IntelliJ IDEA 2024.1 ヘルプ

Gradle ツールウィンドウ

Gradle プロジェクトを作成または開くと、Gradle ツールウィンドウが自動的に有効になります。右側のサイドバーの Gradle をクリックして、ツールウィンドウを開きます。ツールウィンドウには、Gradle リンクプロジェクト、そのタスク、依存関係、基になる build.gradle ファイルに加えられたすべての変更が表示されます。

the Gradle tool window

Gradle

項目

ショートカット

説明

Show option menu

このボタンをクリックすると、現在のビューを設定したりツールウィンドウの表示モードを変更したりするためのメニューが開きます。メニュー項目は、オンまたはオフにできるオプションです。アクティブなアイテムは、名前の左側にチェックマークが付いています。

メニューで使用可能なオプションは次のとおりです。

  • モジュールのグループ化 : プロジェクト内のモジュールをグループ化する場合は、このオプションを選択します。

  • タスクのグループ化 : タスクをグループ化する場合は、このオプションを選択します。例: ビルドタスクはビルドディレクトリに含まれます。

  • 無視対象を表示 : 無視されたプロジェクトを表示するには、このオプションを選択します。

  • ツールバーの表示 : Gradle プロジェクトのツールバーを表示するにはこのオプションを選択してください。

  • 表示モード : ドック固定、ドック固定解除、ドック解除、フロート、ウィンドウ – これらのオプションを使用すると、ツールウィンドウの一般的な外観と動作を制御できます。

  • タブのグループ化 : ツールウィンドウで複数のビューを使用できる場合は、このオプションをオフにしてビューを別々のタブに表示します。

  • 移動 : このオプションを選択すると、Gradle ツールウィンドウが上下左右のいずれかに移動します。

  • サイズ変更 : Gradle ツールウィンドウのサイズを変更するには、このオプションを選択してください。

Hide tool window

Shift+Escape

ツールウィンドウ Shift+Escape を非表示にします。

すべてのツールウィンドウを非表示にするには、Ctrl+Shift+F12 を押します。

Gradle タスク

項目

説明

実行構成

この領域には、最後に実行されたタスクとそれらのタスクが実行されたコマンドタイプのリストが含まれています。

タスク

この領域には、利用可能なすべてのタスクのリストが含まれています。

依存関係

この領域には、プロジェクトの依存関係のリストが含まれています。

ツールバー

項目

説明

Re-import All Gradle Projects

Gradle スクリプトに変更を加えた後、このボタンをクリックして、登録されているすべての Gradle プロジェクトを再インポートします。

Link Gradle Project

このボタンをクリックして、Gradle プロジェクトをリンクします。

Unlink Gradle Projet

このボタンをクリックして、外部 Gradle プロジェクトをデタッチします。

Download Sources

このボタンをクリックすると、最初のプロジェクト同期時にダウンロードされなかったプロジェクトの依存関係のソースを手動でダウンロードできます。プロジェクトのこれらのソースを常にダウンロードしたい場合は、ビルドツール。Gradleソースのダウンロードオプションを使用します。

Run Gradle Task

このボタンを使用して、Gradle タスクを実行します。このアイコンをクリックすると、なんでも実行ウィンドウが開きます。実行するタスクの名前を入力します。複数のタスクを実行するには、スペースを使用してタスク名を入力し、各新しいタスクを区切ります。

Expand All Collapse All

これらのボタンを使用して、すべてのノードを展開または縮小します。

Select Project Data to Import

このボタンをクリックして、インポートするプロジェクトデータダイアログを介してモジュールまたはデータを Gradle プロジェクトにインポートします。これは、複数モジュールのプロジェクトに役立つ可能性があります。

Toggle Offline Mode

オフラインモードで Gradle プロジェクトを操作するには、このボタンをクリックします。この場合、Gradle はキャッシュからの依存関係を使用します。Gradle は、依存関係の解決を実行するためにネットワークにアクセスしようとしません。必要な依存関係がキャッシュに存在しない場合、ビルドの実行は失敗します。また、オフラインモードが有効になっている場合、プロジェクトを開いたり同期したりできない可能性があります。

Analyze Dependencies

このアイコンをクリックして、依存関係アナライザーウィンドウを開きます。

Show Diagram

このアイコンをクリックして Gradle 依存関係を生成します。

Build Tools Settings

このアイコンを使用して、次の設定にアクセスします。

  • 自動再ロード設定 : ビルドツール設定ダイアログで Gradle プロジェクトの再ロードプロセスを構成するには、このオプションを選択します。

  • Gradle 設定 : Gradle 設定ダイアログで現在の Gradle プロジェクトの設定を構成するには、このオプションを選択します。

インポートする Gradle プロジェクトデータダイアログ

このダイアログは、Gradle ツールウィンドウのツールバーで Select Project Data to Import をクリックすると表示されます。このダイアログを使用して、プロジェクトに外部モジュールを追加します。これは、複数のモジュールがあるプロジェクトに役立つ場合があります。

