IntelliJ IDEA 2020.2ヘルプ

JSF

IntelliJ IDEAのJavaServer Faces(英語)(JSF)に対するサポートには以下が含まれます:

  • コード補完による JSF対応のコーディング支援。

  • JSF コードのフォーマットと折りたたみ、および構文とエラーの強調表示。

  • ページナビゲーションルールを定義するグラフィカルエディター。

  • JSF 2.0サポート、特に:

    • Annotated Managed Beansは、コード補完でのサポート、リファクタリングのリファクタリング、使用状況の検索、宣言への移行などを行っています。JavaコードからマネージドBeanを直接参照する機能があります。

    • テンプレートサポートの改善( ui:define タグの name 属性の補完、検証、およびナビゲーション)。

    • ActionSourcesとValueHoldersのサポート。

    • 複合コンポーネントの targets 属性のサポート。

    • 複合コンポーネントの実装におけるELの拡張サポートなど

  • 専用のJSFツールウィンドウは、すべてのJSF関連の設定を1か所で集約し、注釈付き要素とxml要素の両方を簡単に分析してナビゲートできるようにします。

  • @ResourceDependencies@ResourceDependency 注釈がサポートされています。

  • ネイバーページおよび絶対パスの補完、使用箇所検索、および名前変更リファクタリングを含む簡略化されたナビゲーションルールのサポート。

  • リソースハンドラのサポート:コード補完、構文とエラーの強調表示、使用箇所の検索とリファクタリング

  • 複合コンポーネントのサポート:コード補完、リファクタリング、使用状況の検索など

  • コード補完、エラー・ハイライト、および最も一般的なJSFコンポーネント・ライブラリの基本リファクタリング:

最終更新日: 2020年5月08日

関連ページ:

コード補完

このセクションでは、コーディングプロセスのスピードアップを可能にするコンテキスト対応コード補完のさまざまなテクニックについて説明します。基本補完:基本コード補完は、可視性スコープ内のクラス、メソッド、フィールド、およびキーワードの名前を完成させるのに役立ちます。コード補完を呼び出すと、Intelli...

コード・スタイル

macOSのIntelliJ IDEA | 環境設定 | エディター | コード・スタイルスキーム:この領域では、コードスタイルスキームを選択し、必要に応じて変更します。コードスタイルスキームの設定は、IntelliJ IDEAがコードを生成、リファクタリング、または再フォーマットするたびに自動的に...

JSFツールウィンドウ

JSFツールウィンドウは、JSFリソースの分類された階層ビューを提供します。階層の最上部にはモジュールがあります。下の1つのレベルはカテゴリです。カテゴリはJSF要素タイプ(マネージドBean、コンバータ、コンポーネントなど)に対応しています。カテゴリを表示または非表示にすることができます。エディタ...

JavaFXアプリケーションのパッケージ化

JavaFXアプリケーションをパッケージ化するには、対応するアーティファクト(Javaアーカイブ)を構築します。JavaFXアプリケーションの場合、IntelliJ IDEAは専用のアーティファクトタイプJavaFx アプリケーションを提供します。JavaFXアーティファクトを構築する:JavaFX...

JSFアプリケーション開発の準備

Java Server Facesプラグインが有効になっていることを確認する設定/環境設定ダイアログ を開き、プラグインを選択します。ダイアログの右側のインストール済みタブでJava EE: Java Server Facesプラグインを見つけ、その横のチェックボックスが選択されていることを確認し...