IntelliJ IDEA 2020.1ヘルプ

実行/デバッグ構成:Node.js

実行 | 構成の編集 | Add New Configuration | Node.js

このダイアログで、コンピューター上のNode.jsアプリケーションと一緒にデバッガーを開始するための構成を作成します。

始める前に

  1. Node.js(英語)をダウンロードしてインストールします。

  2. プラグインを管理する説明に従って、Node.jsプラグインをプラグインページにインストールします。

構成タブ

項目

説明

Node インタープリター

このフィールドに、使用するNode.jsインタープリターを指定します。これはローカルまたはリモート Node.jsインタープリターまたはWindows Subsystem for LinuxのNode.js(英語)です。リストからインタープリターを選択するか、または the Browse button をクリックして表示されるダイアログで新しいインタープリターを設定します。

Node パラメーター

このフィールドに、Node.js実行可能ファイルに渡されるNode.js固有のコマンドラインオプションを入力します。最も一般的なオプションは次のとおりです。

  • 実行中にCoffeeScriptファイルをオンザフライでJavaScriptにコンパイルするには、--require coffee-script/register を使用します。

    このモードでは、coffee-script パッケージの一部である register.js ファイルがプロジェクト内にあることが必要です。npmおよびYarnで説明されているように、Node.jsページにローカルに coffee-script パッケージをインストールする必要があります。

  • Node.js v7をChromeデバッグプロトコル(英語)サポートに使用している場合は、--inspect または --inspect-brk パラメーターを使用します。それ以外の場合、デフォルトでデバッグプロセスはV8デバッグプロトコル(英語)を使用します。

完全なリストはNode.jsコマンドラインオプション(英語)を参照してください。

作業ディレクトリ

このフィールドでは、アプリケーションの作業ディレクトリ(英語)を指定します。デフォルトでは、フィールドにはプロジェクトのルートフォルダーが表示されます

JavaScript ファイル

このフィールドで、それを開始するアプリケーションのメインファイルへのパスを指定します(たとえば、Node.js Expressアプリケーション(英語)の場合は bin/www )。

CoffeeScriptをデバッグする場合は、ソースマップを含む生成されたJavaScriptファイルへのパスを指定します。ファイルは外部で、またはファイル監視を使用したコンパイルによって生成できます。詳細については、CoffeeScriptのデバッグを参照してください。

アプリケーション・パラメーター

このフィールドに、起動時にprocess.argv(英語)配列を介してアプリケーションに渡されるNode.js固有の引数を入力します。

環境変数

このフィールドで、Node.js実行可能ファイルの環境変数(英語)を指定します(該当する場合)。フィールドの右側にある参照 the Browse button をクリックし、環境変数ダイアログで変数のリストを構成します。
  • 新しい変数を定義するには、the Add button をクリックして、変数の名前と値を指定します。

  • 変数定義を破棄するには、リストでそれを選択して the Remove buttonをクリックします。

  • 準備ができたら、OKをクリック

変数の定義は、環境変数読み取り専用フィールドにセミコロンを区切り文字として表示されます。例:

  • NODE_PATH : モジュール検索パスの前に付いたディレクトリの : -separatedリスト。

  • NODE_MODULE_CONTEXTS : 独自のグローバルコンテキストでモジュールをロードするには1に設定します。

  • NODE_DISABLE_COLORS : REPLの色を無効にするには1に設定します。

Dockerコンテナー設定

the Browse button をクリックしてダイアログを開き、以下の設定を指定します。

オプション

  • ネットワークを無効にする : ネットワークを無効にするには、このチェックボックスを選択します。これは --net="none"に対応します。つまり、コンテナー内では外部ネットワークリソースは利用できません。

  • ネットワークモード : オプション --netの他の値に対応します。
    • bridge がデフォルト値です。IPアドレスがブリッジのネットワーク上のコンテナーに割り当てられ、トラフィックはこのブリッジを経由してコンテナーにルーティングされます。
      コンテナーはデフォルトでIPアドレスを介して通信できます。名前で通信するには、リンクさせる必要があります。

