IntelliJ IDEA 2020.3 ヘルプ

ライブラリ

ライブラリは、プロジェクトに追加できるコンパイル済みコードのコレクションです。IntelliJ IDEA では、ライブラリは、グローバル(多くのプロジェクトで使用可能)、プロジェクト(プロジェクト内のすべてのモジュールで使用可能)、およびモジュール(1 つのモジュールで使用可能)の 3 つのレベルで定義できます。

Java ライブラリには、クラスファイル、アーカイブ、クラスファイルを含むディレクトリ、および Java ネイティブライブラリ .dll.so、または .jnilib を含むディレクトリを含めることができます。

ライブラリを定義する

ライブラリを定義してモジュールの依存関係に追加すると、IDE はコードを記述するときにその内容を提供します。また、IntelliJ IDEA は、ライブラリのコードを使用して、アプリケーションをビルドおよびデプロイします。

グローバルライブラリを定義する

  1. メインメニューからファイル | プロジェクト構造 Ctrl+Alt+Shift+S を選択します。

  2. プラットフォーム設定で、グローバルライブラリを選択します。

  3. the Add button をクリックして、次のいずれかを選択します。

    • Java または Kotlin / JS を選択して、コンピューターにあるファイルからライブラリを追加します。

    • Maven からを選択して、Maven からライブラリダウンロードします

    Defining a global library

グローバルライブラリへの参照は、options | applicationLibraries.xml の IDE 構成ディレクトリに保存されます。

プロジェクトライブラリを定義する

  1. メインメニューからファイル | プロジェクト構造 Ctrl+Alt+Shift+S を選択します。

  2. プロジェクト設定で、ライブラリを選択します。

  3. the Add button をクリックして、次のいずれかを選択します。

    • Java または Kotlin / JS を選択して、コンピューターにあるファイルからライブラリを追加します。

    • Maven からを選択して、Maven からライブラリダウンロードします

    Defining a project library

プロジェクトライブラリへの参照は、プロジェクトと一緒に libraries.idea フォルダーに保存されます。

ライブラリをモジュールの依存関係に追加する

グローバルライブラリとプロジェクトライブラリは、モジュールの依存関係に追加するまで利用できません。

  1. メインメニューからファイル | プロジェクト構造 | プロジェクト設定 | モジュールを選択します。

  2. ライブラリを追加するモジュールを選択し、依存関係をクリックします。

  3. Add ボタンをクリックし、ライブラリを選択します。

    Adding a new module library

  4. 開いたダイアログで、モジュールに追加するプロジェクトまたはグローバルライブラリを選択します。

    または、新規ライブラリをクリックして、新しいライブラリを追加する方法を選択します。コンピューター上のファイルから Java および Kotlin ライブラリを追加するか、Maven からライブラリをダウンロードできます。

    Adding a new module library

モジュールライブラリへの参照は、モジュール .iml ファイルに保存されます。このファイルは、モジュール構成を維持するために使用されます。モジュールファイルの詳細については、モジュールを参照してください。

Maven からライブラリをダウンロードする

  1. メインメニューからファイル | プロジェクト構造 Ctrl+Alt+Shift+S を選択し、ライブラリをクリックします。

  2. Add をクリックし、Maven からを選択します。

  3. 次のダイアログで、ライブラリアーティファクトを指定します(たとえば、org.jetbrains:annotations:16.0.2 )。正確な名前がわからない場合は、キーワードを入力して Search をクリックしてください。

    別のライブラリの場所を指定して、推移的な依存関係、ソースファイル、Javadoc ファイル、またはアノテーションをダウンロードするかどうかを選択することもできます。

    Downloading a library from Maven

IntelliJ IDEA は、Maven または Nexus パブリックリポジトリからライブラリをダウンロードします。カスタムリモートリポジトリを構成することもできます。

特定の推移的な依存関係を含める

推移的な依存関係のみを含める場合は、ライブラリのプロパティエディターを使用できます。

  1. メインメニューからファイル | プロジェクト構造 Ctrl+Alt+Shift+S を選択し、モジュール | 依存関係に進みます。

  2. 必要な Maven ライブラリを選択し、Edit をクリックします。

  3. 次のダイアログで編集をクリックし、推移的依存関係を含めるオプションの横にある構成をクリックします。

  4. ライブラリに含める依存関係を選択し、OK をクリックします。

ライブラリレベルを変更する

ライブラリをより高いレベルに移動する

IntelliJ IDEA では、プロジェクトまたはモジュールライブラリをより高いレベルに移動できます。これは、使用スコープを拡大したい場合に役立ちます。例: プロジェクト全体または IDE 全体でモジュールライブラリを使用する場合は、この手順を使用します。

  1. メインメニューからファイル | プロジェクト構造 Ctrl+Alt+Shift+S を選択し、変更するライブラリを見つけます。

  2. 必要なライブラリを右クリックして、プロジェクトライブラリに移動またはグローバルライブラリに移動を選択します。

    Moving a module library to a higher level

ライブラリを下位レベルにコピーする

下位レベルでライブラリのコピーを作成できます。例: プロジェクトライブラリにクラスを追加したいが、1 つのモジュールでのみ使用したい場合は、この手順を使用します。

