IntelliJ IDEA 2020.1ヘルプ

Androidアプリケーションをテストする

IntelliJ IDEAを使用すると、Androidテストフレームワークを使用してAndroidアプリケーションの単体テストを生成し実行することができます。

Androidプロジェクトが作成されると、IntelliJ IDEAはサンプルテストを含む次のテストディレクトリを作成します。

単体テストを実行するために、IntelliJ IDEAはAndroid固有の実行構成を提供します。

Androidアプリケーションのテストを実行するには

  1. 実行するテストを指定します。次のいずれかの操作を行います。
  2. メインツールバーのドロップダウンリストから実行/デバッグ構成を選択し、それに従ってテストを開始します。

  3. テストの実行を監視する実行ツールウィンドウのテスト・ランナータブでテスト結果を表示します。

最終更新日: 2020年5月25日

関連ページ:

実行/デバッグ構成

IntelliJ IDEAは、実行/デバッグ構成を使用して、アプリケーションを実行、デバッグ、およびテストします。実行/デバッグ構成は、プログラムの実行に使用されるVMオプションやJREなどの一連の起動プロパティを表します。実行/デバッグ構成には2つのタイプがあります。一時的–永続的な構成を持たない...

実行/デバッグ構成: Androidテスト

このダイアログボックスを使用して、Androidアプリケーションおよび実際のデバイスまたは仮想デバイスの動作のテストを設定します。このダイアログボックスは3つのタブで構成されています。一般、エミュレーター、Logcat、一般タブ:モジュールこのドロップダウンリストから、この設定が適用されるモジュール...

テストを実行する

通常、IntelliJ IDEAは、作成した実行/デバッグ構成を実行することによって、他のアプリケーションと同じ方法でテストを実行してデバッグします。その際、指定されたテストクラスまたはメソッドをテストランナーに渡します。多くの場合、コンテキストメニューからテストセッションを開始できます。この目的の...

テストの監視と管理

テストの進行状況と結果は、実行ツールウィンドウの専用のテストランナータブに表示されます。終了し、一時停止するテストの実行は、実行中のアプリケーションと同じ方法で再実行できます。一般的な実行アクションに加えて、テストランナーでは次の操作を実行できます。およびのボタンまたは または のキーボードショ...

実行ツール・ウィンドウ

実行ツールウィンドウには、アプリケーションで生成された出力が表示されます。複数のアプリケーションを実行している場合は、それぞれが実行/デバッグ構成が適用された後に名前が付けられたタブに表示されます。各タブの外観は、実行されているアプリケーションのタイプに依存し、追加のツールボックスやペインを含めるこ...

テストランナータブ

テストセッションが開始されると実行ツールウィンドウにテスト・ランナータブが開き、同じツールバーボタンが表示されます。実行ツールバーは、実行ツールウィンドウのツールバーとほぼ同じですが、テスト固有のボタンがあります。左側のペインには、現在の実行/デバッグ構成内のすべてのテストのツリービューが表示されま...