    • host : コンテナー内のホストのネットワークスタックを使用します。

    • container:<name|id> : 名前またはIDで指定された別のコンテナーのネットワークスタックを使用してください。

    詳細はネットワーク設定(英語)のドキュメントを参照してください。

  • リンク : このセクションを使用して、作成するコンテナーを他のコンテナーとリンクします。これは Network mode = bridge に適用され、--link オプションに対応します。

  • すべてのポートを公開する : すべてのコンテナーポートをホストに公開します。これはオプション --publish-allに対応します。

  • ポート・バインディング : ポートバインディング(英語)のリストを指定します(英語)docker run-p オプションを使用するのと同様です。

  • 追加のホスト : これは --add-host オプションに対応します。詳細は/ etc / hostsの管理(英語)ページを参照ください。

  • ボリューム・バインディング : このフィールドを使用して、特殊フォルダー - ボリュームとDockerデーモンが実行されるコンピューターのフォルダーとの間のバインディングを指定します。これは -v オプションに対応します。
    詳細はコンテナー内のデータを管理する(英語)を参照してください。

  • 環境変数 : このフィールドを使用して、環境変数とその値のリストを指定します。これは -e オプションに対応します。詳細はENV (環境変数)(英語)ページを参照ください。

icons actions down をクリックして表を展開します。リストを作成するには、icons general add , icons general removeまたは icons actions edit をクリックしてください。

自動構成

IntelliJ IDEAでコンテナー設定を構成するには、このチェックボックスを選択します。自動設定モードの場合:

  • IntelliJ IDEAは新しいイメージを作成し、そこにnpmモジュールをインストールします。

  • IntelliJ IDEAは、コンテナーを新しいイメージで実行し、プロジェクトフォルダーをコンテナー内の /opt/project フォルダーにバインドして、更新時の同期を確保し、/opt/project/node_modules をOS一時ディレクトリにマップします。

自動設定でも、アプリケーションが実行されているポートをコンテナーのポートとバインドする必要があります。これらの公開ポートはDockerホストのIPアドレス(デフォルトでは192.168.99.100)で利用可能です。Node.js Expressアプリケーションのクライアント側をデバッグするときは、このようなバインディングが必要です。この場合は、コンピューターからブラウザを開き、アプリケーションで指定されているポートを介してコンテナーホストのアプリケーションにアクセスする必要があります。

ブラウザ/ライブ編集タブ

このタブで、ブラウザの動作を設定し、アプリケーションのクライアント側コードのデバッグを有効にします。この機能は JavaScript Debug 実行構成によって提供されるため、技術的には、IntelliJ IDEAはサーバー側とクライアント側のコードに対して別々の実行構成を作成しますが、すべての設定を1つの専用Node.js実行構成で指定します。

項目

説明

ブラウザーを開く

この領域のフィールドに、プロジェクトのHTMLファイルを指定して、内蔵Webサーバーで起動するプロジェクトルートに従ってこのファイルへの正しいURLを作成します。例: project_root/inner_folder/index.html を選択した場合、結果のURLは http://localhost:63342/project_root/inner_folder/index.htmlになります。起動後チェックボックスを選択すると、ブラウザはアプリケーションの起動後にこのページを自動的に開きます。別の方法として、手動で選択のブラウザでこのURLアドレスでページを開くことによって同じ結果を見ることができます。

起動後

このチェックボックスを選択すると、ブラウザが自動的に開きます。リストから使用するブラウザを選択します。

  • システムデフォルトブラウザを使用するには、デフォルトを選択します。

  • カスタムブラウザを使用するには、リストからそれを選択します。ライブ編集はChromeでのみ完全にサポートされていることに注意してください。

  • ブラウザを設定するには、the Browse button をクリックして、表示されるWeb ブラウザーダイアログで設定を調整します。詳しくは、Web ブラウザーを参照してください。

JavaScript デバッガーを使用する

選択したブラウザでクライアントサイドコードのデバッグを有効にするには、このチェックボックスをオンにします。

V8プロファイリングタブ

このタブでV8 CPUとメモリのプロファイリングを有効にします。

項目

説明

CPU プロファイル情報を記録する

アプリケーションの起動時にCPUプロファイリングデータの記録を開始するには、このチェックボックスをオンにします。下の領域のコントロールが有効になります。以下を指定してください。
  • ログ・フォルダー : このフィールドでは、記録されたログを保存するフォルダーを指定します。プロファイリングデータはログファイル isolate-<session number>に保存されます。

