IntelliJ IDEA 2020.3 ヘルプ

イメージ

IntelliJ IDEA でイメージをどのように表示するかを指定します。必要に応じて、イメージを操作するための外部エディターを指定します。

項目 説明
エディター この領域を使用して、IntelliJ IDEA に表示するイメージに応じて設定を指定します。
デフォルトでグリッド行を表示する

イメージファイルのレビュー時にグリッドが表示されるようにするには、このチェックボックスを選択します。

グリッド線を表示するのは、ズーム係数が このスピンボックスを使用して、グリッドを表示する最小ズーム率を指定します。
次の値ごとにグリッド線を表示する (ピクセル) このスピンボックスを使用して、1 組のグリッド線の間のピクセル数を指定します。
グリッド行の色 このパレットから色をクリックしてグリッド線を表示します。
デフォルトで透明のチェス盤を表示する このチェックボックスを選択すると、透明なイメージがチェスボードとして表示されます。
チェス盤のセルサイズ チェス盤のセルサイズを指定するには、このスピンボックスを使用します。
' 白 ' セルの色 このパレットから色をクリックすると、最初は「白」の位置にあるチェス盤のセルが表示されます。
' 黒 ' セルの色 このパレットから色をクリックすると、最初は「黒」の位置にあるチェス盤のセルが表示されます。
マウスホイールでイメージを拡大する ( Ctrl/ Cmd + Mouse Wheel) このチェックボックスを選択すると、Ctrl+mouse wheel の組み合わせでイメージをズームできます。
スマートズームを有効にする イメージを自動的にズームするには、このオプションを使用します。小さなイメージは、以下で指定された幅と高さにズームインされます。ウィンドウサイズに合わせて大きなイメージがズームアウトされます。
外部エディター この領域では、イメージを操作するための外部エディターを指定します。
実行可能ファイルパス このフィールドには、実行可能イメージエディターファイルへのパスを指定します。