IntelliJ IDEA 2021.1 ヘルプ

GitHub

IntelliJ IDEA を使用すると、GitHub(英語) でホストされている Git プロジェクトを IDE から直接管理できます。リポジトリのクローンプロジェクトの共有フォークの作成、gist を介したコードの共有プルリクエストの作成、受信したプルリクエストの確認を行えます

GitHub アカウントを登録する

GitHub でホストされているリポジトリからデータを取得したり、プロジェクトを共有したりするには、GitHub アカウントを IntelliJ IDEA に登録する必要があります。

既存のアカウントを登録する

  1. 設定 / 環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+S で、左ペインのバージョン管理 | GitHub を選択します。

  2. the Add button をクリックします。

  3. 表示されるダイアログで、GitHub サーバーの URL(github.com またはエンタープライズインスタンス)を指定します。

  4. 以下のいずれか 1 つを実行します:

    • すでにトークンがある場合は、トークンを使用するリンクをクリックして貼り付けます。

    • 新しいトークンを取得する場合は、ログイン名とパスワードを入力します。二要素認証(英語)を有効にしている場合、SMS またはモバイルアプリケーションを介して送信されるコードを入力するよう求められます。GitHub トークンの詳細については、個人用アクセストークンの作成(英語)を参照してください。

    トークンの repogist、および read:org スコープがアカウント権限で有効になっている必要があります(スコープの理解(英語)を参照)。

新しい GitHub アカウントを作成する

  1. 設定 / 環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+S で、左ペインのバージョン管理 | GitHub を選択します。

  2. アカウントを追加をクリックし、表示されるダイアログで Github にサインアップをクリックします。

  3. 開いている GitHub にサインアップページにアカウントを登録してください。

  4. IntelliJ IDEA の設定に戻り、資格情報を指定します。

複数のアカウントを管理する

IntelliJ IDEA で複数の GitHub アカウントを使用することができます。たとえば、オープンソースプロジェクトで作業する個人アカウント、メインジョブの企業アカウントなどがあります。

  1. 設定 / 環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+S で、左ペインのバージョン管理 | GitHub を選択します。

  2. add icon ボタンを使用して、必要な数のアカウントを追加します。

  3. (オプション)アカウントを現在のプロジェクトのデフォルトとして設定するには、アカウントを選択して the Check button をクリックします。デフォルトのアカウントが設定されている場合、IntelliJ IDEA は、GitHub でプロジェクトを共有するとき、フォークをリベースするとき、プルリクエストを作成するとき、または gist を作成するときに、使用するアカウントの選択を求めません。

関連ページ:

Git | IntelliJ IDEA

Git リモートのパスワードを設定する:リモート Git リポジトリと対話するたびに(たとえば、プル、更新、またはプッシュ操作中)、許可が必要です。パスワードを記憶するように IntelliJ IDEA を構成できるため、許可が必要になるたびに資格情報を指定する必要はありません。パスワードポリシーを設定する設定 / 環境設定ダイアログで、左側の外観および振る舞い | システム設定 | パスワードを選択します。IntelliJ IDEA が Git リモートリポジトリのパスワードを処理する方法...

GitHub 上のプロジェクトに貢献する | IntelliJ IDEA

GitHub でホストされているプロジェクトに貢献したいと思っていて、直接的にプッシュできない場合は、以下のワークフローを実行してください: 貢献したいプロジェクトのフォークを作成します。このフォークのクローンを作成して、ローカルリポジトリを作成します。元のプロジェクトのコピーに変更を加え、コミットしてプッシュします。作業の結果を共有する準備ができたら、元のプロジェクトのマスターブランチの現在のヘッドにフォークをリベースします。これは、変更がフォークの作成後にプッシュされた新しいコミットと競合しな...

リモート Git リポジトリと同期する (フェッチ、プル、更新) | IntelliJ IDEA

変更をアップストリームにプッシュして作業の結果を共有する前に、リモートリポジトリと同期して、プロジェクトのローカルコピーが最新であることを確認する必要があります。これは、変更のフェッチ、変更のプル、またはプロジェクトの更新のいずれかの方法で行うことができます。Git ブランチポップアップは、ブランチにまだフェッチされていない受信コミットがあるかどうかを示します。変更のフェッチ:アップストリームから変更をフェッチすると、最後にリモートリポジトリと同期してから行われたコミットからのすべての新しいデー...

変更をコミットして Git リポジトリにプッシュする | IntelliJ IDEA

Git リポジトリに新しいファイルを追加した後、またはすでに Git バージョン管理下にある変更されたファイルを追加し、それらの現在の状態に満足したら、作業の結果を共有できます。これには、リポジトリのスナップショットをプロジェクト履歴に記録するためにローカルにコミットしてから、プッシュをリモートリポジトリにコミットして、他のユーザーが利用できるようにすることが含まれます。Git ユーザー名を設定する Git は、コミットを ID に関連付けるために、ユーザー名を知っている必要があります。ユーザー名...

Git プロジェクト履歴を編集する | IntelliJ IDEA

Git を使用すると、プロジェクト履歴を編集できます。これは、機能ブランチで作業していて、他の人と共有する前に、それをクリーンアップして希望どおりに表示したい場合に便利です。例: コミットメッセージを編集したり、同じ機能に関連する小さなコミットをまとめたり、無関係な変更を含むコミットを個別のコミットに分割したり、前のコミットに変更を追加したりできます。コミットメッセージを編集する:変更する必要があるのがコミットメッセージだけであれば、このコミットをプッシュする前にそれを編集できます。Git ツー...