IntelliJ IDEA 2020.1ヘルプ

エディターの基本

IntelliJ IDEAエディターは、コードの作成、読み取り、変更に使用するIDEの主要部分です。

エディターは次の領域で構成されています。

Editor details
  1. スクロールバーは現在のファイルのエラーと警告を表示します。

  2. パンくずリストは、現在のファイルのコード内を移動できます。

  3. ガターには、行番号と注釈が表示されます。

  4. タブには、現在開いているファイルの名前が表示されます。

ナビゲーション

さまざまなショートカットを使用して、エディターウィンドウとさまざまなツールウィンドウを切り替えたり、エディターサイズを変更したり、フォーカスを切り替えたり、元のレイアウトに戻ることができます。

エディターペインを最大化する

  • エディターで、Ctrl+Shift+F12を押します。IntelliJ IDEAはアクティブなエディターを除くすべてのウィンドウを隠します。

ウィンドウからエディターにフォーカスを切り替える

  • Escapeを押す。IntelliJ IDEAはフォーカスを任意のウィンドウからアクティブなエディターに移動します。

コマンドラインターミナルからエディターに戻る

  • Alt+F12を押す。IntelliJ IDEAはターミナルウィンドウを閉じます。

  • アクティブなエディターに戻ったときにターミナルウィンドウを開いたままにしておく必要がある場合は、Ctrl+Tabを押します。

デフォルトのレイアウトに戻る

  • Shift+F12を押します。

  • 現在のレイアウトをデフォルトとして保存するには、メインメニューからウィンドウ | 現在のレイアウトをデフォルトとして保管を選択します。同じショートカット Shift+F12 を使用して、保存されたレイアウトを復元できます。

最後のアクティブウィンドウにジャンプする

  • F12を押します。

ナビゲーションにスイッチャーを使う

  1. 開いているファイルとツールウィンドウをスイッチャーで切り替えるには、Ctrl+Tabを押します。

  2. スイッチャーポップアップを開いたままにするには、Ctrl を押し続けます。

  3. 要素間を移動するには Tab を押します。選択したファイルをリストから削除してエディターで閉じるには、Backspace を押します。

IDEの外観を変更する

スキーム、キーマップ、または表示モードを切り替えることができます。

  1. Ctrl+`を押します。

  2. 切り替えメニューで、必要なオプションを選択し、Enterを押します。同じショートカット Ctrl+` を使用して、変更を元に戻します。

また、エディター | カラー・スキームの切り替えページの視力障害者向けのハイコントラストカラースキームや、設定/環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+Sキーマップページのキーマップ設定など、カラースキーム設定を見つけて調整することもできます。

  • Alt+Homeを押します。

スクロール・バー

エディターでコードを操作すると、IntelliJ IDEAは、エラーと警告を含むコード分析結果をスクロールバーに表示します。コードに課題があるかどうかを確認し、すばやくそれらに移動できます。

スクロールバーの上部には、コードの問題の概要を示す分析インジケータアイコンがあります。

Code analysis summary
詳細については、コード・インスペクションを参照してください。

スクロールバーの縞模様は、IntelliJ IDEAが問題を見つけた場所を示しています。縞模様にカーソルを合わせると、問題を説明するツールチップが表示されます。または、縞模様をクリックすると、すばやく移動できます。

ファイルで作業している間、多くのストライプが表示されるのは正常です。コードを完了すると、これらのエラー、警告、提案の多くは最終的に解決されます。コードが完成したと感じてもエラーが残る場合は、プロジェクトをコンパイルする前に、エラーを調査して解決することをお勧めします。

ストライプの異なる色は、赤でマークされたエラーから青でマークされたTODOコメントまで、問題の重大性を示していますが、必要に応じて表示される色を変更できます。詳細については、インスペクションの重大度を変更するを参照してください。

エディター・タブ

エディタータブを閉じたり、隠したり、切り離したりできます。ファイルを編集用に開くたびに、その名前のタブがアクティブなエディタータブの横に追加されます。

エディタータブの設定を構成するには、設定/環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+Sエディター | 一般 | エディター・タブページを使用します。または、タブを右クリックして、オプションのリストからエディター・タブの構成を選択します。

タブを開くまたは閉じる

  • 開いているタブをすべて閉じるには、メインメニューからウィンドウ | エディター・タブ | すべて閉じるを選択します。

  • 非アクティブなタブをすべて閉じるには、Alt を押してアクティブなタブの the Close button をクリックします。この場合、アクティブなタブだけが開いたままになります。

