IntelliJ IDEA 2020.3 ヘルプ

検索ツールウィンドウ

表示 | ツールウィンドウ | 検索
Alt+3

検索ツールウィンドウには、次の検索結果が表示されます。

各検索の結果は、別のタブに表示されるか、または新規タブで開くダイアログ設定に応じて、現在のタブの内容を置き換えます。デフォルトでは、ウィンドウが画面の下部に表示されます。

一連のボタン、結果のウィンドウ、およびパス内置換構造置換リファクタリングのプレビュー操作用の追加ボタンを含むツールバーがあります。

ツールバーボタン

項目 ツールチップとショートカット 説明
the Settings button オプション
Ctrl+Alt+Shift+F7
このボタンをクリックして、シンボルに対応する使用箇所の検索ダイアログの 1 つを開きます。検索設定を編集し、再実行ボタンをクリックして、変更された検索クエリを実行できます。
the Rerun button 再実行
Ctrl+F5
最後の検索を繰り返します。このボタンは、コードカバレッジ結果の表示には使用できません。
the Close button 閉じる
Ctrl+Shift+F4
現在のタブまたはツールウィンドウを閉じます。このボタンは、パス内置換およびリファクタリングのプレビューダイアログでは使用できません。
Icons general pin tab タブをピン留め 現在のタブを固定または固定解除するには、このボタンをクリックします。このウィンドウで最大数のタブに達したときにタブが自動的に閉じないようにするには、タブを固定する必要があります。
Expand all
Collapse all
すべて展開
Ctrl+NumPad +
すべて折りたたむ
Ctrl+NumPad -
これらのボタンを使用して、すべてのノードを展開または折りたたんでください。
Previous occurrence / Next occurrence 前 / 次の発生
Ctrl+Alt+Up
Ctrl+Alt+Down
結果のタブ内の前 / 次の要素に移動します。
Group by グループ化

このアイコンをクリックして、次のグループ化オプションのメニューを開きます。

  • ファイル構造 Ctrl+S: このオプションを選択して、対応するメソッドノードに見つかった使用箇所を表示します。

  • モジュール Ctrl+Alt+M: このオプションを選択すると、見つかった使用箇所が対応するモジュールまたはライブラリノードに表示されます。

  • モジュールをフラット化 Alt+O: すべてのモジュールを単一レベルのツリービューとして表示するには、このオプションを選択します。

  • パッケージ Ctrl+P: このオプションを選択すると、それぞれのパッケージで見つかったすべての使用箇所が表示されます。

  • ディレクトリ構造 Ctrl+Alt+D: このオプションを選択すると、シンボルが見つかったディレクトリのシンボルのすべての使用箇所を表示します。

  • テスト / プロダクション : このオプションを選択して、プロダクションおよびテストスコープに従って用途をグループ化します。

  • 使用状況タイプ Ctrl+T: このオプションを選択すると、検索結果は次のカテゴリ別にグループ化されます。
    • インスタンス

    • インポート

    • キャストターゲットタイプ

    • extends / implements 句

    • クラスの static メンバーへのアクセス

    • メソッドの throws リスト

    • .class

    • フィールド宣言

    • ローカル変数宣言

    • メソッドパラメーター宣言

    • catch 句のパラメーター宣言

    • メソッドの戻り値の型

    • 別のオブジェクトインスタンスに委譲する

    • 異なるパラメーターを持つ別のオブジェクトインスタンスに委譲する

    • スーパーへの代理人

    • 異なるパラメーターを持つスーパーに代理人

    • 再帰的メソッド呼び出し

    • ストリング定数

    • コメント

    • カテゴリに関係のない未分類の使用

  • 同じ行の使用箇所をマージする : このオプションを選択して、同じ行にある重複した使用箇所をマージします。

Show read access 読み取りアクセスを表示
Ctrl+R
このボタンは使用箇所の検索でのみ使用できます。
このボタンを押すと、検索結果には読み取りアクセスメソッドへの参照が含まれます。
Show write access 書き込みアクセスを表示
Ctrl+W
このボタンは使用箇所の検索でのみ使用できます。
このボタンを押すと、検索結果に書き込みアクセスメソッドへの参照が含まれます。
Show import statements インポート文を表示
Ctrl+I
このボタンは使用箇所の検索でのみ使用できます。
このボタンを押すと、検索結果にインポート文の使用箇所が含まれます。
the Preview Usages button プレビュー用途 このアイコンをクリックして、検索結果の横にあるプレビューペインを開きます。
すべての置換を実行 Alt+D このボタンをクリックすると、結果の現在のタブにあるすべての項目が置換されます。
選択範囲を置換 Alt+L 結果の現在のタブで選択した出現箇所を置き換えるには、このボタンをクリックします。
リファクタリング実行 Alt+D このボタンをクリックすると、現在の検索結果のすべてのリファクタリングが実行されます。
キャンセル Alt+C 検索結果を破棄して結果タブを閉じるには、このボタンをクリックします。
すべて置換 見つかったすべての出現箇所を置き換えるには、このボタンをクリックします。
選択範囲を置換 ハイライトされた出現箇所を置き換えるには、このボタンをクリックします。
置換のプレビュー このボタンをクリックすると、検索ツールウィンドウで選択したノードにどのように変更が反映されるかを表示します。この場合、対応する出現箇所がソースコードでハイライトされます。

