを保存したくない場合に便利です。Git 形式(英語)パッチの場合、IntelliJ IDEA はコミットメッセージと作成者を抽出し、コミットツールウィンドウ Alt+0 の対応するフィールドに自動的に入力します。

関連ページ:

タスクとコンテキスト

プロジェクトで作業する場合は、完了する必要のある小さな作業で作業を整理できます。これらは、自分で設定したタスクです。IntelliJ IDEA では、大きな作業を小さなタスクに分割し、変更リストに関連付けることができます。または、これらは課題トラッカーからのタスクである場合があります。例: IntelliJ IDEA から直接割り当てられたタスクとバグを操作できます。これを行うには、IDE とトラッカーアカウントを接続します。タスクの作業を開始する前に、タスク管理プラグインがインストールされ、有...

変更のシェルブとシェルブ解除

シェルフは、まだコミットしていない保留中の変更を一時的に保存しています。これは、たとえば、別のタスクに切り替える必要があり、後で作業するために変更を脇に置いておきたい場合に役立ちます。IntelliJ IDEA を使用すると、個別のファイルと変更リスト全体の両方を保留できます。バージョン管理に追加されていないバージョン管理外のファイルをシェルブにすることはできません。保留にすると、必要に応じて何度でも変更を適用できます。変更の退避コミットツールウィンドウで、シェルフに配置するファイルまたは変更...

変更を確認する

このトピックでは、あなたのチームメイトがソースコードにもたらした変更を追跡する方法を説明します。プロジェクト履歴を確認する:IntelliJ IDEA を使用すると、指定したフィルターに一致するプロジェクトソースに加えられたすべての変更を確認できます。Git や Mercurial などの分散バージョン管理システムの場合、バージョン管理ツールウィンドウのログタブでプロジェクト履歴を表示できます(Git リポジトリの変更を調査するを参照)。Subversion、Perforce、ClearCa...