IntelliJ IDEA 2020.3 ヘルプ

差分 & マージ

このページでは、差分ビューアーのデフォルト動作を指定します。

項目 説明
差分
コンテキスト行 スライダーを使用して、縮小されないコンテキスト行の量を指定します。差分ビューアーでボタン Collapse all をクリックして、変更されていないフラグメント縮小します。
最後の変更の後に次のファイルに移動する このチェックボックスが選択されている場合、IntelliJ IDEA は F7 / Shift+F7 をもう一度クリックして、他のファイルを比較することを提案します。
マージ
競合しない変更を自動的に適用する このチェックボックスをオンにすると、対話型マージツールによって、競合していないすべての変更が自動的にマージされます。

これは、マージダイアログで Apply not conflicts をクリックするのと同じです。

変更した行をガターでハイライトする マージダイアログのガターでハイライト表示される(ベースリビジョンを基準にして)追加 / 修正された行を表示するには、このチェックボックスを選択します。

関連ページ:

ファイルの差分ビューアー

このダイアログは、2 つのファイルまたは 2 つのバージョンのファイルを比較するときに表示されます(ローカルの変更、またはローカルファイルとリモートリポジトリのリビジョン間の変更)。バイナリや .jar ファイルなど、あらゆるタイプのファイルを比較できます。ダイアログを開くには、比較する 2 つのファイルまたはそのバージョンを比較するファイルを選択して、を押します。差分ビューアーは、コード補完、ライブテンプレート、その他の機能を有効にする強力なエディターを提供します。ビューの差分とマージ:/ 前の...

ダイアグラム

ダイアグラムメニューでは、図のデフォルトの表示設定とレイアウトを構成できます。ダイアグラムの作成の詳細については、ダイアグラムを作成するを参照してください。コンテンツペイン:ダイアグラムに表示される要素の横にあるチェックボックスを選択します。差分の表示詳細このチェックボックスが選択されている場合、指定されたすべての要素の詳細がリビジョンの UML クラス図に表示されます。このチェックボックスが選択されていない場合、ノード要素のみが図に含まれます。Java クラス図クラス要素チェックボックスを選...