  1. メインメニューからファイル | プロジェクト構造 Ctrl+Alt+Shift+S を選択し、変更するライブラリを見つけます。

  2. 必要なライブラリを右クリックして、プロジェクトライブラリにコピーまたはモジュールに追加を選択します。

    Copying a global library to a lower level

ライブラリアイテムを除外

IntelliJ IDEA を使用すると、IDE のパフォーマンスを向上させるために、ライブラリ項目を一時的に除外できます。フォルダー、アーカイブ(JAR など)、およびアーカイブ内のフォルダーを除外できます。

除外されたパッケージのクラスはコード補完候補リストに表示されず、そのようなクラスへの参照は未解決としてエディターに表示されます。ただし、コードをコンパイルまたは実行すると、ライブラリに除外されたアイテムがあるかどうかに関係なく、ライブラリは全体として使用されます。

プロジェクトまたはグローバルライブラリからアイテムを除外する

  1. メインメニューからファイル | プロジェクト構造 Ctrl+Alt+Shift+S を選択し、ライブラリをクリックします。

  2. Exclude をクリックして、除外するライブラリ項目を選択します。

モジュールライブラリからアイテムを除外する

  1. メインメニューからファイル | プロジェクト構造 Ctrl+Alt+Shift+S を選択し、モジュール | 依存関係に移動します。

  2. Exclude をクリックして、除外するライブラリ項目を選択します。

除外された項目には Excluded root アイコンが表示されます。ライブラリ項目を元の状態に戻すには、除外された項目を削除します。

カスタムリモートリポジトリを設定する

リモートリポジトリの完全なリストを表示し、設定にカスタムリポジトリを追加することができます。プロジェクトのビルドツールとして Maven を使用しなくても、IntelliJ IDEA は Maven からライブラリをロードできます。

  1. 設定 / 環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+S で、ビルド、実行、デプロイ | リモート Jar リポジトリに移動します。

  2. 対応するダイアログセクションで追加をクリックし、リポジトリの URL を指定します。

    Configuring custom remote repository

関連ページ:

Maven

IntelliJ IDEA は、構築プロセスの自動化に役立つ Maven との完全な機能統合をサポートしています。新しい Maven プロジェクトの作成、既存のプロジェクトのオープンと同期、既存の IntelliJ IDEA プロジェクトへの Maven サポートの追加、マルチモジュールプロジェクトの構成と管理を簡単に行うことができます。IntelliJ IDEA にバンドルされていないカスタム Maven バージョンを使用する場合は、ローカルにインストールする必要があります。新しい Maven プロ...

Gradle

IntelliJ IDEA は、Gradle との完全に機能的な統合をサポートし、構築プロセスの自動化を支援します。新しい Gradle プロジェクトを簡単に作成し、既存のプロジェクトを開いて同期し、リンクされた複数のプロジェクトを同時に操作して、管理できます。新規 Gradle プロジェクトを作成する新規プロジェクトウィザードを起動します。IntelliJ IDEA で現在開いているプロジェクトがない場合は、開始画面で新規プロジェクトをクリックします。それ以外の場合は、メインメニューからを選択し...

高度な構成

使用可能な標準オプションに加えて、IntelliJ IDEA を使用すると、基盤となるプラットフォームと Java ランタイムの低レベルの構成を実行できます。これにより、予期しない問題が発生する可能性があり、何をしているのかわからない場合は、IntelliJ IDEA のインストールが動作不能になる可能性があります。解決しようとしている問題の解決に役立つオプションと値に関する指示については、JetBrains サポートにお問い合わせください。JVM オプション:IntelliJ IDEA は、...

モジュール

IntelliJ IDEA では、モジュールはあらゆるプロジェクトの重要な部分です - それはプロジェクトと一緒に自動的に作成されます。プロジェクトには複数のモジュールを含めることができます。新しいモジュールを追加し、グループ化して、現在必要のないモジュールをアンロードすることができます。通常、モジュールは 1 つまたは複数のコンテンツルートとモジュールファイルで構成されますが、コンテンツルートがなくてもモジュールは存在できます。コンテンツルートは、コードを格納するフォルダーです。通常、ソースコ...

お気に入り

プロジェクトが何千ものファイルで構成されている場合、参照するのは面倒です。通常、プロジェクトの他の部分よりも頻繁に必要なファイルまたはフォルダーがいくつかあります。そのようなファイルに素早くアクセスするには、お気に入りリストに追加してください。リストには、プロジェクト要素(ファイル、フォルダー、パッケージ、インスタンス、クラスメンバー)、ブックマーク、ブレークポイントを含めることができます。IntelliJ IDEA は自動的にお気に入りリストにブレークポイントとブックマークを追加します。プロジ...