IntelliJ IDEA 2018.2 Help

IntelliJ IDEAを理解する

このガイドは、IntelliJ IDEAでより生産性を高めることを目的としており、最も重要な機能の概要、ヒント、トリック、最もホットなショートカットを提供します。

ユーザー・インターフェース

IntelliJ IDEA エディターはいくつかの点で特別ですが、最も顕著なのは、ほとんどのIDE機能を移動せずに呼び出すことができるということです。ツールバーやウィンドウなどの補助コントロールが隠されているため、画面スペースを広げるレイアウトを整えることができます。

refcard 1

ショートカットを使用してツールウィンドウにアクセスすると、入力フォーカスがそのウィンドウに移動するので、すべてのキーボードコマンドをそのコンテキストで使用できます。エディタに戻るときは、Escapeを押します。

以下は、最も頻繁に必要となるツールウィンドウを呼び出すショートカットのリストです:

ツール・ウィンドウショートカット
プロジェクトAlt+1
バージョン管理Alt+9
実行Alt+4
デバッグAlt+5
ターミナルAlt+F12
エディターEscape

コードに集中したいときは、集中モードを試してみてください。すべてのツールバー、ツールウィンドウ、およびエディタタブが削除されます。このモードに切り替えるには、メインメニューで表示 | 集中モードにするを選択します。

集中モードの代替案は、 Ctrl+Shift+F12を押してすべてのツールウィンドウを隠すことです。このショートカットをもう一度押すと、レイアウトをデフォルトに戻すことができます。

ナビゲーション・バーは、プロジェクトツールウィンドウのコンパクトな代替品です。ナビゲーションバーにアクセスするには、 Alt+Homeを押します。

refcard 2

IntelliJ IDEA(ツールウィンドウとポップアップの両方)のほとんどのコンポーネントがスピード検索を提供します。この機能を使用すると、検索クエリを使用してリストをフィルタリングしたり、特定のアイテムに移動することができます。

refcard 7

詳細は、ユーザーインターフェースのガイドツアーエディタの基本ツールWindowsの操作を参照してください。

エディタの基本

IntelliJ IDEAではリファクタリングを取り消してローカル・ヒストリーからの変更を元に戻すことができるので、毎回変更の保存を確認するのは意味がありません。

最も便利なエディタのショートカットは次のとおりです。

アクション説明
現在のコード行を移動するCtrl+Shift+Up Ctrl+Shift+Down
コード行を複製するCtrl+D
1行のコードを削除するCtrl+Y
コードの行をコメント化またはコメント解除するCtrl+/
コードのブロックをコメントするCtrl+Shift+/
現在開いているファイルを検索するCtrl+F
現在のファイルを検索して置換するCtrl+R
次の出現箇所F3
前の出現箇所Shift+F3
開いているタブ間を移動するAlt+Right Alt+Left
前後にナビゲートするCtrl+Alt+Left Ctrl+Alt+Right
エディタでコードブロックを展開または折りたたむCtrl+NumPad Plus Ctrl+NumPad -
新規作成Alt+Insert
囲むCtrl+Alt+T
シンボルの強調表示Ctrl+F7

文法に基づいて選択範囲を広げるには、Ctrl+Wを押します。縮小するには、 Ctrl+Shift+Wを押します。

IntelliJ IDEAは一度に複数のコードを選択できます。 Alt+Jを使用するか、コード選択をクリックして Shift+Alt+Jを押して、任意のコードを選択/選択解除することができます。

詳細は、エディタの基本を参照してください。

コード補完

Ctrl+Spaceを押して基本補完にアクセスすると、変数、型、メソッド、式などの基本的な提案が得られます。 基本補完を2回呼び出すと、プライベートメンバーやインポートされていない静的メンバーなど、より多くの結果が表示されます。

スマート補完機能は、予想されるタイプとデータフローを認識し、コンテキストに関連するオプションを提供します。 スマート補完を呼び出すには、 Ctrl+Shift+Spaceを押します。 スマート補完を2回呼び出すと、チェーンを含むより多くの結果が表示されます。

