IntelliJ IDEA 2020.3 ヘルプ

設定: ファイル監視

このページは、ファイル監視プラグインが有効になっている場合に使用できます。ファイル監視の構成の詳細については、ファイル監視を参照してください。ファイル監視プラグインは IntelliJ IDEA にバンドルされていませんが、JetBrains リポジトリからプラグインをインストールするに従って設定 / 環境設定 | プラグインページにインストールできます。

ファイル監視は、ファイルへの変更を追跡し、サードパーティのスタンドアロンアプリケーションを実行する IntelliJ IDEA システムです。IntelliJ IDEA は、そのような標準的な人気のあるサードパーティツール(コンパイラー(英語)、コンプレッサー、プリティファイアなど)の多くに事前定義されたファイルウォッチャーテンプレートを提供します。

カスタムファイル監視を設定して、他のサードパーティツールを実行することもできます。

ファイルウォッチャーには、2 つの専用コードインスペクションがあります。

  • ファイル監視使用可能インスペクションは、あらかじめ定義されたファイル監視が適用されるすべてのファイルで実行されます。プロジェクトに関連するファイル監視が設定されていない場合、IntelliJ IDEA はファイルウォッチャーを追加することを提案します。

  • ファイル監視問題インスペクションは、実行中のファイル監視によって呼び出され、それに特有のエラーをハイライトします。

このページは、使用可能なファイル監視のリストと、このリストを管理するツールバーで構成されています。

ファイル監視ごとに、現在のプロジェクトでのみ使用可能にするか(レベルリストからプロジェクトを選択)、すべてのプロジェクトで使用可能にするか(グローバルを選択)を決定できます。

ファイル監視をアクティブにするには、その隣のチェックボックスを選択します。ファイル監視を有効にすると、選択した種類のファイルおよび選択したスコープ内のファイルが変更または保存されるとすぐに自動的に起動します。詳細オプションの構成を参照してください。ファイル監視の実行中にエラーが発生すると、ファイル監視は自動的に無効になります。ステータスを復元するには、ファイル監視を手動で有効にします。

項目 ツールチップ / と
ショートカット
説明
the Add button 追加
Alt+Insert
このボタンをクリックしてテンプレートの選択ポップアップを開き、ファイル監視の適切なタイプを選択します。その後、IntelliJ IDEA は現在のプロジェクトの設定に従って定義済みファイル監視をカスタマイズするための新規ウォッチャーダイアログを開きます。
the Edit button 編集
Enter
このボタンをクリックして、ウォッチャーの編集ダイアログで選択したファイル監視の設定を更新します。更新は現在のプロジェクトファイル監視にのみ適用され、定義済みの IntelliJ IDEA レベルのテンプレートには影響しません。
the Remove button 削除する
Alt+Delete
このボタンをクリックすると、選択したファイル監視が削除されます。ファイル監視は現在のプロジェクトのファイルには適用されません。このアクションは、IntelliJ IDEA レベルでまだ使用可能な対応する事前定義されたテンプレートには影響しないことに注意してください。
the Previous occurrence button the Next occurrence button アップ Ctrl+Alt+Up
Ctrl+Alt+Down ダウン
これらのボタンを使用して、リスト内のファイル監視の順序を変更します。これにより、複数のファイル監視が有効になっている場合、ファイル監視の起動順序が決まります。
copy コピー このボタンを使用して、選択したファイル監視のコピーを作成します。
import インポート このボタンをクリックして、既存のファイル監視をインポートし、使用可能なファイル監視のリストに追加します。
export エクスポート 選択したウォッチャーをユーザーの自宅にある watchers.xml ファイルにエクスポートするには、このボタンをクリックします。

関連ページ:

ファイル監視

ファイル監視は IntelliJ IDEA ツールであり、IDE でファイルを変更または保存するときに、コンパイラー、フォーマッタ、リンターなどのコマンドラインツールを自動的に実行できます。ファイルウォッチャーには、2 つの専用コードインスペクションがあります。ファイル監視使用可能インスペクションは、あらかじめ定義されたファイル監視が適用されるすべてのファイルで実行されます。プロジェクトに関連するファイル監視が設定されていない場合、IntelliJ IDEA はファイルウォッチャーを追加すること...

プラグインを管理する

このサイトのメニューやアクション名表記は日本語です。IntelliJ IDEA を日本語化するには、日本語言語パックのインストールを参照してください。プラグインは以下に示すように IntelliJ IDEA のコア機能を拡張します。バージョン管理システム、アプリケーションサーバー、およびその他のツールとの統合を提供する、さまざまな言語とフレームワークのコーディング支援サポートを追加する、ショートカットヒント、ライブプレビュー、ファイルウォッチャーなどで生産性を向上、コーディング演習と検証で新しい...

新規ウォッチャーダイアログ

ファイルウォッチャーページの追加、または編集、ボタンをクリックするとダイアログが開きます。ダイアログを使用して、事前定義済み IntelliJ IDEA File Watcher テンプレートに基づいてプロジェクトファイル監視を作成するか、既存のプロジェクトファイル監視を編集します。各テンプレートには、選択したツールに最適な設定が含まれています。ほとんどの場合、必要なのは、ツールの実行可能ファイルへのパスを指定することだけです。名前:「名前」フィールドに、ファイル監視の名前を入力します。デフォ...