  • すべての出力を単一のログ・ファイルにまとめる (V8 インスタンス) : このチェックボックスを選択すると、すべてのV8インスタンスに対して1つのログファイル(したがって1つのプロファイリング結果ビュー)のみが作成されます。インスタンスごとに別々のファイルを作成するには、チェックボックスをオフにします。Node.jsは追加のV8インスタンスを作成できます。デバッグプロセス用。

ヒープ・スナップショットの取得を許可する

メモリプロファイリングを実行する場合は、このチェックボックスを選択してください。

ログタブ

このタブで、実行ツールウィンドウのコンソールタブにある morgan(英語) などのロギングツールによって生成された情報の表示を有効にします。詳細については、Node.jsアプリの実行時にログを管理するを参照してください。

共通

実行構成を編集するとき(ただし実行構成テンプレートは編集しないとき)、次のオプションを指定できます。

項目

説明

名前

実行/デバッグ構成の名前を指定して、たとえば実行ポップアップ Shift+Alt+F10から構成を編集または実行するときにすばやく識別します。

並列実行を許可する

この実行構成の複数のインスタンスを並行して実行できるようにする場合に選択します。

デフォルトでは無効になっており、別のインスタンスの実行中にこの構成を開始すると、IntelliJ IDEAは実行中のインスタンスを停止して別のインスタンスを開始することを提案します。これは、実行/デバッグ構成が多くのリソースを消費し、複数のインスタンスを実行する正当な理由がない場合に役立ちます。

プロジェクトファイルとして保存

実行構成設定を含むファイルを保存して、他のチームメンバーと共有します。デフォルトの場所は .idea/runConfigurationsです。ただし、.idea ディレクトリを共有したくない場合は、プロジェクト内の他のディレクトリに構成を保存できます。

デフォルトでは無効になっており、IntelliJ IDEAは実行構成設定を .idea/workspace.xmlに保存します。

ツールバー

実行/デバッグ構成のツリー表示には、プロジェクトで使用可能な構成を管理したり、デフォルトの構成テンプレートを調整したりするのに役立つツールバーがあります。

項目

ショートカット

説明

the Add buttonAlt+Insert

実行/デバッグ構成を作成します。

the Remove buttonAlt+Delete

選択した実行/デバッグ構成を削除します。デフォルト設定は削除できません。

CopyCtrl+D

選択した実行/デバッグ構成のコピーを作成します。デフォルト設定のコピーを作成してください。

Save configuration

ボタンは、一時設定を選択したときにのみ表示されます。このボタンをクリックして、一時的な設定を永続的なものとして保存します。

Edit Templates

テンプレート(つまり、デフォルトの実行/デバッグ構成設定)を表示および編集します。テンプレートはテンプレートノードに表示され、新しく作成された構成に使用されます。

Method up / Method down

Alt+Up / Alt+Down

選択した実行/デバッグ構成をリスト内で上下に移動します。

リスト内の設定の順序によって、実行/デバッグ構成を選択したときに表示される設定の順序が決まります。

実行/デバッグ構成のデフォルトのテンプレートは、常にアルファベット順にソートされています。

Move into new folder / Create new folder

新しいフォルダーに移動/新しいフォルダーを作成します。実行/デバッグ構成は、フォルダーに配置することでグループ化できます。

フォルダーを作成するには、カテゴリ内の設定を選択し、Folderをクリックしてフォルダー名を指定します。カテゴリだけにフォーカスがある場合は、空のフォルダーが作成されます。

