IntelliJ IDEA 2020.3 ヘルプ

GitHub gists とコードを共有する

Gists を使用すると、コードスニペット、ファイル全体、さらにはアプリケーションを共有できます。コードの実行、デバッグ、またはテスト時に、gists を使用してコンソール出力を保存および共有することもできます。

各 gist は、他の人が複製またはフォークできるリポジトリです。

gist を作成する

  1. エディターでコードフラグメントを選択するか、プロジェクトツールウィンドウのファイルとフォルダーを選択します。コンソール出力を gist に保存するには、その出力を含むツールウィンドウまたはタブの任意の場所を右クリックします。

  2. 選択のコンテキストメニューから Gist を作成を選択します。

  3. Gist を作成ダイアログで、ファイル名の gist の名前を指定し、公開するコードの説明を入力します。

  4. シークレットオプションを選択して、シークレット gist を作成します。シークレット gists は検索できず、Discover(英語) に表示されません。共有することはできませんため、ご自身の目的にのみ使用できます。

    パブリック gist を作成する場合は、このオプションが選択されていないことを確認してください。パブリック gists は検索可能で、Discover(英語) に表示され、新しく表示される gists を閲覧できます。他の人があなたのコードを見つけて見られるようにしたい場合は、パブリック gists を使用してください。

  5. 新しく作成した gist をデフォルトブラウザーで開く場合は、ブラウザーで開くオプションを選択して OK をクリックします。

関連ページ:

GitHub でホストされているプロジェクトを管理する

プロジェクトをチェックアウトする (クローン):IntelliJ IDEA から直接貢献したいリポジトリのクローンを作成し、それに基づいて新しいプロジェクトを作成できます。メインメニューからを選択します。バージョン管理から取得ダイアログで、左側の GitHub を選択します。複製するリポジトリの URL を指定します。アカウントとアカウントが属する組織に関連付けられているすべての GitHub プロジェクトのリストからリポジトリを選択できます。ディレクトリフィールドに、ローカルの Git リポジトリ...

GitHub 上のプロジェクトに貢献する

GitHub でホストされているプロジェクトに貢献したいと思っていて、直接的にプッシュできない場合は、以下のワークフローを実行してください: 貢献したいプロジェクトのフォークを作成します。このフォークのクローンを作成して、ローカルリポジトリを作成します。元のプロジェクトのコピーに変更を加え、コミットしてプッシュします。作業の結果を共有する準備ができたら、元のプロジェクトのマスターブランチの現在のヘッドにフォークをリベースします。これは、変更がフォークの作成後にプッシュされた新しいコミットと競合しな...

プロジェクトツールウィンドウ

プロジェクトツールウィンドウでは、様々な視点からプロジェクトを見て、新しいアイテム(ディレクトリ、ファイル、クラスなど)の作成、エディターでのファイルのオープン、必要なコードフラグメントへのナビゲートなど、様々なタスクを実行することができます。ビュー:ツールウィンドウにはいくつかのビューがあります。プロジェクトビュー。このビューには、すべてのプロジェクトアイテムとその依存関係(SDK およびライブラリ)が表示されます。パッケージも示されていますが、ディレクトリ構造に重点が置かれています。パッケ...