IntelliJ IDEA 2019.3ヘルプ

問題ツールウィンドウ

コンパイラー設定自動的にプロジェクトをコンパイルするオプションが有効な場合、このツールウィンドウは自動的に有効になります。IntelliJ IDEAは、プロジェクトファイルがディスク上で変更されるたびに自動的にプロジェクトをコンパイルします(たとえば、保存または自動保存、またはバージョン管理システムから最新のプロジェクトリビジョンを取得した場合など)。問題が検出された場合は、問題ツールウィンドウ。

問題ツールウィンドウには、自動作成操作の結果として発生したコンパイラエラーのみが表示されます。各automakeでは、リストは新しいエラーで更新され、古いエラーは削除されます。automakeが有効な場合、make操作を手動で起動すると、この操作のエラーも問題ツールウィンドウとメッセージツールウィンドウに表示されます。

ツールバー

項目

ツールチップとショートカット

説明

icons actions previousOccurence

前のメッセージ Ctrl+Alt+Up

このボタンをクリックすると、前のメッセージにジャンプします。

icons actions nextOccurence

次のメッセージ Ctrl+Alt+Down

このボタンをクリックすると、次のメッセージにジャンプします。

icons toolbarDecorator export

テキストファイル Alt+Oにエクスポート

ツールウィンドウの内容をテキストファイルにエクスポートする場合は、このボタンをクリックします。表示されたダイアログでターゲットファイルの名前を指定し、保存をクリックします。

icon help

ヘルプ

このボタンをクリックすると、IntelliJ IDEAヘルプが開きます。

Expand all
Collapse all

すべて展開
Ctrl+NumPad Plus
すべて折りたたむ
Ctrl+NumPad -

これらのボタンを使用して、すべてのノードを展開または折りたたんでください。

Autoscroll to Source

ソースに自動スクロール

このオプションを有効にすると、問題ツールウィンドウでメッセージを選択すると、エディターのフォーカスが自動的にソースコードの対応する行に切り替わります。

icons general settings

コンパイラー・プロパティー

このボタンをクリックしてコンパイラ設定を開きます。

最終更新日: 2019年12月9日