IntelliJ IDEA 2020.2 ヘルプ

タスクとコンテキスト

プロジェクトで作業する場合は、完了する必要のある小さな作業で作業を整理できます。

これらは、自分で設定したタスクです。IntelliJ IDEA では、大きな作業を小さなタスクに分割し、変更リストに関連付けることができます。

または、これらは課題トラッカーからのタスクである場合があります。例:IntelliJ IDEA から直接割り当てられたタスクとバグを操作できます。これを行うには、IDE とトラッカーアカウントを接続します。

課題追跡との統合を構成する

IntelliJ IDEA は次のものとの統合をサポートします。

IDE をトラッカーに接続する

  1. 設定 / 環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+S で、ツール | タスク | サーバーを選択します。

  2. the Add button をクリックして、リストから必要な課題追跡を選択します。

  3. 接続の詳細を入力します。課題のトラッカーによって設定が異なることに注意してください。

    通常、サーバー URL および接続資格情報を指定する必要があります:ユーザー名およびパスワード

    場合によっては、パスワードフィールドにパスワードの代わりに API トークンを入力できます。

  4. URL の共用オプションを選択して、チームの他のメンバーがサーバーにアクセスできるようにします。このオプションを有効にすると、サーバーの URL とそのタイプが .idea/misc.xml ファイルに保存され、バージョン管理を通じて開発チームのメンバー間で共有できます。

  5. プロキシサーバー経由でサーバーにアクセスする場合は、プロキシ設定をクリックします。プロキシ設定の詳細については、HTTP プロキシセクションを参照してください。

    Setting on the General tab of the Servers page
  6. コミットメッセージタブで、変更リストのコミットメッセージの追加を有効にし、メッセージテンプレートを構成できます。

    Configuring a commit message on the Commit Message tab
  7. サーバー構成タブで、課題追跡に接続するための詳細パラメーターを構成します。

    このタブは、一部のトラッカーでのみ使用できます(たとえば、そのままではサポートされていないトラッカーなど)。

サーバー構成タブのパラメーター

項目 説明
ログイン URL

認証用のリソース。IDE は、サーバーから課題のリストを取得する前に、毎回このリソースに要求を送信します(例:{serverUrl}/rest/user/login?login={username}&password={password})。

一般タブで HTTP 認証を使用するチェックボックスを選択した場合、フィールドは無効になります。

タスクリスト URL サーバーから課題のリストを取得するためのリソース(例:{serverUrl} / rest / api / 2 / search)。
シングルタスク URL

課題に関する詳細情報を ID で取得するためのリソース(例:{serverUrl}/rest/api/2/issue/{id})。

別リクエストの各タスクチェックボックスを選択しない限り、このフィールドはオプションです。

GET または POST 必要なタイプの HTTP リクエストを選択します。
個別のリクエストの各タスク

このオプションを有効にすると、IDE は複数のリクエストを送信して、まず ID の課題のリストを取得し、次にシングルタスク URL フィールドで指定されたリソースを使用して各課題の詳細情報を個別に取得できます。

このオプションは、単一の応答ですべての必要な情報を送信できない、制限された REST API を備えた課題トラッカー用です。

レスポンスタイプ 課題トラッカーが応答する形式を選択します:XPath の場合は XMLJSONPath(英語) の場合は JSON、正規表現の場合はテキスト
セレクターの表 セレクターを使用すると、サーバーの応答から取得する課題に関する情報を指定できます。
タスク サーバー応答の課題のリストへのパス。このフィールドは必須です。
id サーバー応答内の課題 ID へのパス。このフィールドは必須です。
概要 サーバー応答の課題タイトルへのパス。このフィールドは必須です。
The Server Configuration tab shown in the settings

追加の統合オプションを指定する

  1. 設定 / 環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+S で、ツール | タスクを選択します。

  2. 必要なオプションを設定します。

    • 変更リスト名のフォーマット : 新しいタスクを開くか作成すると、IntelliJ IDEA はこのタスクに関連付けられた新しい変更リストを作成するように求めます。このフィールドでは、新しい変更リストの名前を生成するために使用されるテンプレートを指定できます。

      the Add placeholder button をクリックして、リストからプレースホルダーを選択します。

    • 機能ブランチ名フォーマット : 新しいタスクを作成または開くと、IntelliJ IDEA は新しい機能ブランチを作成するように求めます。このフィールドでは、新機能ブランチの名前を生成するためのテンプレートを構成できます。

      the Add placeholder button をクリックして、リストからプレースホルダーを選択します。

      Lowercased およびスペースをオプションを使用して、プロンプト機能ブランチ名を構成します。

      IDE が課題追跡と統合されている場合、これらの設定は便利です。例:DSGN-0001 新しいアイコンを追加タスク名は、dsgn-0001add-new-icon 機能ブランチ名に変換されます。

