IntelliJ IDEA 2020.2ヘルプ

TypeScript

WindowsおよびLinux用のファイル | 設定 | 言語およびフレームワーク | TypeScript

macOS Ctrl+Alt+S the Settings/Preferences iconIntelliJ IDEA | 環境設定 | 言語およびフレームワーク | TypeScript

Node インタープリター

このフィールドには、使用するNode.jsインタープリターを指定します。これは、ローカルNode.jsインタープリターまたはWindows Subsystem for LinuxのNode.jsです。

TypeScript

このフィールドでは、使用するTypeScriptのバージョンを指定します(IntelliJ IDEAは現在選択されているバージョンを表示します)。

  • デフォルトでは、プロジェクトのnode_modulesフォルダーの typescript パッケージが使用されます。

  • バンドル:このオプションを選択すると、IntelliJ IDEAに同梱されている typescript パッケージを使用して、別のパッケージを見つけようとしません。

  • 選択 : IntelliJ IDEAにバンドルされているパッケージではなく、カスタム typescript パッケージを使用するには、このオプションを選択します。開いたダイアログで、関連するパッケージへのパスを選択します。

  • プロジェクトパッケージマネージャーがYarn 2(英語)の場合、Yarn 2を介してインストールされた typescript パッケージを使用する必要があります。この場合、デフォルトで yarn:package.json:typescript が選択されています。

    npmとYarnのパッケージマネージャーの詳細を参照してください。

TypeScript 言語サービス

最新の仕様に従って、TypeScript 言語サービス(英語)のネイティブサポートを受けるには、このチェックボックスを選択します。結果として:

  • 構文とエラーの強調表示は、TypeScript 言語サービスの注釈に基づいています。

  • 補完リストには、TypeScript 言語サービスの提案とIntelliJ IDEAによって計算された提案が含まれています。

  • TypeScriptコードはJavaScriptにコンパイルされています。

項目説明
tsconfig.json のないプロジェクトこのチェックボックスを選択すると、TypeScript言語サービスは、tsconfig.json構成ファイルを含まないプロジェクトも処理します。この場合、デフォルトのスコープはプロジェクト全体です。
変更時に再コンパイル
  • このチェックボックスが選択されている場合、コンパイラは「ウェイクアップ」します。TypeScriptファイルへの変更時。

  • このチェックボックスをオフにすると、コンパイラーはTypeScriptファイルへの変更を無視します。

compile スコープ

このリストから、コンパイルをクリックしたときにコンパイラが動作する範囲を選択し、TypeScriptツールウィンドウすべてコンパイルを選択します。利用可能なオプションは以下のとおりです。

  • すべての場所 : 下記のすべての範囲

  • プロジェクト・ファイル : プロジェクトコンテンツ・ルート内のすべてのファイル(コンテンツ・ルートを参照)。

  • プロジェクト製品ファイル : テストソースを除くプロジェクトコンテンツ・ルート内のすべてのファイル。

  • プロジェクト・テスト・ファイル : プロジェクト内のすべてのファイルがテストソースのルートになります。

  • スクラッチおよびコンソール : プロジェクトツールウィンドウにあるスクラッチおよびコンソールディレクトリからのすべてのファイル。

  • 開いているファイル : 現在エディターで開かれているすべてのファイル。

  • 現在のファイル : アクティブなエディタータブで開かれたファイル

VCSスコープ : これらのスコープは、プロジェクトがバージョン管理されている場合にのみ使用できます。

  • 変更されたすべてのファイル : すべての変更されたファイル、つまりすべての既存の変更リストに関連付けられたすべてのファイル。

  • デフォルト変更リスト : 変更リスト Defaultに関連付けられているすべてのファイル。

または、the Browse button をクリックし、開いたスコープダイアログでカスタムスコープを構成します。

スコープの詳細については、スコープスコープダイアログのページを参照してください。
オプション

このフィールドでは、tsconfig.jsonファイルが見つからない場合にTypeScript言語サービスに渡されるコマンドラインオプションを指定します。TSC引数(英語)で受け入れ可能なオプションのリストを参照してください。 -w または --watch入力ファイルを見る)オプションは無関係であることに注意してください。

最終更新日: 2020年8月31日

関連ページ:

プラグインを管理する

プラグインはIntelliJ IDEAのコア機能を拡張します。彼ら:バージョン管理システム、アプリケーションサーバー、およびその他のツールとの統合を提供する、さまざまな言語とフレームワークのコーディング支援サポートを追加する、ショートカットヒント、ライブプレビュー、ファイルウォッチャーなどで生産性を...

Node.js

Node.jsは、ブラウザの外部、たとえばサーバーやコマンドラインでJavaScriptを実行するための軽量なランタイム環境です。IntelliJ IDEAはNode.jsと統合し、アプリケーションの構成、編集、実行、デバッグ、テスト、プロファイリング、およびメンテナンスを支援します。アプリケーショ...

npm、pnpm、およびYarn

IntelliJ IDEAはnpm、Yarn、Yarn 2、およびpnpmと統合されているため、IDE内から再利用可能なコードのパッケージをインストール、検索、更新、削除できます。Node.jsとNPMページは、パッケージを管理するための専用UIを提供します。もちろん、組み込みのターミナルのコマンド...

TypeScriptツールウィンドウ

IntelliJ IDEAがこのツールウィンドウを表示するのは、TypeScriptに従って、TypeScriptページでTypeScript言語サービスがアクティブになっている場合のみです。このツールウィンドウを使用して、TypeScriptコードを検証およびコンパイルします。TypeScript...

コンテンツ・ルート

IntelliJ IDEAのコンテンツは、ソースコード、ビルドスクリプト、単体テスト、およびドキュメントを含むファイルのグループです。これらのファイルは通常、階層構造になっています。最上位のフォルダーはコンテンツ・ルートと呼ばれます。モジュールには通常、1つのコンテンツルートがあります。コンテンツル...

バージョン管理を有効にする

IntelliJ IDEAは2つのレベルでバージョン管理統合をサポートします。IDEレベルでは、VCS統合は、デフォルトで有効になっているバンドルされたプラグインのセットを通じて提供されます。プロジェクトレベルでは、プロジェクトフォルダーを1つまたは複数のバージョン管理システムと関連付けることで、V...