IntelliJ IDEA 2021.1 ヘルプ

データベースツールおよび SQL

IntelliJ IDEA のデータベース管理機能はデータベースツールおよび SQL プラグインによってサポートされています。データベースツールおよび SQL プラグインは、開発者向けのスタンドアロンデータベース管理環境である DataGrip で利用可能なすべての機能のサポートを提供します。プラグインを使用すると、データベースの照会、作成、管理ができます。データベースは、ローカル、サーバー上、またはクラウド内で機能します。このプラグインは MySQL、PostgreSQL、Microsoft SQL Server、SQLite、MariaDB、Oracle、Apache Cassandra などをサポートします。データベース接続でサポートされているベンダーの全リストを参照してください。

データベースツール入門

これらのトピックセットは、機能、機能、アプリケーションインターフェースの説明に焦点を当てており、すぐに始めるのに役立つ場合があります。

接続 データソースへの接続を作成して、データソースの操作を開始します。
クエリを実行する SQL ファイルをデータソースに接続し、コードを実行します。
ビュー結果 SQL ファイルをデータソースに接続し、コードを実行します。
エクスポート入 mysqldump、pg_dump、pg_restore、psql などの特別なツールの有無にかかわらず、さまざまな形式との間でデータをインポートおよびエクスポートします。また、IntelliJ IDEA にデータをエクスポートするチュートリアルを見ることができます。
LocalDBSQL Server Express LocalDB インスタンスを作成、接続、使用を開始する方法を順を追ったチュートリアル。
Microsoft SQL サーバー チュートリアルでは、Microsoft SQL サーバーでの作業を開始し、Windows ドメインまたは SQL Server 認証を使用してインスタンスに接続する方法を示します。
トラブルシューティング 接続の問題は非常に一般的な定義であり、多くの問題が含まれる可能性があります。このトラブルシューティングの記事では、問題を特定して修正するための最も一般的な手順について説明します。答えが見つからない場合は、JetBrains に連絡してください。お手伝いします。
ダイアグラム データベースオブジェクトのダイアグラムを生成し、クエリと実行プランを作成し、EXPLAIN ステートメントのフレームグラフを生成します。

関連ページ:

データベース接続 | IntelliJ IDEA

データベースにクエリを発行するには、データソース接続を作成する必要があります。データソースはデータの場所であり、サーバーまたは DDL ファイルにすることができます。データソースには、データソースの種類に依存する名前と接続設定が含まれます。Amazon Redshift データベースツールウィンドウで、データソースのプロパティアイコンをクリックします。データソースおよびドライバーダイアログのデータソースタブで、追加アイコンをクリックし、Amazon Redshift を選択します。データソース設定領...

データベースコードを実行する | IntelliJ IDEA

ショートカット、ツールバーのボタンとアイコン、コンテキストメニュー、実行 / デバッグ構成を使用して、コードを実行で実行できます。クエリコンソール、スクラッチファイル、およびユーザーファイルからクエリを実行できます。開いているファイルからステートメントを実行する IntelliJ IDEA では、ファイルを開いて実行できます。ファイルサイズの制限は 20 MB です。20 MB より大きいファイルを開くと、ファイルの最初の 2.5 MB のみが表示されます。プロジェクトツールウィンドウを開き、SQ...

照会結果 | IntelliJ IDEA

通常、クエリを実行すると、テーブル形式で結果が表示されます。各ステートメントは、サービスツールウィンドウの個別のタブに表示されます。例: クエリに 2 つの SELECT ステートメントがある場合、ツールウィンドウに 2 つのタブが表示されます。サービスツールウィンドウには、データソースへの接続セッションに従ってグループ化されたコンソールのリストが含まれています。クエリごとに新しいタブを開く既定では、IntelliJ IDEA はクエリを実行するたびに同じタブを結果で更新します。この動作を変更し...

データのエクスポートとインポート | IntelliJ IDEA

データをインポートおよびエクスポートできることは、異なる目的で使用されていますが、一部のデータを共有する必要があるデータベース間でデータを移動する場合に役立ちます。例: 開発データベースと本番データベースの間。IntelliJ IDEA には、さまざまな形式でデータをエクスポートおよびインポートするエンジンがあります。定義済みのフォーマットを選択するか、独自のフォーマットを作成できます。エクスポートおよびインポート操作の詳細については、以下のトピックを参照してください。エクスポート: オブジェク...

IntelliJ IDEA にデータをエクスポートする | IntelliJ IDEA

IntelliJ IDEA には、さまざまな形式でデータをエクスポートおよびインポートするエンジンがあります。定義済みのフォーマットを選択するか、独自のフォーマットを作成できます。エクスポートおよびインポート操作の詳細については、対応するセクションを参照してください。エクスポート先:結果セット、テーブル、またはビューをエクスポートまたはクリップボードにコピーできます。ファイルにエクスポートするデータをファイルにエクスポートするには、次のいずれかの操作を実行します。結果セット、テーブル、またはビ...

SQL Server Express LocalDB に接続する | IntelliJ IDEA

ステップ 1. LocalDB インスタンスを確認して作成する IntelliJ IDEA を使用して LocalDB インスタンスに接続するには、LocalDB インスタンスが接続の準備ができているかどうかを確認してください。これを行うには、SqllocalDB.exe を見つけて、コマンドプロンプトで次のコマンドを実行します。サーバーで使用可能な LocalDB インスタンスのリストが表示されます。SqllocalDB.exe i、次に、LocalDB インスタンスを作成します。インスタンスを作...