IntelliJ IDEA 2020.3 ヘルプ

変更リストを管理する

変更リストは、VCS リポジトリにまだコミットされていないローカル変更のセットです。

変更リストを使用すると、さまざまなタスクに関連する変更をグループ化し、これらの変更セットを個別にコミットできます。詳細については、変更をローカルでコミットするを参照してください。

変更リストはローカルの変更ビューに表示されます。最初は、単一のデフォルト変更リストがあります。アクティブなステータスを示すために太字で表示されます。つまり、すべての新しい変更がこの変更リストに自動的に配置されます。VCS にまだ追加されていない、新しく作成されたファイルをグループ化するバージョン管理外ファイル変更リストもあります。

必要な数だけ変更リスト作成して、いつでもアクティブにすることができます。コミットされていない変更を変更リストに移動できます。

新しい変更リストを作成する

  1. ローカルの変更ビューで、ツールバーの the Changelist icon をクリックし、新規変更リストを選択します。

  2. 新規変更リストダイアログで、新しい変更リストの名前を指定し、説明を追加します(オプション)。

アクティブな変更リストを設定する

  • ローカルの変更ビューで、非アクティブな変更リストを選択して Ctrl+Space を押すか、それを右クリックしてコンテキストメニューからアクティブな変更リストを設定を選択します。新しい変更はすべて、この変更リストに自動的に配置されます。

変更リスト間で変更を移動する

  1. ローカルの変更ビューで、別の変更リストに移動する変更を選択します。

  2. 選択範囲を右クリックするか、ツールバーの the Changelists icon をクリックして別の変更リストに移動 Alt+Shift+M を選択します。

  3. 表示されるダイアログで、既存の変更リストを選択するか、新しい変更リストの名前を入力します。

  4. ターゲットの変更リストをアクティブにし、そのコンテキストを追跡することを選択できます(IntelliJ IDEA は、この変更リストに関連付けられたコンテキストを保存し、この変更リストがアクティブになったときに復元します)。

変更リストを削除する

  • 変更リストを右クリックし、コンテキストメニューから変更リストの削除を選択します。

関連ページ:

変更をコミットして Git リポジトリにプッシュする

Git リポジトリに新しいファイルを追加した後、またはすでに Git バージョン管理下にある変更されたファイルを追加し、それらの現在の状態に満足したら、作業の結果を共有できます。これには、リポジトリのスナップショットをプロジェクト履歴に記録するためにローカルにコミットしてから、プッシュをリモートリポジトリにコミットして、他のユーザーが利用できるようにすることが含まれます。Git ユーザー名を設定する Git は、コミットを ID に関連付けるために、ユーザー名を知っている必要があります。ユーザー名...

Git を使用して複数の機能を同時に処理する

場合によっては、未完成のものを使って別のタスクに切り替えてから、それらに戻る必要があります。IntelliJ IDEA はあなたの作業を失うことなくいくつかの異なる機能に便利に取り組むためのいくつかの方法を提供します: 保留中の変更はスタッシュまたはシェルブできます。スタッシュの変更は、シェルブに非常に似ています。唯一の違いは、パッチの生成方法と適用方法にあります。スタッシュは Git によって生成され、IntelliJ IDEA の内部または外部から適用できます。変更がシェルブされたパッチは I...