    • タスクヒストリー長 : IntelliJ IDEA が保存するタスクの数。

    • コミット時にコンテキストを保存する : 変更をコミットするたびに、IntelliJ IDEA は、作業したファイル、ブックマーク、ブレークポイントを保持する新しい閉じたローカルタスクを作成します。これにより、将来いつでもタスクに関連付けられているすべてのタブをすばやく復元できます。

    • 問題キャッシュを使用可能にする : IntelliJ IDEA と課題追跡の同期を最適化します。" slow" で作業する場合は、同期が特に推奨されます。課題追跡システム。

      IntelliJ IDEA は、トラッカーからロードされた課題のリストをキャッシュし、繰り返し更新します。キャッシュされる課題の数と、IntelliJ IDEA がそれらに関する情報を更新する頻度を指定できます。

      Task settings

タスク

IntelliJ IDEA には、2 つのタイプのタスクがあります。

  • 課題トラッカーから IntelliJ IDEA に読み込まれたタスク。これらはトラッカータスクです。トラッカータスクは、課題トラッカーの対応する課題にリンクされています。これにより、IntelliJ IDEA から直接監視および更新できます。

  • もともと IntelliJ IDEA で作成されたタスク。これらはローカルタスクです。ローカルタスクは課題追跡に関連していません。

いずれかのタイプのタスクを少なくとも 1 つ作成した場合、タスクコンボと呼ばれるリストがツールバーで使用可能になります。

トラッカータスクを開く

トラッカータスクは、課題トラッカーに接続すると IntelliJ IDEA にロードされます。

  1. メインメニューからツール | タスクおよびコンテキスト | タスクを開く Alt+Shift+N を選択するか、ツールバーのタスクコンボをクリックします。

  2. リストから必要なタスクを選択します。

  3. タスクを開くダイアログでは、課題の状態を更新できます。

    エディターで現在開いているすべてのタブを閉じるには、現在のコンテキストをクリアするチェックボックスをオンにします。

  4. VCS 操作セクションでは、新しい変更リストを作成したり、既存のブランチを選択したり、新しいブランチを作成したりすることができます。

    現在の変更を保留して、後でそれらに戻すこともできます。

    Opening a tracker task

ローカルタスクを作成する

IntelliJ IDEA では、課題トラッカーから発信されていないローカルタスクを作成できます。

  1. メインメニューからツール | タスクおよびコンテキスト | タスクを開くを選択します。タスクコンボを使用するか、Alt+Shift+N を押すこともできます。

  2. タスク名の入力ダイアログで、新しいタスクを作成するを選択します。

  3. 新しいタスクの名前を入力します。

    エディターで現在開いているすべてのタブを閉じるには、現在のコンテキストをクリアするチェックボックスをオンにします。

  4. VCS 操作セクションでは、新しい変更リストを作成したり、コントリビュートする既存のブランチを選択したり、新しいブランチを作成したりできます。

    現在の変更を保留して、後でそれらに戻すこともできます。

タスクの説明を表示

切り替え先のタスクを選択すると、タスクリストにはタスク ID のみが表示されます。この情報は、問題につながる手順も関連する議論も反映されていないため、必ずしも十分ではありません。

  1. ツール | タスクおよびコンテキスト | タスクを開くに移動します。

  2. 必要なタスクを開き、Ctrl+Q を押して IntelliJ IDEA または Alt+Shift+B のタスクの説明を開き、ブラウザーで説明を表示します。

または、ツール | タスクおよびコンテキストに移動し、タスク ID を表示 ' 説明またはブラウザのタスク ID を開く ' をクリックします。

閉じたタスクを表示する

閉じられたローカルタスクは、プロジェクト全体または影響を受けたディレクトリがバージョン管理にある場合、変更リストに関連付けられていないタスクです。

クローズドトラッカータスクは、課題追跡ツールでクローズドステータスのタスクです。

  1. タスクコンボをクリックし、タスクを開くをクリックします。

  2. 閉じられたタスクを含めるチェックボックスを選択するか、Alt+Shift+N を押します。

タスクを閉じる

  • ツール | タスクおよびコンテキストにジャンプし、アクティブなタスクを閉じるをクリックしてください。

これにより、IntelliJ IDEA の現在のコンテキストが閉じます。変更をコミットするために必要なチェックボックスを選択し、オプションで、作成されたブランチをマージします。トラッカータスクでは、状態を変更することもできます。新しい状態があなたの課題トラッカーに伝播されます。

Closing a task

タスクの削除

IntelliJ IDEA に表示するタスクが必要ない場合は、タスクのリストから削除することができます。

  1. メインツールバーのタスクコンボをクリックします。

  2. 削除する 1 つ以上のタスクを選択します。

    複数選択の場合は、Shift (隣接アイテムの場合)または Ctrl (非隣接アイテムの場合)キーを使用します。

  3. 右矢印ボタンをクリックし、除去を選択します。

トラッカータスクを削除する場合は、IDE から削除します。彼らはあなたの課題トラッカーに残っています。この場合のローカルタスクは、課題追跡ツールに接続されていないため、完全に削除されます。

