IntelliJ IDEA 2020.3 ヘルプ

Protractor

Protractor(英語) は、Angular(英語) および AngularJS(英語) アプリケーションのテストフレームワークです。Protractor は、実際のブラウザーで実行されているアプリケーションに対してテストを実行します。これにより、テスト結果の正確性と信頼性が保証されます。IntelliJ IDEA は Protractor と統合されているため、IDE 内からテストを実行およびデバッグできます。ツリービューでテスト結果を確認し、そこからテストソースに簡単に移動できます。

始める前に

Node.js(英語) をダウンロードしてインストールします。

Protractor のインストール

Protractor は、ローカルに、プロジェクトに、またはグローバルにインストールできます。グローバルインストールが望ましい

Protractor をグローバルにインストールするには

  1. 埋め込みターミナルAlt+F12)に次のように入力します。

    npm install -g protractor

  2. 必要なバイナリをダウンロードするには、webdriver-manager update と入力します。Protractor の公式サイトでスタートする(英語)も参照してください。

npm、pnpm、Yarn に従って、Node.js と NPM ページ分度器パッケージをインストールすることもできます。

テストを実行

Protractor テストは、実行 / デバッグ構成によってのみ起動されます。

Protractor 実行構成を作成するには

  1. 実行 / デバッグ構成ダイアログ(メインメニューの実行 | 実行構成の編集)を開き、左側のペインで the Add button をクリックして、リストから Protractor を選択します。実行 / デバッグ構成: Protractor ダイアログが開きます。

  2. 使用する Node.js インタープリターを指定してください。これはローカル Node.js インタープリターまたは Windows Subsystem for Linux の Node.js です。

  3. 分度器パッケージの場所と protractor.conf.js 設定ファイルへのパスを指定します。標準インストールを実行した場合、IntelliJ IDEA はこれらのパスをすべて検出して、対応するフィールドに表示します。

実行構成を介してテストを実行するには

  1. 手動で Selenium Server を起動するか、protractor.conf.js で自動的に起動するように設定してください。詳細は、Protractor オフィシャル Web サイト(英語)を参照してください。

  2. メインツールバーのリストから Protractor 実行 / デバッグ構成を選択し、リストの右側にある the Run icon をクリックします。

  3. 実行ツールウィンドウの <current_run_configuration_name> タブで、サーバーからのメッセージを表示および分析します。

ナビゲーション

IntelliJ IDEA を使用すると、ファイルと関連テストファイルの間、またはテストランナータブのテスト結果からテストにジャンプできます。

  • テストとそのサブジェクト間、またはその逆にジャンプするには、エディターでファイルを開き、コンテキストメニューからジャンプ | テストまたはジャンプ | テスト対象を選択するか、Ctrl+Shift+T を押します。

  • テスト結果からテスト定義にジャンプするには、テストランナータブでテスト名を 2 回クリックするか、コンテキストメニューからソースに移動を選択します。エディターでテストファイルが開き、カーソルがテスト定義に置かれます。

デバッグテスト

Protractor テスト用のデバッグセッションは、実行 / デバッグ構成によってのみ開始されます。

デバッグテストを開始するには

  1. 上記の説明に従って、Protractor 実行 / デバッグ構成を作成します。

  2. メインツールバーのリストから Protractor 実行 / デバッグ構成を選択し、リストの右側にある Run with Coverage をクリックします。

  3. 開いたデバッグツールウィンドウでは、通常どおり進む: テストをステップ実行停止し、再開し、テストの実行を中断したときにテストを検討するように、と。

関連ページ:

npm、pnpm、Yarn

IntelliJ IDEA は npm、Yarn、Yarn 2、pnpm と統合されているため、IDE 内から再利用可能なコードのパッケージをインストール、検索、更新、削除できます。Node.js と NPM ページは、パッケージを管理するための専用 UI を提供します。もちろん、組み込みのターミナルのコマンドラインからも実行できます。IntelliJ IDEA では、npm、Yarn、pnpm スクリプトを実行およびデバッグすることもできます。IntelliJ IDEA は、package.jso...

Node.js および NPM

このページは、プラグインの管理に従って、設定 / 環境設定 | プラグインページのインストール済みタブで Node.js バンドルプラグインが有効になっている場合にのみ表示されます。Node.js の操作方法については、Node.js アプリケーションの開発セクションを参照してください。次の Node.js バージョンが IntelliJ IDEA 2020.3 でサポートされています。Node.js 10、Node.js 12、Node.js 14、Node.js 15、サポートされている Node...

Node.js

Node.js は、ブラウザーの外部、たとえばサーバーやコマンドラインで JavaScript を実行するための軽量なランタイム環境です。IntelliJ IDEA は Node.js と統合し、アプリケーションの構成、編集、実行、デバッグ、テスト、プロファイリング、メンテナンスを支援します。Node.js がアプリケーションのローカルランタイムとして、または npm パッケージの管理、JavaScript リンターの実行、ツールのビルド、フレームワークのテストなどにのみ必要な場合は、Node.j...

デバッグツールウィンドウ

デバッガーセッションを開始すると、デバッグツールウィンドウが表示されます。このウィンドウを使用して、デバッガーセッションを制御し、プログラムデータ(フレーム、スレッド、変数など)を表示して分析し、さまざまなデバッガーアクションを実行します。これは、デバッグツールウィンドウの概要です。ツールウィンドウの使用に関する一般的な手順については、ツールウィンドウを参照してください。デフォルトでは、プログラムがブレークポイントに到達するとデバッグツールウィンドウが開き、セッションが終了しても非表示にはなりま...

デバッガーセッションを開始する

デバッガーセッションの開始は、通常モードでのプログラムと非常に似ています。デバッガーはバックグラウンドで接続されているため、デバッガーセッションを開始するために特別な設定を行う必要はありません。IntelliJ IDEA からプログラムを実行できる場合は、同じ構成を使用してプログラムをデバッグすることもできます。このトピックは、実行 / デバッグ構成の理解に依存しています。IntelliJ IDEA は追加のセットアップなしで単純なアプリケーションをデバッグする方法を提供しますが、デバッガーを効...

中断されたプログラムを調べる

デバッガーセッションの開始後、デバッグツールウィンドウが表示され、次のいずれかが発生するまでプログラムが正常に実行されます。ブレークポイントがヒットしました、プログラムを手動で一時停止する、その後、プログラムは中断され、現在の状態を調べたり、実行を制御したり、実行時にさまざまなシナリオをテストしたりできます。誤ってデバッグツールウィンドウを閉じた場合は、メインメニューからを選択するか、を押して再度開きます。フレームを調べる:プログラムの状態はフレームで表されます。プログラムが一時停止すると、