IntelliJ IDEA 2020.3 ヘルプ

安全な削除

IntelliJ IDEA を使用すると、安全な削除リファクタリングを使用してソースコードからファイルやシンボルを安全に削除できます。IntelliJ IDEA はファイルやシンボルを削除する前に使用箇所を検索し、見つかった場合は IntelliJ IDEA を使用して必要な調整を行うことができます。

安全な削除

  1. 削除する項目を選択します。

  2. メインメニューまたはコンテキストメニューからリファクタリング | 安全な削除を選択するか、Alt+Delete を押します。

  3. 表示されるダイアログで、必要なオプションを選択し、OK をクリックします。

  4. IntelliJ IDEA に問題が発生すると、検出された使用箇所ダイアログが表示されます。適切な処置を続行します。

ユースケース

呼び出し階層のパラメーターを安全に削除する(ここでは baz(int i) 内のパラメーター i で実行されます)。

パラメーターが呼び出し階層を介してのみ渡された場合、安全な削除アクションは階層全体を通してパラメーターを削除します。IntelliJ IDEA は適切なダイアログを表示し、パラメーターを削除する必要のある呼び出し元メソッドを選択できます。

class CallHierarchySample { private void foo(int i) { bar(i);} private void bar(int i) { baz(i);} private void baz(int i) { } }
class CallHierarchySample { private void foo() { bar();} private void bar() { baz();} private void baz() { } }

呼び出し階層内の方法を安全に削除する(ここでは foo(int i) メソッドで実行されます)。

IntelliJ IDEA は対応する呼び出し階層を分析し、適切なダイアログを表示し、その呼び出し階層内の未使用のメソッドをすべて削除することを提案します。

class CallHierarchySample { private void foo(int i) { bar(i);} private void bar(int i) { baz(i);} private void baz(int i) { } }
class CallHierarchySample { }

未使用のクラスフィールドを安全に削除する(ここでは myProperty で実施)。

コンストラクターを介してインジェクションされた未使用のクラスフィールドを削除すると、IntelliJ IDEA は関連するコンストラクターパラメーターも削除します。IntelliJ IDEA が適切なダイアログを開き、コードの削除を確認して確認することができます。

public class MyClass{ private final MyProperty myProperty; public MyClass(MyProperty myProperty){ this.myProperty = myProperty; } }
public class MyClass { public MyClass(){ } }