IntelliJ IDEA 2019.1ヘルプ

テストとテスト対象間の移動

IntelliJ IDEAでは、テストとテスト対象の間を素早く移動できます。

一般的なテスト手順については、テストの実行を参照してください。

テストからテスト対象へジャンプ

  1. エディターで目的のテストクラスを開きます。

  2. メインメニューまたはエディターのコンテキストメニューから、ナビゲート | テスト対象を選択します。あるいは、Ctrl+Shift+Tを押します。

    現在のテストクラスのテスト対象がエディターの専用タブで開き、フォーカスが得られます。

クラスまたはファイルからそのテストにジャンプする

  1. エディターで目的のクラスを開きます。メソッドからそのテストにナビゲートしたい場合は、このメソッドにキャレットを置きます。

最終更新日: 2019年6月5日

関連事項

プロシージャー:

言語とフレームワーク固有のガイドライン:

関連ページ:

テストの実行

通常、IntelliJ IDEAは、作成した実行/デバッグ構成を実行することによって、他のアプリケーションと同じ方法でテストを実行してデバッグします。その際、指定されたテストクラスまたはメソッドをテストランナーに渡します。多くの場合、コンテキストメニューからテストセッションを開始できます。この目的の...

テストの作成

インテンションアクションを使用して、サポートされているテストフレームワーク用のテストクラスを作成できます。エディターで必要なクラスを開き、クラス名にカーソルを置きます。を押して、使用可能なインテンションアクションのリストを呼び出します。テストの作成を選択します。または、クラス名にカーソルを置き、メイ...

テストの監視と管理

テストの進捗状況と結果は、実行ツールウィンドウの専用テストランナータブに表示されます。終了し、一時停止するテストの実行は、実行中のアプリケーションと同じ方法で再実行できます。一般的な実行アクションに加えて、テストランナーでは次の操作を実行できます。およびのボタンまたは または のキーボードショー...

フレームワークのテスト

IntelliJ IDEAでは、以下のテストフレームワークを使用できます。JUnit、TestNG、Groovy JUnit、FlexUnit、MXUnit、この機能は、Ultimateエディションでのみサポートされています。以下は、PHP プラグインがインストールされ使用可能になっている場合のみ有...