IntelliJ IDEA 2020.2ヘルプ

ライブラリ

ライブラリは、モジュールが依存できるコンパイル済みコードの集合です。IntelliJ IDEAでは、グローバル (多くのプロジェクトで使用可能)、プロジェクト (プロジェクト内のすべてのモジュールで使用可能)、およびモジュール (1つのモジュールで使用可能)の3つのレベルでライブラリを定義できます。

Javaライブラリには、クラスファイル、アーカイブ、クラスファイルを含むディレクトリ、およびJavaネイティブライブラリ.dll.soまたは.jnilibを含むディレクトリを含めることができます。

ライブラリを定義する

ライブラリを定義してモジュールの依存関係に追加すると、IDEはコードを記述するときにその内容を提供します。また、IntelliJ IDEAは、ライブラリのコードを使用して、アプリケーションをビルドおよびデプロイします。

グローバルライブラリを定義する

  1. メインメニューからファイル | プロジェクト構造 Ctrl+Alt+Shift+Sを選択します。

  2. プラットフォーム設定で、グローバル・ライブラリを選択します。

  3. the Add button をクリックして、新しいライブラリを追加する方法を選択します。マシン上のファイルからJavaおよびKotlinライブラリを追加するか、Mavenからライブラリをダウンロードできます。

プロジェクトライブラリを定義する

  1. メインメニューからファイル | プロジェクト構造 Ctrl+Alt+Shift+Sを選択します。

  2. プロジェクト設定で、ライブラリを選択します。

  3. the Add button をクリックして、新しいライブラリを追加する方法を選択します。マシン上のファイルからJavaおよびKotlinライブラリを追加するか、Mavenからライブラリをダウンロードできます。

モジュールライブラリを定義する

  1. メインメニューからファイル | プロジェクト構造 | プロジェクト設定 | モジュールを選択します。

  2. ライブラリを追加するモジュールを選択し、依存関係をクリックします。

  3. Add ボタンをクリックし、ライブラリを選択します。

    Adding a new module library

  4. 開いたダイアログで、モジュールに追加するプロジェクトまたはグローバルライブラリを選択します。

    または、新規ライブラリをクリックして、新しいライブラリを追加する方法を選択します。コンピューター上のファイルからJavaおよびKotlinライブラリを追加するか、Mavenからライブラリをダウンロードできます。

    Adding a new module library

Mavenからライブラリをダウンロードする

  1. メインメニューからファイル | プロジェクト構造 Ctrl+Alt+Shift+S を選択し、ライブラリをクリックします。

  2. Add をクリックし、Maven からを選択します。

  3. 次のダイアログで、ライブラリ成果物を指定します(たとえば、org.jetbrains:annotations:16.0.2)。正確な名前がわからない場合は、キーワードを入力して Searchをクリックしてください。

    別のライブラリの場所を指定して、推移的な依存関係、ソースファイル、JavaDocファイル、または注釈をダウンロードするかどうかを選択することもできます。

    Downloading a library from Maven

IntelliJ IDEAは、MavenまたはNexusパブリックリポジトリからライブラリをダウンロードします。カスタムリモートリポジトリを設定することもできます。

カスタムリモートリポジトリを設定する

リモートリポジトリの完全なリストを表示し、設定にカスタムリポジトリを追加することができます。プロジェクトのビルドツールとしてMavenを使用しなくても、IntelliJ IDEAはMavenからライブラリをロードできます。

  1. 設定/環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+Sで、 ビルド、実行、デプロイ | リモート Jar リポジトリに移動します。

  2. 対応するダイアログセクションで追加をクリックし、リポジトリのURLを指定します。

    Configuring custom remote repository

ライブラリをモジュールの依存関係に追加する

グローバルおよびプロジェクトライブラリは、モジュールの依存関係に追加するまで使用できません。

  1. メインメニューからファイル | プロジェクト構造 Ctrl+Alt+Shift+S を選択し、モジュールを選択します。

  2. 依存関係タブを開き、Addをクリックします。

  3. 追加するライブラリを選択し、ダイアログの下部にある選択項目を追加をクリックします。

特定の推移的な依存関係を含める

推移的な依存関係のみを含める場合は、ライブラリのプロパティエディターを使用できます。

  1. メインメニューからファイル | プロジェクト構造 Ctrl+Alt+Shift+Sを選択し、モジュール | 依存関係に進みます。

  2. 必要なMavenライブラリを選択し、Editをクリックします。

  3. 次のダイアログで編集をクリックし、推移的な依存関係を含めるオプションの横にある構成をクリックします。

  4. ライブラリに含める依存関係を選択し、OKをクリックします。

ライブラリアイテムを除外

IntelliJ IDEAでは、IDEのパフォーマンスを向上させるためにライブラリ項目を一時的に除外することができます。アーカイブ内のフォルダー、アーカイブ(例:JAR)、フォルダーは除外できます。

除外されたパッケージのクラスは、コード補完の候補リストには表示されません。そのクラスへの参照は未解決のものとしてエディターに表示されます。ただし、コードをコンパイルまたは実行すると、ライブラリは引き続きそのライブラリに除外されたアイテムがあるかどうかを確認します。

プロジェクトまたはグローバルライブラリからアイテムを除外する

  1. Ctrl+Alt+Shift+S を押してプロジェクト構造ダイアログを開き、ライブラリをクリックします。

  2. Excludeをクリックし、除外するライブラリ項目を選択します。

モジュールライブラリからアイテムを除外する

  1. Ctrl+Alt+Shift+S を押してプロジェクト構造ダイアログを開き、モジュール | 依存関係に移動します。

  2. Excludeをクリックし、除外するライブラリ項目を選択します。

除外された項目には Excluded root アイコンが表示されます。ライブラリ項目を元の状態に戻すには、除外された項目を削除します。

ライブラリレベルを変更する

IntelliJ IDEAでは、プロジェクトまたはモジュールライブラリをより高いレベルに移動できます。これは、その使用スコープを拡大する場合に役立ちます。例:プロジェクト全体またはIDE全体でモジュールライブラリを使用する場合。ライブラリを上位レベルに移動するには、プロジェクト構造ダイアログでこのライブラリを右クリックし、プロジェクトライブラリに移動またはグローバル・ライブラリに移動を選択します。

また、下位レベルのライブラリのコピーを作成することもできます。例:プロジェクトライブラリにクラスを追加したいが、1つのモジュールでのみ使用したい場合。

必要なグローバルライブラリを右クリックし、プロジェクトライブラリにコピーを選択します。次に、ライブラリファイルのコピーとそのコピーを作成する場所を指定します。モジュールの依存関係に含まれるグローバルまたはプロジェクトライブラリの場合、モジュールレベルでコピーの作成を開始するには、必要なライブラリを右クリックし、モジュールライブラリにコピーを選択します。

最終更新日: 2020年8月19日