IntelliJ IDEA 2020.3 ヘルプ

インライン化

インライン化リファクタリングを使用すると、メソッド、コンストラクター、パラメーター、スーパークラス、匿名クラス、変数のリファクタリングを元に戻すことができます。

Java 14 バージョン以降、パターン変数をインライン化できます。この場合、すべての出現箇所が古いスタイルのキャスト式に置き換えられます。

  1. インライン化するコードフラグメント内にキャレットを配置します。

  2. Ctrl+Alt+N を押します。または、メインメニューまたはコンテキストメニューからリファクタリング | インライン化を選択します。

  3. インライン化ダイアログで、インライン化オプションを指定します。

  4. プレビューと変更の適用

    変数のインライン化

    変数のインライン化リファクタリングは、冗長な変数の使用をイニシャライザに置き換えます。

    public void method() { int number = anotherClass.intValue(); int b = a + number; }
    public void method() { int b = a + anotherClass.intValue(); }
    public void method() { AnotherClass.InnerClass aClass = anotherClass.innerClass; int a = aClass.i; }
    public void method() { int a = anotherClass.innerClass.i; }

    メソッドのインライン化

    メソッドのインライン化は、メソッドの本体を呼び出し元の本体に配置します。

    public void method() { int c=add(a,b); int d=add(a,c); } private int add(int a, int b) { return a+b; }
    public void method() { int c= a + b; int d= a + c; }
    public ArrayList method() { String[] strings = {"a","b","c"}; ArrayList list=add(strings); return list; } private ArrayList add(String[] strings) { ArrayList list = new ArrayList(); for (int i=0; i< strings.length; i++) {list.add(strings[i]);} return list; }
    public ArrayList method() { String[] strings = {"a","ab","abc"}; ArrayList list1 = new ArrayList(); for (int i=0; i< strings.length; i++) {list.add(strings[i]);} ArrayList list = list1; return list; }

    インラインコンストラクター

    インラインコンストラクターは、コンストラクターのうちの 1 つが別のものの特殊ケースである場合、コンストラクターのチェーンを圧縮することを可能にします。

    public class Class { public int varInt; public Class() { this(0); } public Class(int i) { varInt=i; } public void method() { Class aClass=new Class(); ... } }
    public class Class { public int varInt; public Class(int i) { varInt=i; } public void method() { Class aClass=new Class(0); ... } }

    インラインスーパークラス

    インラインスーパークラスリファクタリングによって、スーパークラスのメソッドが使用されているクラスにプッシュされ、スーパークラスが削除されます。

    public class Bar { ... int calculations1() { ... } int calculations2() { ... } } class Foo extends Bar { int someMethod() { ... if (something > calculations1()) { ... return calculations2(); } ... } }
    class Foo { ... int someMethod() { ... if (something > calculations1()) { ... return calculations2(); } ... } int calculations1() {...} int calculations2() {...} }

    匿名クラスにインライン化

    匿名クラスにインライン化リファクタリングにより、冗長クラスをそのコンテンツに置き換えることができます。
    Java 8 以降、インライン化された匿名クラスは自動的にラムダに変換できます。

    import java.util.*; public class Main { public class MyComparator implements Comparator<String> { @Override public int compare(String s1, String s2) { return 0; } } void sort(List<String> scores) { scores.sort(new MyComparator()); } }
    import java.util.*; public class Main { void sort(List<String> scores) { scores.sort((s1, s2) -> 0); } }

    関連ページ:

    変数の抽出 / 導入

    変数の抽出リファクタリングは、理解しにくい表現を見つけたり、コード全体のいくつかの箇所で重複したりすると、そのような表現やその部分の結果を複雑ではない別の変数に配置する際に役立ちます。理解しやすいさらに、コードの重複を減らすことができます。Java 1.8 以降のバージョンから、IntelliJ IDEA では機能型変数も抽出できます。Java バージョンがパターンマッチング(Java 14 プレビュー以降)をサポートしていて、チェックでキャスト式を抽出している場合、IntelliJ IDEA...

    一般化リファクタリング

    一般化リファクタリングは、ジェネリクスを使用しない既存のコードをジェネリクス対応コードに変換するように設計されています。リファクタリングは既存のコードを分析し、各生の型に対して安全で一貫したパラメーター型を作成します。プロジェクトビューまたは構造ビューでコード変換のレベル(メソッド、クラス、パッケージ、またはディレクトリ)を選択するか、エディターのクラスまたはメソッド名にカーソルを置きます。ジェネリクスを単一のコードフラグメントに適用する場合は、エディターで 1 つを選択します。メインメニューま...

    ブール値の反転

    ブール値の反転リファクタリングでは、ブールメソッドまたは変数の意味を反対のものに変更できます。このリファクタリングは UML クラス図からも利用できます。キャレットを、リファクタリングするメソッドまたは変数の名前に置きます。メインまたはコンテキストメニューで、を選択します。表示されたダイアログで、反転されたメソッドまたは変数の名前を指定します。プレビューと変更の適用。例:private double a; ... public boolean method() { if (a > 15 &...