  • アクティブなタブと固定されたタブを除くすべての非アクティブなタブを閉じるには、任意のタブを右クリックしてその他を閉じるを選択します。

  • アクティブなタブだけを閉じるには、Ctrl+F4を押します。タブ上の任意の場所でマウスのホイールボタンをクリックして閉じることもできます。

  • 閉じたタブを再度開くには、任意のタブを右クリックして、コンテキストメニューから閉じたタブを再度開くを選択します。

  • 既に開いているタブの最後に新しいタブを開くには、タブ設定新規タブを最後に開くを選択します。

タブを移動、削除、または並べ替える

  • タブ上の the Close button アイコンを移動または削除するには、設定/環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+Sエディター | 一般 | エディター・タブに移動し、閉じるボタンの位置フィールドで適切なオプションを選択します。

  • タブ間を移動するには、Alt+Right または Alt+Leftを押します。

  • エディタータブをエディターフレームの別の部分に配置したり、タブを非表示にしたりするには、タブを右クリックしてエディター・タブの構成を選択し、エディター・タブ設定を開きます。外観セクションのタブ配置リストで、適切なオプションを選択します。

  • エディタータブをアルファベット順にソートするには、タブを右クリックしてエディター・タブの構成を選択してエディター・タブ設定を開きます。タブ順セクションで、タブをアルファベット順でソートするを選択します。

タブの固定または固定解除

エディターでアクティブなタブを固定して、タブの制限に達したとき、またはその他を閉じるコマンドを使用したときに開いたままになるようにすることができます。

  • アクティブなタブを固定または固定解除するには、タブを右クリックして、コンテキストメニューからタブをピン留めまたはタブのピン留め解除を選択します。

  • 固定されているタブ以外のすべてのタブを閉じるには、任意のタブを右クリックしてピン留め以外をすべて閉じるを選択します。

  • タブをピン留めアクションにキーボードショートカットを割り当てるには、設定/環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+Sキーマップに移動し、アクティブなタブをピン留めアクションを見つけて右クリックし、キーボード・ショートカットの追加を選択して、使用するキーの組み合わせを押します。

タブを切り離す

  • アクティブなタブを切り離すには、Shift+F4を押します。

  • 必要なタブをメインウィンドウの外側にドラッグし、タブを後ろにドラッグして取り付けます。

  • 同じアクションに Alt+mouse を使用することもできます。

  • プロジェクトツールウィンドウで、デタッチしたいファイルを選択して Shift+Enterを押します。

タブを切り替える

最近表示したタブやファイルを切り替えることができます。

  • エディターで、Ctrl+Tabを押します。スイッチャーウィンドウが開いたままになるように Ctrl を押し続けます。タブと他のファイルを切り替えるには Tab を使います。

開いたタブにショートカットを割り当てる

  1. 設定/環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+Sで、キーマップに移動します。

  2. ディレクトリのリストで、その他ディレクトリをクリックし、タブのリストからショートカットを追加する必要があるものを選択します。ショートカットを割り当てることができるタブの制限は9です。

    Add shortcuts for tabs

デフォルトのタブ制限を変更する

IntelliJ IDEAは、エディターで同時に開くことができるタブの数を制限します(デフォルトのタブ制限は10です)。

  1. 設定/環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+Sで、エディター | 一般 | エディター・タブに移動します。

  2. タブの終了ルールセクションで、好みに合わせて設定を調整し、OKをクリックします。

スペースがなくなったらエディタータブを隠す

  1. 設定/環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+Sで、エディター | 一般 | エディター・タブに移動します。

  2. スペースがない場合はタブを非表示にするオプションを選択してください。追加のタブは、エディターの右上部分にあるリストに配置されます。

タブのフォントサイズを変更する

  1. 設定/環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+Sで、外観 & 振る舞い | 外観に移動します。

  2. サイズフィールドでフォントサイズを指定し、OKをクリックして変更を保存します。

    フォントサイズはタブだけでなく、ツールウィンドウでも変わることに注意してください。

画面を分割

画面を分割するためにいくつかのオプションを使用できます。

  • エディターで、目的のエディタータブを右クリックし、エディターウィンドウを分割する方法(縦に分割または横に分割)を選択します。IntelliJ IDEAはエディターの分割ビューを作成し、選択に従って配置します。

  • 別の方法として、メインメニューからウィンドウ | エディター・タブ分割して右に移動または分割して下に移動オプションを選択します。

便利なエディター構成

設定/環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+S を使用して、エディターの動作をカスタマイズできます。

editor settings

次の一般的な設定を確認してください。

コードフォーマットを設定する

  1. 設定/環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+Sで、エディター | コード・スタイルに移動します。

  2. 言語のリストから適切な言語を選択し、言語ページで、タブとインデント、スペース、折り返しと中括弧、ハードマージンとソフトマージンなどの設定を構成します。

フォント、サイズ、フォント合字を設定する

  • 設定/環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+Sで、エディター | フォントに移動します。

エディターでフォントサイズを変更する

  1. 設定/環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+Sで、エディター | 一般マウス動作の詳細セクション)に進みます。