次に、設定をフォルダー内、フォルダー間、またはフォルダー外に移動するには、ドラッグまたは Move Up ボタンと Move Down ボタンを使用します。

グループ化を解除するには、フォルダーを選択して Remove Configurationをクリックします。

Sort configurations

このボタンをクリックすると、設定がアルファベット順にソートされます。

起動前

この領域では、選択した実行/デバッグ構成を開始する前に実行しなければならないタスクを指定できます。タスクはリストに表示されている順序で実行されます。

項目

ショートカット

説明

the Add buttonAlt+Insert

このアイコンをクリックして、以下の使用可能なタスクのいずれかを追加します。

  • 外部ツールの実行 : 外部アプリケーションを実行するように選択します。開いたダイアログで、実行したい1つまたは複数のアプリケーションを選択します。IntelliJ IDEAでまだ定義されていない場合は、その定義を追加してください。詳しくは、外部ツールおよび外部ツールを参照してください。

  • 別の構成を実行 : 別の実行/デバッグ構成を実行することを選択します。開いたダイアログで、実行する設定を選択します。

  • ビルド : 指定されたモジュールをコンパイルすることを選択します。 ビルドモジュールコマンド が実行されます。

    コンパイル中にエラーが発生すると、IntelliJ IDEAは実行/デバッグ構成を開始しようとしません。

  • プロジェクトのビルド : プロジェクト全体をコンパイルするように選択します。 ビルドプロジェクトコマンド が実行されます。

    コンパイル中にエラーが発生すると、IntelliJ IDEAは実行/デバッグ構成を開始しようとしません。

  • ビルド、エラーチェックなし : ビルドオプションと同じですが、IntelliJ IDEAはコンパイル結果に関係なく実行/デバッグ構成を開始しようとします。

  • ビルド成果物 : アーティファクトを作成するには、このオプションを選択します。表示されたダイアログで、構築する必要があるアーティファクトを選択します。

  • Web ブラウザーの起動 : ブラウザを起動するにはこのオプションを選択します。開いたダイアログで、ブラウザの種類を選択し、開始URLを入力します。また、ブラウザをJavaScriptデバッガで起動するかどうかを指定します。

  • Ant ターゲットの実行 : Ant ターゲットを実行するにはこのオプションを選択します。開いたダイアログで、実行するターゲットを選択します。

  • Grunt タスクの実行 : Gruntタスクを実行するには、このオプションを選択してください。

    表示されるGrunt タスクダイアログで、必要なタスクが定義されている Gruntfile.js を指定し、実行するタスクを選択して、Gruntツールに渡す引数を指定します。

    Node.jsインタープリターの場所、それに渡すパラメータ、およびgrunt-cliパッケージへのパスを指定します。

  • gulp タスクの実行 : Gulpタスクを実行するには、このオプションを選択してください。

    表示されるGulp タスクダイアログで、必要なタスクが定義されている Gulpfile.js を指定し、実行するタスクを選択して、Gulpツールに渡す引数を指定します。

    Node.jsインタープリターの場所、それに渡すパラメータ、およびgulpパッケージへのパスを指定します。

  • Maven ゴールの実行 : Mavenゴールを実行するには、このオプションを選択します。開いたダイアログで、実行するゴールを選択します。

  • npm スクリプトの実行 : npmスクリプトを実行するには、このオプションを選択してください。

    開いたNPMスクリプトダイアログで、npm実行/デバッグ構成設定を指定します。
  • React Native Bundler の開始 : 実行中またはデバッグ中のセッションの一部として、バンドラーを自動的に実行するには、このオプションを選択します。デフォルトでは、これは react-native startを介して行われます。アプリケーションがExpo(英語)を使用している場合は、start npmタスクを介して開発サーバーを実行する必要があります。これを行うには、AddをクリックしてからReact Nativeの設定ダイアログでnpm scriptを選択し、リストから開始を選択します。

  • TypeScript のコンパイル : 組み込みTypeScriptコンパイラを実行するように選択し、TypeScriptコードに加えたすべての変更が生成されたJavaScriptファイルに反映されるようにします。表示されるTypeScriptコンパイル設定ダイアログで、エラーをチェックチェックボックスを選択または選択解除して、エラーが検出された場合のコンパイラの動作を設定します。

