IntelliJ IDEA 2020.2ヘルプ

バージョン管理を有効にする

IntelliJ IDEAは2つのレベルでバージョン管理統合をサポートします。

  • IDEレベルでは、VCS統合は、デフォルトで有効になっているバンドルされたプラグインのセットを通じて提供されます。

  • プロジェクトレベルでは、プロジェクトフォルダーを1つまたは複数のバージョン管理システムと関連付けることで、VCS統合が有効になります。

プロジェクトルートをバージョン管理システムに関連付ける

IntelliJ IDEAを使用すると、プロジェクトとバージョン管理システムとの統合をすばやく有効にして、プロジェクトルートと関連付けることができます。別々のプロジェクトディレクトリを異なるバージョン管理システムに関連付ける方法については、ディレクトリをバージョン管理システムに関連付けるを参照してください。

  1. VCS 操作のポップアップ Alt+` またはメインVCSメニューからバージョン管理統合を使用可能にするを選択します。

  2. 表示されるバージョン管理統合を使用可能にするダイアログで、プロジェクトルートに関連付けるバージョン管理システムをリストから選択します。

  3. VCS統合を有効にすると、IntelliJ IDEAは、VCSを介してプロジェクト設定ファイルを共有するかどうかを確認します。常に追加を選択して、IntelliJ IDEAで作業する他のリポジトリユーザーとプロジェクト設定を同期できます。

    Notification prompting to select how to treat configuration files

    これはGitとMercurialにのみ適用されることに注意してください。

ディレクトリをバージョン管理システムに関連付ける

IntelliJ IDEAはディレクトリベースのバージョン管理モデルをサポートしています。つまり、各プロジェクトディレクトリは異なるバージョン管理システムに関連付けることができます。

  1. 設定/環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+Sで、バージョン管理を選択します。

  2. バージョン管理ページには、プロジェクトディレクトリとそれに関連付けられたバージョン管理システムのリストが表示されます(ディレクトリが追加されていない場合、リストにはプロジェクトルートのみが含まれます)。

  3. 右側の追加ボタン icons.welcome.createNewProject.svg をクリックします。

  4. 開いたVCS ディレクトリ・マッピングの追加ダイアログで、ディレクトリオプションを選択します。バージョン管理システムに関連付けるディレクトリへのパスを入力するか、参照ボタン the Browse button をクリックして、表示されるダイアログでディレクトリを選択します。

  5. VCSリストから、このディレクトリ内のファイルを制御するために使用されるバージョン管理システムを選択します。このリストには、対応するプラグインが現在有効になっているバージョン管理システムのみが含まれていることに注意してください。

  6. 必要に応じて、選択したバージョン管理システムの設定を指定できるVCSの設定ボタンをクリックします。同じ設定がバージョン管理の設定ノードでも使用できます。

  7. OKをクリックしてマッピングを保存し、バージョン管理ページに戻ります。

未登録のディレクトリを管理する

GitまたはMercurial統合が有効になっているプロジェクトの場合、IntelliJ IDEAはプロジェクトディレクトリをスキャンして、IDEによって制御されていないGit / Mercurialリポジトリがあるかどうかを確認します。そのようなリポジトリが検出されると、IntelliJ IDEAは通知を表示します。

未登録のルートを追加するには、通知のルートの追加リンクをクリックします。または、バージョン管理の設定ページを開き、追加したい登録されていないルート(灰色のマークがついている)を選択し、ディレクトリをバージョン管理システムに関連付けるの手順に従います。

これらのルートについて通知されたくない場合は、通知内の無視リンクをクリックしてください。新しい未登録のリポジトリがプロジェクトに追加された場合、IntelliJ IDEAはそれらについて通知します。

VCSの関連付けを変更する

  1. 設定/環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+Sで、バージョン管理を選択します。

  2. バージョン管理ページには、プロジェクトディレクトリとそれに関連付けられたバージョン管理システムのリストが表示されます(ディレクトリが追加されていない場合、リストにはプロジェクトルートのみが含まれます)。

  3. 別のバージョン管理システムに置きたいディレクトリに対応する行を見つけます。

  4. VCS列をクリックしてください。表示されたリストから、新しいバージョン管理システムを選択します。

  5. OKをクリックしてマッピングを保存し、バージョン管理ページに戻ります。

最終更新日: 2020年8月24日

関連ページ:

プラグインを管理する

プラグインはIntelliJ IDEAのコア機能を拡張します。彼ら:バージョン管理システム、アプリケーションサーバー、およびその他のツールとの統合を提供する、さまざまな言語とフレームワークのコーディング支援サポートを追加する、ショートカットヒント、ライブプレビュー、ファイルウォッチャーなどで生産性を...

パス選択ダイアログ

このダイアログを使用して、さまざまな状況でファイルまたはフォルダーの場所を指定します。たとえば、実行する実行可能ファイル、使用する構成ファイル、テストまたはインスペクション結果をエクスポートするファイルなどを指定します。ダイアログ名と使用可能な機能は、現在実行しているタスクによって異なります(通常、...

バージョン管理

VCS 操作のポップアップ( またはVCS | VCS 操作のポップアップ)を使用すると、VCS関連のコマンドをすばやく呼び出すことができます。ポップアップ内のアクションのリストは、現在有効になっているVCSによって異なります。VCSオペレーションポップアップコマンドのリストは設定可能です。設定/環...

バージョン管理下のファイルを管理する

VCSにファイルを追加するバージョン管理ツールウィンドウ を開き、ローカルの変更タブに切り替えます。ローカルの変更ビューの位置は、変更をコミットするために使用する方法によって異なります。コミット・ダイアログを使用している場合、コミットされていない変更は、バージョン管理ツールツールウィンドウのローカ...