  2. Ctrl+マウスホイールでフォントのサイズ変更を可能にするオプションを選択してください。

  3. エディターに戻って Ctrlを押したままマウスホイールを使ってフォントサイズを調整します。

さまざまな言語およびフレームワーク用に配色設定を構成する

  1. 設定/環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+Sで、エディター | カラー・スキームの切り替えに移動します。

  2. カラー・スキームの切り替えノードを開き、必要な言語またはフレームワークを選択してください。ノードのリストから一般オプションを選択して、コード、エディター、エラーと警告、ポップアップとヒント、検索結果などの一般的な項目の配色設定を構成することもできます。

コード補完オプションを設定する

  • 設定/環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+Sで、エディター | 一般 | コード補完に移動します。ここでは、大文字と小文字を区別する補完、自動表示オプション、コードの並べ替えなどを構成できます。

キャレット配置を設定する

  • 設定/環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+Sで、エディター | 一般に移動します。仮想スペースセクションでは、キャレット配置オプションを構成できます。

    前の行の終わりと同じ位置にある次の行にキャレットを配置するには、行末以降へのキャレット移動を許可するオプションを選択します。このオプションをオフにすると、次の行のキャレットは実際の行の末尾に配置されます。

    タブ文字内へのキャレット移動を許可するオプションを選択すると、ファイルを同じ位置に保ちながらキャレットをファイル内で上下に移動できます。

保存時の末尾スペースの動作を設定する

  • 設定/環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+Sで、エディター | 一般に移動します。その他セクションでは、後続スペースのオプションを構成できます。

    例:コードを手動または自動で保存し、保存時に行末のスペースを除去するリストで選択されているオプションに関係なくキャレット行の末尾のスペースを保持したい場合は、キャレット行末尾の空白を保持するオプションを選択します。

エディターの外観オプションを設定する

  • 設定/環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+Sで、エディター | 一般 | 外観に移動します。

    例:ハードラップガイドの表示やパラメータヒントの表示を設定できます。

長い行の外観を管理する

  1. 設定/環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+Sで、エディター | 一般に移動します。

  2. ソフトラップセクションで、適切なオプションを指定します。

    例:ソフトラップを適用するファイルの種類を指定できます。マークダウンファイルにドキュメントを書くときに役に立つかもしれません。

スマートキーを設定する

使用する言語に応じて、さまざまな基本的なエディターアクションの特定の動作を構成できます。

  • 設定/環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+Sで、エディター | 一般 | スマート・キーに移動します。

    ex:Java、SQL、Pythonの場合は、タブで閉じ括弧/引用符の外に移動するオプションを選択してクローズ角括弧の外でのナビゲーションを有効にするか、コードを入力するときに Tab でクォートします。

最終更新日: 2020年6月2日

関連ページ:

ソースコードを書いて編集する

コードを使用する場合、IntelliJ IDEAは作業にストレスがないことを保証します。追加、選択、コピー、移動、編集、折りたたみ、出現箇所の検索、コードの保存に役立つさまざまなショートカットと機能を提供します。エディター内のナビゲーションについては、エディターの基本を参照してください。アクションの...

ソースコードナビゲーション

さまざまなアクションやポップアップを使用して、エディター内のコードを素早くナビゲートすることができます。エディターウィンドウとツールウィンドウ間の移動に関する詳細情報については、エディターの基本を確認してください。IntelliJ IDEAで利用可能なナビゲーションオプションをチェックするためにビデ...

コード・インスペクション

IntelliJ IDEAには、コンパイル前にプロジェクト内の異常コードを検出して修正する一連のコードインスペクションがあります。IDEはさまざまな問題を見つけて強調表示し、デッドコードを見つけ、可能性のあるバグを見つけ、スペルの問題、コード構造全体を改善することができます。インスペクションは、すべ...

インスペクションの重大度を変更する

インスペクションの重大度は、検出されたコードの問題がプロジェクトにどれほど深刻な影響を及ぼすかを示します。すべての重要度レベルには、独自の強調表示スタイルがあります。IntelliJ IDEAには、事前定義された重大度レベルのセットがあります。エラー、警告、弱い警告、サーバーの問題、タイプミス、

エディター・タブ

このページを使用して、エディタータブとタブヘッダーの外観を設定し、画面上での位置を指定し、タブを閉じるポリシーを定義します。外観タブ配置リストを使用してエディタータブの位置を設定します。なしを選択した場合、タブは表示されず、新しいファイルは現在のエディターで開きます。1 行でタブを表示するこのオプシ...

スマート・キー

このページを使用して、特定のスマートキーを有効または無効にし、自動的に呼び出すアクションを定義します。ホームはキャレットを最初の非空白文字に移動するこのチェックボックスが選択されている場合、を押すと、キャレットは現在の行の最初の非空白文字に配置されます。 を押すと、キャレットがスマートホームポジシ...