IntelliJ IDEA 2020.3 ヘルプ

フィールドの導入

フィールドの導入リファクタリングでは、新しいフィールドを宣言し、選択した式で初期化することができます。元の式はフィールドの使用箇所に置き換えられます。

その場でフィールドを抽出する

  1. フィールドに抽出するコードの一部内にキャレットを配置します。

  2. Ctrl+Alt+F を押すか、メインメニューからリファクタリング | フィールドの導入を選択します。

  3. 導入する式をフィールドとして選択します。

    Extract field
    IntelliJ IDEA がコード内に複数の出現箇所を検出した場合、置き換える出現箇所を指定できます。
    Extract field occurrences
    Extract multiple occurrences of a field
    Ctrl+Alt+F を 2 回押してフィールドの導入ダイアログを開くと、可視性オプションや変数を初期化するためのオプションなどの詳細を指定できます。
    Extract field dialog

サンプル

anotherClass.intValue(); 変数をフィールドに抽出しましょう。結果として、IntelliJ IDEA は選択された変数名を number に変更し、それを private int number フィールドとして宣言します。

public class Class { AnotherClass anotherClass; public void method() { int a = 1; int b = a + anotherClass.intValue(); int c = b + anotherClass.intValue(); } }
public class Class { public AnotherClass anotherClass; private int number; public void method() { int a = 1; number = anotherClass.intValue(); int b = a + number; int c = b + number; } }

関連ページ:

定数の抽出

定数の抽出リファクタリングにより、ソースコードを読みやすく保守しやすくなります。また、ハードコードされた定数を値や目的について何の説明もしないで使用するのを避けるのに役立ちます。エディターで、定数で置き換えたい変数の式または宣言を選択します。を押して定数を入力するか、を選択します。デフォルトでは、IntelliJ IDEA はインプレースリファクタリングを使用します。リファクタリングに定数の抽出ダイアログを使用するには、設定 / 環境設定ダイアログを開き、エディター | コード編集に移動して、...

インターフェースの抽出

インターフェースの抽出リファクタリングでは、次のオプションがあります。クラスのメソッドに基づいてインターフェースを作成します。元のクラスの名前を変更し、新しく作成されたインターフェースを実装します。そのような場合、IntelliJ IDEA は元のクラスのすべての使用箇所を変更して、可能であればインターフェースを使用します。さらに、初期クラスで宣言された静的最終フィールドは、インターフェースに移動できます。その結果、特定のメソッドとフィールドを含むインターフェースが作成されます。これにより、指定...