タイムトラッキング

IntelliJ IDEA を使用すると、エディターで作業するタスクに費やす時間を追跡できます。ローカルタスクの場合、この情報は、プロジェクトの作業中にタスクに競合する時間を正確に知りたい場合に役立ちます。

トラッカータスクの場合、このオプションは、課題トラッカー構成でタスクに費やす時間を記録する必要がある場合に便利です。この場合、IntelliJ IDEA からトラッカーに時間ログを送信することができます。

タイムトラッキングを有効にする

  1. 設定 / 環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+S

    ツール | タスク | タイムトラッキングに移動し、タイムトラッキングを使用可能にするチェックボックスを選択します。
  2. (オプション)サスペンド遅延値を変更します。

    ここでは、タスクが中断されたと見なされるまで非アクティブでいなければならない時間を指定できます。

時間を追跡する

  • 自動時間ロギングのためにAuto Modeをクリックします。

    手動で時間を追跡するには、Start time for the active taskをクリックします。手動のタイムトラッキングを停止するには、Stop time for the active taskをクリックします。

    Time Tracking tool window with two ongoing tasks

トラッカーに時間ログを送る

  1. タイムトラッキングツールウィンドウでバグトラッカーに作業項目を投稿する Export an item to the bug tracker をクリックします。

  2. ログに記録する時間間隔を指定し、必要に応じてコメントを追加します。 OK をクリックします。

    Send the log to the tracker

コンテキスト

コンテキストは、エディターで開かれるブックマーク、ブレークポイント、およびタブのセットです。コンテキストはタスクにリンクされていますが、特定のタスクに関連付けることなくコンテキストを操作できます。

個別のコンテキストを使用すると、いくつかの作業を行い、変更を混ぜることなく切り替えることができます。

コンテキストを保存する

  1. メインメニューからツール | タスクおよびコンテキスト | コンテキストの保存を選択します。

  2. コンテキストの保存ダイアログで、コンテキストの名前を入力し、OK をクリックします。

既存のコンテキストにアイテムを追加する

  1. メインメニューからツール | タスクおよびコンテキスト | コンテキストのロードを選択します。

  2. 必要な項目(ブックマークまたはブレークポイント)を追加するか、必要なファイルを開いてコンテキストツール | タスクおよびコンテキスト | コンテキストの保存を保存します。

コンテキストを切り替える

タスクを切り替えると、IDE は関連するコンテキストを自動的に切り替えます。ただし、操作するコンテキストがタスクに関連付けられていない場合は、手動で切り替えることができます。

  1. メインメニューからツール | タスクおよびコンテキスト | コンテキストのロードを選択します。

  2. コンテキストのロードポップアップで、リストから必要なコンテキストを選択します。

    または、右矢印をクリックしてロードを選択します。

    Loading a context

コンテキストをクリアする

  • 別のコンテキストをロードせずに現在のコンテキストをクリアするには、メインメニューからツール | タスクおよびコンテキスト | コンテキストのクリアを選択するか、Alt+Shift+X を押します。

コンテキストを削除する

タスクが終了したら、またはコンテキストが不要になったら、削除できます。

  1. メインメニューからツール | タスクおよびコンテキスト | コンテキストのロードを選択します。

  2. コンテキストのロードポップアップで、右矢印をクリックし、除去を選択します。

最終更新日 :

関連ページ:

汎用タスクサーバーを構成する

IntelliJ IDEA は、すぐに使用できる多くのタスクトラッカーとの統合をサポートしています。ただし、IntelliJ IDEA がまだサポートしていないトラッカーを使用している場合、いわゆる汎用サーバーを構成してそれを統合できます。このチュートリアルでは、次の方法について説明します。汎用サー...

HTTP プロキシ

Windows および Linux 用のファイル | 設定 | 外観および振る舞い | システム設定 | HTTP プロキシmacOSのIntelliJ IDEA | 環境設定 | 外観および振る舞い | システム設定 | HTTP プロキシIntelliJ IDEA

プラグインを管理する

プラグインは IntelliJ IDEA のコア機能を拡張します。彼ら:バージョン管理システム、アプリケーションサーバー、およびその他のツールとの統合を提供する、さまざまな言語とフレームワークのコーディング支援サポートを追加する、ショートカットヒント、ライブプレビュー、ファイルウォッチャーなどで生産...

お気に入り

プロジェクトが何千ものファイルで構成されている場合、参照するのは面倒です。通常、プロジェクトの他の部分よりも頻繁に必要なファイルまたはフォルダーがいくつかあります。そのようなファイルに素早くアクセスするには、お気に入りリストに追加してください。リストには、プロジェクト要素(ファイル、フォルダー、パッ...

Emacs を外部エディターとして使用する

このチュートリアルの内容 :この短いチュートリアルでは、Emacs を IntelliJ IDEA の外部エディターとして定義する方法を順を追って説明します。Emacsの基本はこのチュートリアルの範囲外です。前提条件 :以下を確認してください:IntelliJ IDEA 10.0 以降で作業して...