IntelliJ IDEA 2019.3ヘルプ

Mavenツールウィンドウ

表示 | ツール・ウィンドウ | Maven

Mavenプロジェクトを開くと、Mavenツールウィンドウが自動的に有効になります。

Mavenツールウィンドウを使用して、利用可能なMavenプロジェクトを表示し、ソースとJavadocをダウンロードし、ビルドライフサイクルのフェーズを実行します。ツールウィンドウには、各Mavenプロジェクトのノードが、ライフサイクルプラグインサブノードとともに表示されます。 pom.xml ファイルの少なくとも1つにプロファイル定義が含まれている場合、プロファイルノードがツールウィンドウに追加されます。Mavenツールウィンドウには、プロジェクトに依存関係が追加された場合、依存関係ノードも表示されます。

ツールバー・ボタン

項目

説明

Reimport All Maven Projects

このボタンをクリックして、すべてのMavenプロジェクトをIntelliJ IDEAプロジェクトと同期します。Maven統合ダイアログの「インポート」タブを参照してください。

Generate Sources and Update Folders for All Projectsこのボタンをクリックすると、ソースとテストディレクトリーのソースとリソースを生成するためのMavenのゴールを起動し、その結果のディレクトリー構造を読み込みます。このような世代の結果によると、IntelliJ IDEAフォルダーは、ソースまたはテストのルートとして適切にマークされます。

インポート設定を参照してください。

Download Sources and/or Documentation

不足しているソースとドキュメントをダウンロードするには、このボタンをクリックします。サブメニューから目的のダウンロードオプションを選択します。
Maven 統合ダイアログのインポートページで、ソースとドキュメントの自動ダウンロードを設定できます。

Add Maven Project

Mavenプロジェクトを追加するには、このボタンをクリックしてください。表示されたダイアログで目的の pom.xml ファイルを選択します。

Run Maven Build

このボタンをクリックして、ビルドライフサイクルまたはプラグインのゴールの選択されたフェーズを実行します。複数のゴールが選択されている場合、それらはツリーと同じ順序で実行されます。デフォルトでこのボタンは無効になっていることに注意してください。アクティブにするには、実行するビルドフェーズまたはプラグインゴールを選択する必要があります。

Execute Maven Goal

このボタンをクリックして、なんでも実行ウィンドウを使用してメイヴンゴールを実行します。

Toggle Offline Mode

このボタンをクリックして、オフラインモードを切り替えます。

Toggle Skip Test Mode

このボタンをクリックすると、Mavenオプションスキップテストモードがオンになり、ユニットテストの実行は省略されます。

Show Dependencies

現在のMavenプロジェクトの依存関係をUMLフレームに表示するには、このボタンをクリックします。

Collapse All

このボタンをクリックすると、選択したMavenプロジェクトにあるすべてのノードを閉じます。

Maven Settings

このボタンをクリックして、Maven設定ダイアログで現在のMavenプロジェクトの設定を構成します。

Show Options Menuこのボタンをクリックすると、表示オプションのメニューが表示されます。
  • モジュールのグループ化 : このオプションを選択すると、ノードをディレクトリーごとにグループ化できます。

  • 無視されたプロジェクトの表示 :このオプションを選択すると、無視されたプロジェクトがツールウィンドウに表示されます。

    Mavenツールウィンドウでは、無視されたプロジェクトはグレー表示されます。

    Maven tool window: Ignored projects
  • 基本フェーズのみ表示 : このオプションを選択すると、IntelliJ IDEAは基本的なビルドフェーズのみを表示します。それ以外の場合は、フェーズの完全なリストが表示されます。

  • 常にアーティファクト ID を表示 : このオプションを選択すると、Mavenプロジェクトのpom.xmlに指定されているartifactIdが表示されます。

  • バージョンを表示 : このオプションを選択すると、IntelliJ IDEAはpom.xmlに指定されているMavenプロジェクトのバージョンを表示します。

  • ツールバーの表示 : Mavenプロジェクトのツールバーを表示するには、このオプションを選択してください。

  • 表示モード
  • タブのグループ化 : ツールウィンドウで複数のビューを使用できる場合は、このオプションをオフにしてビューを別々のタブに表示します。

  • 移動 : Mavenプロジェクトツールウィンドウを上下左右のいずれかに移動するには、このオプションを選択します。

  • サイズ変更 : Mavenプロジェクトツールウィンドウのサイズを変更するには、このオプションを選択します。

ライフサイクルフェーズのコンテキストメニューコマンド

コマンド

説明

<プロジェクト>を作成する[フェーズ]

ライフサイクルの選択された段階について、このコマンドを実行/デバッグ構成の作成に選択します。

<project> [phase]を実行する

このコマンドを選択すると、フェーズ固有の実行/デバッグ設定でライフサイクルの選択されたフェーズを実行します。

デバッグ<プロジェクト> [フェーズ]

このコマンドを選択して、ライフサイクルの選択したフェーズを、フェーズ固有の実行/デバッグ構成でデバッグします。

ビルド前に実行

このコマンドを使用して、選択したゴールのトリガーを設定します。このトリガーを使用すると、プロジェクトのビルド(ビルド | プロジェクトのビルド)を実行する前にゴールが実行されます。構築する前にコメントがノードの名前の横に表示されます。

ビルド後に実行

このコマンドを使用して、選択したゴールのトリガーを設定します。このトリガーを使用すると、プロジェクトのビルド(ビルド | プロジェクトのビルド)を実行した後にゴールが実行されます。ビルド後コメントがノードの名前の横に表示されます。