IntelliJ IDEAがあなたのために声明を完成させるには、N/Aを押してください。 ステートメント補完は、欠落している括弧角括弧、波括弧、および必要な書式を自動的に追加します。

任意のメソッドまたはコンストラクタの推奨パラメータを表示するには、 Ctrl+Pを押します。 IntelliJ IDEAは、オーバーロードされた各メソッドまたはコンストラクタのパラメータ情報を表示し、すでに入力されたパラメータの最適な一致を強調表示します。

後置補完機能を使うと、既に入力されている式を、ドットの後に入力する接尾辞に基づいて、別のものに変換することができます。

詳細は、コードの自動補完を参照してください。

最近使ったファイル

ほとんどの場合、有限のファイルセットで作業し、それらのファイルをすばやく切り替える必要があります。リアルタイムの節約は、 Ctrl+Eを押すことによって呼び出される最近使ったファイルと呼ばれるアクションです。デフォルトでは、フォーカスは最後にアクセスされたファイルです。この操作でツールウィンドウを開くこともできます。

refcard 4

クラスに移動するCtrl+N を押すと利用でき、キャメル・ハンプ、パス、行のナビゲート、ミドルネームのマッチングなど、洗練された式をサポートします。 2回呼び出すと、プロジェクトクラスの結果が表示されます。

ファイルにナビゲートするも同様にCtrl+Shift+Nを押しても機能しますが、ファイルやフォルダに使用されます。フォルダに移動するには、式を Slash 文字で終了します。

シンボルに移動するCtrl+Shift+Alt+N を押すと利用でき、その名前でメソッドやフィールドを見つけることができます。

構造

ファイルを切り替えるときは、おそらくファイル内をナビゲートしています。 Ctrl+F12を押すのが最も簡単な方法です。ポップアップはファイルの構造を示し、それらのファイルのいずれかにすばやく移動できます。

refcard 5

選択

特定のツールウィンドウ(またはFinder / Explorer)でファイルを開く必要がある場合は、Alt+F1を押して選択アクションを実行します:

refcard 6

ナビゲーションショートカットには次のものがあります:

アクションショートカット
どこでも検索Double Shift
クラスに移動するCtrl+N
ファイルに移動するCtrl+Shift+N
シンボルに移動するCtrl+Shift+Alt+N
最近使ったファイルCtrl+E
ファイル構造Ctrl+F12
選択Alt+F1
宣言に移動するCtrl+B
タイプ階層にナビゲートするCtrl+H
UMLポップアップを表示するCtrl+Alt+U

詳細は、ソースコード内を移動するを参照してください。

クイックポップアップ

クイックポップアップは、キャレットのシンボルに関連する追加情報を確認するのに役立ちます。以下は、より生産的になりたい場合に知っておくべきポップアップのリストです。

アクションショートカット
ドキュメンテーションCtrl+Q
クイック定義Ctrl+Shift+I
使用箇所の表示Ctrl+Alt+F7
実装を表示するCtrl+Alt+B

リファクタリングの基礎

IntelliJ IDEAは、自動化されたコードリファクタリングの包括的なセットを提供し、正しく使用すると生産性が大幅に向上します。まず、リファクタリングを適用する前に何かを選択するのをやめてください。 IntelliJ IDEAは、リファクタリングする予定のステートメントを理解するのに十分なほどスマートで、いくつかの選択肢が可能な場合にのみ確認を求めます。

アクションショートカット
名前変更Shift+F6
変数の導入Ctrl+Alt+V
フィールドの導入Ctrl+Alt+F
定数を抽出するCtrl+Alt+C
メソッドを抽出するCtrl+Alt+M
パラメータを抽出するCtrl+Alt+P
インライン化Ctrl+Alt+N
コピーF5
移動F6
リファクタリングCtrl+Shift+Alt+T

詳細は、ソースコードのリファクタリングを参照してください。

使用箇所の検索

使用箇所の検索を使用すると、シンボルがクラス、メソッド、フィールド、パラメータ、または別のステートメントであっても、キャレット(カーソル)のシンボルを参照するすべてのコードをすばやく見つけることができます。 Alt+F7 を押して、使用タイプ、モジュール、ファイルごとにグループ化された参照のリストを取得するだけです。