項目

説明

プロジェクトに含めるモジュールやデータを選択してください

この領域を使用して、使用可能な外部モジュールまたは現在のプロジェクトのデータのリストを表示します。

Select All

リストからすべてのモジュールを選択します。

Unselect All

選択したモジュールのリストをクリアします。

Show Selected Only

選択したモジュールのみを表示します。

Select Required 選択必須

このアイコンをクリックすると、モジュール間の依存関係が不明な場合に備えて、IntelliJ IDEA が適切なモジュールを選択します。

コンテキストメニュー

項目

説明

Open Gradle Config

このオプションを選択するか、ショートカットを使用して build.gradle ファイルを開きます。

Re-import Gradle Project

このオプションを選択して、プロジェクトを再インポートします。

Unlink Gradle Project

外部プロジェクトを切り離すには、このオプションを選択します。

Gradle プロジェクトを無視

選択したプロジェクトを無視 / 無視するには、このオプションを選択します。

Gradle 依存関係のリフレッシュ

プロジェクトの依存関係をリフレッシュするには、このオプションを選択します。

依存関係の表示 / 依存関係の表示ポップアップ

これらのオプションを使用して、Gradle 依存関係ダイアグラムを生成します。

タスクのアクティブ化

タスクのアクティベーションフェーズの追加、編集、削除に対してこのオプションを選択します。Gradle マルチモジュールプロジェクトでの作業に役立つ場合があります。

Gradle タスクのコンテキストメニューコマンド

コマンド

説明

<タスク> の実行

このコマンドを選択して、タスク固有の実行 / デバッグ構成で選択したタスクを実行します。

<タスク> のデバッグ

タスク固有の実行 / デバッグ構成で選択したタスクをデバッグするには、このコマンドを選択します。

<タスク> の作成

選択した Gradle タスクの実行 / デバッグ構成の作成に対してこのコマンドを選択してください。

<タスク> を選択

このコマンドを選択して、選択した Gradle タスクの構成をアクティブにします。選択したタスクの既存の構成がない場合、このオプションは無効になり、作成オプションに置き換えられます。

同期前に実行、同期後に実行

これらのコマンドを選択して、選択したタスクにそれぞれのフラグを設定します。この場合、ノード名の横に同期 前と同期 後のコメントが表示されます。

ビルド前に実行、ビルド後に実行

これらのコマンドを選択して、選択したタスクにそれぞれのフラグを設定します。この場合、ビルド前とビルド 後のコメントがノード名の横に表示されます。

再構築の前に実行、再構築の後に実行

これらのコマンドを選択して、選択したタスクにそれぞれのフラグを設定します。この場合、ノード名の横に「再構築 前」および「再構築 後」のコメントが表示されます。

ショートカットの割り当て

このコマンドを選択して、選択したフェーズをキーボードショートカットと関連付けます。この場合、ショートカット付きのコメントがノード名の横に表示されます。

関連ページ:

Gradle

IntelliJ IDEA は、Gradle との完全に機能的な統合をサポートし、構築プロセスの自動化を支援します。新しい Gradle プロジェクトを簡単に作成し、既存のプロジェクトを開いて同期し、リンクされた複数のプロジェクトを同時に操作して、管理できます。Gradle プロジェクトを作成して WSL 環境に保存したり、WSL ファイルシステムから開いたりすることもできます。詳細については、WSL のセクションを参照してください。新規 Gradle プロジェクトを作成する新規プロジェクトウィザー...

Gradle プロジェクト

IntelliJ IDEA では、Gradle プロジェクトを管理できます。リンク、プロジェクトの無視、プロファイルの操作、Gradle プロジェクトと IntelliJ IDEA プロジェクトの変更の同期を行うことができます。Gradle コンポジットビルド、Gradle ソースセット、ビルドおよび実行アクションを構成することもできます。build.gradle ファイルに移動する:Gradle ツールウィンドウで、リンクされたプロジェクトを右クリックします。コンテキストメニューから Gradle...

ツールウィンドウの表示モード

デフォルトでは、ツールウィンドウはメインウィンドウの端にアタッチされ、常に表示されています。たとえば、特定のツールウィンドウの表示モードを変更して、アクティブな場合にのみ表示したり、ツールウィンドウバーから切り離したりできます。ツールウィンドウの表示モードを変更するメインメニューでに移動し、表示モードを選択します。あるいは、ツールウィンドウのタイトルバーでまたはをクリックし、を選択して、表示モードを選択します。次のツールウィンドウの表示モードを使用できます。ドック (ピン留め): これは、ツール...

詳細設定

IntelliJ IDEA は、頻繁に使用する標準設定に加えて、特定の製品機能の動作を微調整するために使用できるさまざまな高度なオプションを提供します。詳細設定はさまざまなセクションで構成されているため、検索フィールドを使用して、関心のあるセクションまたは必要なオプションにすばやく移動できます。詳細オプションの一部にはレジストリキーが関連付けられているため、レジストリキーを検索することもできます。ブックマーク:ポップアップで行のブックマークのみを表示デフォルトでは、IntelliJ IDEA

Gradle タスク

Gradle タスクは、Gradle ビルドサイクルで実行される小さな作業です。タスクの概念の詳細については、「Gradle のドキュメント」を参照してください。IntelliJ IDEA を使用すると、プロジェクト内の Gradle タスクを実行、デバッグ、管理できます。Gradle タスクの実行:Gradle タスクを実行するには、いくつかの方法を使用できます。たとえば、なんでも実行ウィンドウから実行構成を使用して、コンテキストメニューから実行したり、1 つの実行構成で複数のタスクを実行したり...

オフラインで作業する

IntelliJ IDEA の多くの機能では、インターネットへのアクセスが必要です。オフラインで作業している場合(たとえば、隔離された環境で)、留意すべきいくつかの側面があります。オフラインでドキュメントにアクセスするオンラインヘルプを表示するためのインターネットアクセスがない場合は、IntelliJ IDEA ヘルププラグインを使用できます。IntelliJ IDEA ヘルププラグインは、オフラインで使用するために組み込みの Web サーバーを介してヘルプページを提供します。更新:デフォルト...