再構築の前に実行する

このコマンドを使用して、選択したゴールのトリガーを設定します。このトリガーを使用すると、再構築アクション(ビルド | プロジェクトの再ビルド)を実行する前にゴールが実行されます。再構築する前にコメントがノードの名前の横に表示されます。

再ビルド後に実行

このコマンドを使用して、選択したゴールのトリガーを設定します。このトリガーを使用すると、再構築アクション(ビルド | プロジェクトの再ビルド)を実行した後にゴールが実行されます。再構築後コメントがノードの名前の横に表示されます。

実行/デバッグ前に実行

このコマンドを選択して、実行/デバッグ構成を指定してから、ライフサイクルの選択したフェーズを実行してください。実行前コメントがノードの名前の横に表示されます。

ショートカットの割り当て

このコマンドを選択して、選択したフェーズをキーボードショートカットに関連付けます。ショートカット付きのコメントがノードの名前の横に表示されます。

Mavenプロジェクトのコンテキストメニューコマンド

コマンド

説明

再インポート

Mavenプロジェクトを再インポートするには、このオプションを選択します。このアクションを呼び出すと、IntelliJ IDEAはMavenツールウィンドウでプロジェクト構造を解析します。

プロジェクトを無視する/プロジェクトを解除する

プロジェクトを無視コマンドを選択して、ビルド中のプロジェクトを無視します。またはUnignore Projectを使用して、以前無視されたプロジェクトをビルドに含めます。

この場合、IntelliJ IDEAは、無視されたMavenプロジェクトおよびモジュールをMaven ツールウィンドウに保持します(グレー表示になります)が、プロジェクトへのインポート(モジュール、コンテンツ・ルート、ゴールなど)を停止します。ただし、IntelliJ IDEAは無視されたプロジェクトを現在のプロジェクトと同期します。たとえば、関係のないサブプロジェクトをスキップする必要がある場合に役立ちます。

無視されたファイルを編集

このオプションは、プロジェクトのビルドから除外するファイルを入力するためにMaven 設定パス・パターンフィールドを使用した場合に使用可能になります。このオプションを選択し、無視されるファイルダイアログでパターンを追加、変更、または削除します。

Mavenプロジェクトのリンク解除

このオプションを選択すると、Mavenプロジェクトとそのモジュールが、Mavenツールウィンドウおよびプロジェクトツールウィンドウから切り離されます。

作成/開く 'settings.xml'
'profiles.xml'を作成/開く

このオプションを選択して settings.xml または profile.xmlを作成するか、すでに作成されている場合はそのようなファイルを開きます。

ソースやドキュメントをダウンロードする

不足しているソースやJavadocをダウンロードするには、これらのオプションのいずれかを選択してください。

実効 POM の表示

有効(英語)なプロファイルとスーパーPOMを考慮に入れて、このビルドのXMLとして有効なPOM(英語)を生成するには、このオプションを選択します。有効なPOMには次の情報が表示されます。
  • デフォルトのプロジェクトソースフォルダー構造

  • 出力ディレクトリー

  • プラグインが必要です

  • リポジトリ

  • Mavenが目的のゴールを実行しながら使用するレポートディレクトリー

依存関係の表示/依存関係の表示ポップアップ

UMLフレームで現在のMavenプロジェクトの依存関係図を生成するためにこれらのオプションの1つを選択してください

ソースに移動

選択したMavenプロジェクトの pom.xml ファイルをエディターで開くには、このオプションを選択します。

最終更新日: 2019年12月9日

関連ページ:

Maven プロファイル

IntelliJ IDEAでは、本番や開発などの特定の環境のビルドをカスタマイズするのに役立つMavenビルドプロファイルを使用できます。Mavenのプロファイルを宣言する:IntelliJ IDEAを使用すると、プロジェクトのPOMでプロファイルを明示的に宣言できます。コード補完を使用すると、タグ...

Maven 依存関係

IntelliJ IDEAを使用すると、プロジェクトのMaven依存関係を管理できます。追加、Maven依存関係のインポート、およびダイアグラムでの表示を行うことができます。Maven依存関係を追加する:IntelliJ IDEAでは、Maven依存関係をプロジェクトに追加できます。POM内で依存関...

Maven: インポート

プロジェクトファイルをインポート後にプロジェクトのファイルの場所を指定するには、このチェックボックスを選択します。例:プロジェクトをインポートして、imlファイルと.ideaディレクトリーファイルをデフォルトのファイルではなく特定の場所に保存する場合デフォルトでは、IntelliJ IDEAはpom...

Maven ゴール

IntelliJ IDEAを使用すると、プロジェクトでMavenのゴールを実行、デバッグ、管理できます。Maven ゴールの実行:なんでも実行ウィンドウの使用、Mavenツールウィンドウのコンテキストメニューの使用、1つまたは複数のMavenゴールの実行構成の作成など、Mavenゴールの実行にはいく...

Mavenでのテスト

Mavenプロジェクトでは、デフォルトのIntelliJ IDEAテストランナーを使用して、他のプロジェクトと同じ方法でテストを作成および実行できます。テストの実行をMavenに委譲する場合、IntelliJ IDEAはそのようなテストビューをサポートしないことに注意してください。JUnitまたはT...

Maven プロジェクト

IntelliJ IDEAでは、Mavenプロジェクトを管理できます。プロジェクトをリンクし、無視し、MavenおよびIntelliJ IDEAプロジェクトの変更を同期し、ビルドおよび実行アクションを構成できます。POMに移動するMavenツールウィンドウで、リンクされたプロジェクトを右クリックしま...