IntelliJ IDEA 2020.1ヘルプ

パス選択ダイアログ

このダイアログを使用して、さまざまな状況でファイルまたはフォルダーの場所を指定します。たとえば、実行する実行可能ファイル、使用する構成ファイル、テストまたはインスペクション結果をエクスポートするファイルなどを指定します。

ダイアログ名と使用可能な機能は、現在実行しているタスクによって異なります(通常、不適切な機能は無効になっています)。例:状況に応じて、1つのアイテムのみ、またはいくつかのアイテムを選択できる場合があります。1つまたは複数のフォルダーを選択できるが、1つまたは複数のファイルを選択できないなどの場合があります。

主な機能

このダイアログで使用できる機能のほとんどは、ツールバーのアイコン(アイコン列に表示)を使用してアクセスします。または、コンテキストメニューコマンド(ツリー内の項目を右クリックして、コマンド列に表示)またはキーボードショートカット(ショートカット列)を使用することもできます。

アイコン

コマンド

ショートカット

説明

user home

ホーム

Ctrl+1

ホームディレクトリを選択するには、このアイコン、コマンド、またはショートカットを使用します。ex:Windowsでは、C:\Users\<your_name>かもしれません。

icons nodes desktop

デスクトップ

Ctrl+D

デスクトップディレクトリを選択するには、このアイコン、コマンド、またはショートカットを使用する

project icon

プロジェクト

Ctrl+2

このアイコン、コマンド、またはショートカットを使用して、プロジェクトのルートディレクトリを選択します。

moduleFolder

モジュール

Ctrl+3

このアイコン、コマンドまたはショートカットを使用して、現在のモジュールのルートディレクトリを選択します。

icons actions newFolder

新規フォルダー

Alt+Insert

このアイコン、コマンドまたはショートカットを使用して、選択したフォルダーに新しいフォルダーを作成します。

icons actions close

削除

Delete

このアイコン、コマンド、またはショートカットを使用して、選択したファイルまたはフォルダーを削除します。

icons actions refresh

リフレッシュ

Ctrl+Alt+Yこのアイコン、コマンド、またはショートカットを使用して、ツリーをファイルシステムの現在の状態と同期させます。

(特定の状況下では、このコマンドを使用しない限り、IntelliJ IDEAは外部で行われた変更を認識しないことがあります)。

showHiddenFilesAndDirectories

隠しファイルとフォルダーを表示または非表示にする

隠しファイルやフォルダーの表示/非表示を切り替えるには、このアイコンまたはコマンドを使用します。

show-quick-list

クイック・リストの表示

このアイコンまたはコマンドを使用して、使用可能なすべてのJDKのリストを表示します。このアイコンは、JDKを選択するときにのみ使用できます。

パスを表示または非表示

Ctrl+P

このコマンドまたはショートカットを使用して、パスフィールドを表示または非表示にします。(このコマンドは、ダイアログの右側のツールバーにあり、ハイパーリンクとして表示されます。)

パスフィールド

パスフィールド(非表示でない場合)は、ツールバーにあります。このフィールドには、ツリーで選択した項目へのパスが表示されます。

このフィールドで使用可能なパス自動補完機能を使用すると、ファイルシステムをすばやくナビゲートして、必要なファイルまたはフォルダーを選択できます。

パスの自動補完を有効にするには、フィールドにカーソルを置いて Ctrl+Spaceを押します。入力を始めます。現在のディレクトリの内容を示すポップアップが表示されます。ポップアップから項目を選択してください。必要な項目が選択されるまで、入力と選択を続けます。

右側の show-recent ボタンを使用して、最近のエントリの履歴リストを表示します。

ファイルブラウザからドラッグ&ドロップを使用する

ファイルブラウザ(エクスプローラー、ファインダなど)からツリーが表示されている領域に該当する項目をドラッグすると、必要なファイルまたはフォルダーをすばやく見つけて選択できます。

最終更新日: 2020年7月7日