    • エラーをチェックチェックボックスが選択されていると、コンパイラーはすべてのエラーを表示し、実行構成は開始されません。

    • エラーをチェックチェックボックスがオフの場合、コンパイラは検出されたすべてのエラーを表示しますが、実行構成は起動されます。

  • CoffeeScript ソース・マップの生成 : CoffeeScriptソースのソースマップを生成するには、このオプションを選択してください。表示されるダイアログで、CoffeeScriptのソースファイルがある場所を指定します。

  • リモートホストにファイルをアップロードする : このオプションを選択すると、デフォルトのサーバーアクセス設定に従ってアプリケーションファイルが自動的にサーバーにアップロードされ ます。

  • リモート外部ツールの実行 : リモート SSH外部ツールを追加しました。

  • Rake タスクの実行 : 実行またはデバッグの前に実行されるRakeタスクを追加します。Rakeタスクを選択するには、参照ボタン the Browse buttonをクリックして、使用可能なタスクのリストから目的のタスクを選択します。

    コード補完はこちらから入手できます。

    Code completion for the Rake tasks

  • JRuby コンパイラーの実行 : 指定されたターゲットパス、コンパイラプロセスヒープサイズ、およびコマンドラインパラメータ(存在する場合)を指定してJRubyコンパイラを実行するには、このオプションを選択します。

the Remove buttonAlt+Delete

このアイコンをクリックして、選択したタスクをリストから削除します。

EditEnter

選択したタスクを編集するには、このアイコンをクリックします。開いたダイアログで必要な変更を加えます。

Method up / Method down

Alt+Up / Alt+Down

これらのアイコンをクリックして、選択したタスクをリスト内で1行上または下に移動します。タスクは、リストに表示されている順に実行されます。

このページを表示する

実行/デバッグ構成を実際に開始する前に、実行/デバッグ構成設定を表示するには、このチェックボックスを選択します。

ツール・ウィンドウをアクティブにする

デフォルトではこのチェックボックスは選択されており、実行/デバッグ構成を開始すると実行またはデバッグツールウィンドウが開きます。

それ以外の場合、チェックボックスがオフの場合、ツールウィンドウは非表示になります。ただし、構成が実行されている場合は、Alt+4 または Alt+5を押すことにより、構成に対応するツールウィンドウを自分で開くことができます。

最終更新日: 2020年7月7日

関連ページ:

プラグイン

macOSのこのページを使用してプラグインを管理します。プラグインリポジトリの閲覧、プラグインのインストール、削除、有効化、無効化、および更新を行います。主なコントロール:マーケットプレースこのタブを使用して、JetBrainsプラグインリポジトリからプラグインをブラウズしてインストールします。カス...

プラグインを管理する

プラグインはIntelliJ IDEAのコア機能を拡張します。彼ら:バージョン管理システム、アプリケーションサーバー、およびその他のツールとの統合を提供する、さまざまな言語とフレームワークのコーディング支援サポートを追加する、ショートカットヒント、ライブプレビュー、ファイルウォッチャーなどで生産性を...

Node.js

Node.jsは、ブラウザの外部、たとえばサーバーやコマンドラインでJavaScriptを実行するための軽量なランタイム環境です。IntelliJ IDEAはNode.jsと統合し、アプリケーションの構成、編集、実行、デバッグ、テスト、プロファイリング、およびメンテナンスを支援します。アプリケーショ...

npmおよびYarn

IntelliJ IDEAはnpm、Yarn、およびYarn 2と統合されているため、IDE内から再利用可能なコードのパッケージをインストール、検索、アップグレード、および削除できます。Node.jsとNPMページは、パッケージを管理するための専用UIを提供します。もちろん、組み込みのターミナルのコ...

CoffeeScript

IntelliJ IDEAでは、JavaScriptにコンパイルされたCoffeeScriptを使用できます。IntelliJ IDEAは*.coffeeファイルを認識し、でマークします。CoffeeScriptコードでブレークポイントを直接設定でき、IntelliJ IDEAはコンパイル時に生成さ...

Docker

Dockerを使用すると、開発者は本番環境と同じ環境でコードをテストするために、コンテナー内にアプリケーションをデプロイできます。IntelliJ IDEAは、Dockerプラグインを使用してDockerサポートを提供します。プラグインはIntelliJ IDEA Ultimateエディションにバン...