コンテキストメニューコマンド

項目 ショートカット 説明
再実行 Ctrl+F5 アクションを再度実行し、同じタブに結果を表示します。
ソースに移動 F4 ソースコード内の選択した項目に移動します。
含む Insert 除外されたアイテムの場合 : 結果のリストにアイテムを含めます。
除外する Delete

選択した項目を結果リストから除外します。(除外された項目は取り消し線として表示されます。)

すべて置換またはリファクタリング実行コマンドを実行すると、除外された項目は影響を受けません。

除去 Ctrl+X 選択した項目を結果リストから削除します。
最近の使用箇所の検索 Ctrl+E 最近の検索のリストを表示します。検索結果を表示するには、リスト内の項目を選択します。
お気に入りに追加 選択したノードをお気に入りリストに追加します。

新しいお気に入りリストを作成して、選択したノードを追加することもできます。IntelliJ IDEA は、新しいお気に入りリストに追加オプションの横に作成されたお気に入りリストを表示します。

テキストファイルにエクスポート Alt+O 現在の結果タブの内容を保存します。プレビューのエクスポートダイアログで、ターゲットファイルを指定するか、情報をクリップボードにコピーします。保存する前に、保存する情報を変更することもできます。

上部ツールバーボタン

アイコン ツールチップ 説明
Show Options Menu オプションメニューを表示 このアイコンをクリックすると、サイドツールバーの表示または非表示、タブのグループ化、表示モードの選択、サイズ変更など、ツールウィンドウを管理するためのオプションが追加されたメニューが開きます。
Hide 非表示 ツールウィンドウを非表示にします。 Alt+3 を押して復元します。

関連ページ:

プロジェクト内のターゲットを検索および置換する

プロジェクト内でテキスト文字列を検索したり、さまざまなスコープを使用して検索プロセスを絞り込んだり、出現箇所を見つけたり、特定のアイテムを検索から除外したりできます。プロジェクトで検索文字列を見つけるメインメニューからを選択します。検索フィールドに、検索文字列を入力します。または、エディターで、検索する文字列をハイライトしてを押します。IntelliJ IDEA は、ハイライトされた文字列を検索フィールドに配置します。以前の検索のリストを表示するには、を押します。必要に応じて、追加のオプシ

使用箇所を検索

コードを記述または編集するときに、変更または削除するコード要素に遭遇する場合があります。変更を行う前に、コード要素がどこで使用され、アプリケーションにどのように影響するかを確認することをお勧めします。使用箇所の検索アクションを使用すると、コードベース全体でコード要素の参照を検索できます。検索プロセスを管理し、単一のファイルのみで検索したり、検索をプロジェクト全体に拡張したり、特定の検索範囲を作成したりできます。さらに、使用箇所のハイライトの色を構成したり、用途の自動ハイライトを完全に無効にしたり...

構造検索と置換

従来の検索プロセスでは、ソースコードの構文とセマンティクスは考慮されていません。正規表現を使用する場合でも、IntelliJ IDEA はコードを正規テキストとして扱います。構造検索および置換(SSR)アクションを使用すると、コード構造を考慮して、コード内の特定のコードパターンまたは文法構造を検索できます。IntelliJ IDEA は、作成した検索テンプレートと適用した条件に基づいて、ソースコードのフラグメントを見つけて置き換えます。IntelliJ IDEA は、Kotlin の構造検索およ...

コードリファクタリング

リファクタリングは、新しい機能を作成せずにソースコードを改善するプロセスです。リファクタリングは、コードを安定した dry に保ち、保守を容易にできます。リファクタリングの呼び出し:リファクタリングするアイテムを選択します。エディターでプロジェクトツールウィンドウまたは式 / シンボルでファイル / フォルダーを選択できます。選択可能なリファクタリングのリストを開くには、を押します。または、特定のリファクタリング用のキーボードショートカットを使用することもできます。リファクタリングを元に戻す必要...

データベースツールウィンドウ

概要:データベースツールウィンドウでは、データベースと DDL データソースを操作できます。データベースのデータ構造を表示および変更したり、その他の関連タスクを実行したりできます。テーブルを表示するには、テーブルをダブルクリックします。さまざまな表示モードの詳細については、データを表示するを参照してください。使用可能なデータソースは、データソース、スキーマ、テーブル、列のツリーとして表示されます。現在データソースが定義されていない場合は、新規コマンドを使用してデータソースを作成します。このウィ...

依存関係ビューアー

依存関係ビューアーツールウィンドウには、依存関係、逆方向および周期的な依存関係の分析結果が表示されます。依存関係分析を実行した後で利用可能になります (解析 | 依存関係) このページでは、コントロールについて説明します。依存関係の分析方法の詳細については、依存関係分析を参照してください。依存関係ビューアーのペイン:依存関係ビューアーは、次のペインで構成されています。ツールウィンドウの左上の分析コードペインにプロジェクトのファイルとパッケージのツリービューが表示されます。依存関係を検索するノード...