IntelliJ IDEA 2019.2ヘルプ

外部注釈

ソースコードに注釈を保存することは必ずしも便利ではありません。例:全員が異なるIDEを使用するチームでプロジェクトに取り組んでいる場合、ライブラリークラスを使用している場合、または注釈からコードを解放したい場合。これは、外部注釈を使用できる場合です。

外部注釈は、annotations.xmlというXMLファイルのソースコードの外に保存される通常の注釈です。

コードでは、外部注釈は External annotation icon ガターアイコンでマークされ、グレーで強調表示されます。デフォルトでは、IntelliJ IDEAはエディターに外部注釈を表示します。

External annotations in the editor

外部注釈を有効にする

外部注釈を使用するには、設定でこのオプションを有効にする必要があります。このステップをスキップすると、ライブラリーコードに外部から注釈を付けることはできますが、外部注釈をソースコードに使用することはできません。

  1. Ctrl+Alt+S を押して設定/環境設定ダイアログを開きます。

  2. エディター | コード・スタイル | Java | コード生成に移動し、外部の注釈を使用するチェックボックスを選択します。

  3. 変更を適用し、ダイアログを閉じます。

注釈を外部にする

通常の注釈を外部注釈にすばやく変換するには、その場所にキャレットを置いて Alt+Enter を押して(またはインテンションアクション Intention action icon アイコンをクリックして)、注釈を外部にを選択します。

新しい注釈を追加する

  1. 注釈を付ける要素の Alt+Enter を押します(または、インテンションの Intention action icon アイコンをクリックします)。

  2. 注釈<要素> <要素名> (たとえば、Annotate field 'out')を選択して、注釈を選択します。

    Adding a new external annotation

    注釈が1つしかない場合は、<element> <element name>に@ <Annotation>注釈を付けます。オプション(たとえば、Annotate class 'String' as @Deprecated)を選択します。

  3. 次のダイアログで、外部から追加するをクリックします。

  4. 外部注釈(外部注釈ルート)を使用してファイルを格納するディレクトリーを指定します。

    このモジュール内の次の外部注釈はすべて同じフォルダーに格納されます。複数の注釈ルートがある場合、IntelliJ IDEAは使用するものをあなたに確認します。

注釈のルートディレクトリーを設定する

注釈ルートディレクトリーは、プロジェクトの現在のモジュールで使用されている外部注釈を保存するフォルダーです: 新しいルートを変更、削除、追加することができます:

  1. Ctrl+Shift+Alt+S を押してプロジェクト構造ダイアログを開きます。

  2. モジュール | パスに移動します。

  3. モジュールに接続された外部注釈を管理できる外部注釈領域を見つけます。

注釈はプロジェクトレベルでも設定できます。プロジェクト構造ダイアログで、SDK | 注釈をクリックします。

外部注釈を非表示

外部注釈は、デフォルトでエディターに表示されます: コードから隠すことができます:

  1. Ctrl+Alt+S を押してエディター | 一般 | 外観を選択します。

  2. 外部の注釈をインラインで表示するチェックボックスをクリアします。

  3. 変更を適用し、ダイアログを閉じます。

外部注釈が隠されている場合、ガター内の External annotation icon アイコンのみがコード内にその存在をマークします。

Mavenから外部注釈をダウンロードする

外部の注釈をMavenの成果物として保管し、ライブラリーと一緒にダウンロードすることができます。そうするには、Maven リポジトリーからライブラリーをダウンロードダイアログの注釈チェックボックスを選択します。

Downloading a library from Maven

IntelliJ IDEAは、annotations 分類子を使用してすべての成果物を検索し、それらがリポジトリーで使用可能な場合はダウンロードします。

最終更新日: 2019年8月19日

関連事項

関連ページ:

ライブラリー

ライブラリーは、モジュールが依存できるコンパイル済みコードの集合です。IntelliJ IDEAでは、グローバル(多くのプロジェクトで使用可能)、プロジェクト(プロジェクト内のすべてのモジュールで使用可能)、およびモジュール(1つのモジュールで使用可能)の3つのレベルでライブラリーを定義できます。J...

null の推測

IntelliJ IDEAのnull許容度分析により、コードをスキャンしてと注釈をコードに追加することができます。この分析は、コード内の契約違反を検出するのに役立ち、可能であればnullチェックを提案します。null可否分析を実行するメインメニューからを選択します。注釈付きのライブラリーをクラスパス...

スペルチェック

IntelliJ IDEAを使用すると、テキスト文字列、コメント、リテラル、コミットメッセージなど、すべてのソースコードのスペルが正しいことを確認できます。この目的のために、IntelliJ IDEAには専用のタイポインスペクションが用意されています。これはデフォルトで有効になっています。テキスト文...

コードスタイル: Java

WindowsとLinux用のmacOS用このセクションを使用して、Javaファイルのフォーマットオプションを構成します。これらの設定を変更すると、変更の結果がプレビューペインに表示されます。タブとインデント:タブ文字を使用このチェックボックスをオンにすると、タブ文字が使用されます。キーを押すと、イ...

@Nullableおよび@NotNull

および注釈を使用すると、変数、パラメータ、または戻り値のNULL可否をチェックできます。これらは、メソッド階層全体の契約を制御できます。IntelliJ IDEAに契約違反がある場合、検出された問題を報告し、が発生する可能性のあるコードを指します。例:パラメータに注釈があるメソッドを作成し、このメソ...