使用箇所の検索アルゴリズムのカスタムオプションを設定する場合は、 Ctrl+Shift+Alt+F7を押すか、右パネルの最初のボタンをクリックして検索します。

探しているものがプレーンテキストの場合は、 Ctrl+Shift+Fを押してパス内検索を使用してください。

詳細は、使用箇所の検索を参照してください。

インスペクション

インスペクションは、バグの発見、デッドコードの検出、パフォーマンスの問題の検出、全体的なコード構造の改善を支援するビルトインの静的コード解析ツールです。

ほとんどのインスペクションは、問題がどこにあるかを伝えるだけでなく、すぐに対処するための迅速な修正を提供します。 Alt+Enter を押してクイックフィックスを選択します。

インスペクションは複雑すぎるため、オンザフライで実行することはできませんが、プロジェクト全体のコード解析を実行するときに使用できます。これは、メインメニューから分析 | コードのインスペクションを選択するか、または分析 | 名前でインスペクションを実行を選択してインスペクションをその名前で実行する方法のいずれかで行います。

インスペクションは潜在的な問題を抱えるコードのクイックフィックスを提供しますが、インテンションは正しいコードに自動変更を適用するのに役立ちます。キャレットのコードに該当するインテンションのリストを取得するには、Alt+Enterを押します。

詳細は、コード・インスペクションを参照してください。

コードスタイルと書式設定

IntelliJ IDEAは、編集時にコードスタイルの設定で設定したコードスタイルを自動的に適用します。ほとんどの場合、コードの再フォーマットアクションを明示的に呼び出す必要はありません。

便利な書式設定のショートカット:

アクションショートカット
コードの再フォーマットCtrl+Alt+L
行の自動インデントCtrl+Alt+I
インポートの最適化Ctrl+Alt+O

デフォルトでは、IntelliJ IDEAはタブの代わりにインデント用に通常のスペースを使用します。インデントの多いファイルがある場合は、Javaコードスタイルの設定タブ文字を使用オプションを有効にしてサイズを最適化することができます。

詳細は、ソースコードの再フォーマットを参照してください。

バージョン管理の基本

バージョンコントロールシステム(VCS)からプロジェクトをチェックアウトするには、ようこそ画面またはメインのVCSメニューでバージョン管理からチェックアウトをクリックします。

現在のファイル、ディレクトリ、またはプロジェクト全体でVCS操作をすばやく実行するには、 Alt+`を押してVCS操作ポップアップを使用します

refcard 3

VCS設定を構成すると、バージョン管理ツール・ウィンドウが表示されます。 Alt+9を押すといつでも切り替えることができます。

バージョン管理ツールウィンドウのローカルの変更タブには、ローカルの変更が表示されます。

便利なVCSショートカット:

アクションショートカット
バージョン管理ツール・ウィンドウAlt+9
VCS操作のポップアップAlt+`
変更のコミットCtrl+K
プロジェクトの更新Ctrl+T
コミットのプッシュCtrl+Shift+K

詳細は、IntelliJ IDEAによるバージョン管理を参照してください。

ブランチ

ブランチで操作を実行するには、VCSのメインメニューまたはコンテキストメニュー、VCS操作のポップアップ、またはステータスバーの右側にあるウィジェットからブランチを選択します。

複数のリポジトリの場合、 IntelliJ IDEA はすべてのブランチに対してすべてのVCS操作を同時に実行するので、手動で切り替える必要はありません。

シェルブ、スタッシュとパッチは、リポジトリにコミットせずにローカル変更の一部を保存する必要がある場合に役立ちます。その後、ファイルのリポジトリ・バージョンに切り替えて、後で変更に戻ることができます。

詳細は、ブランチを管理するを参照してください。

メイク

デフォルトでは、IntelliJ IDEAは保存時に自動的にプロジェクトをコンパイルしません。プロジェクトをコンパイルするには、メインメニューからビルド | プロジェクトのビルドを選択するか、Ctrl+F9を押します。

詳細は、アプリケーションのコンパイルを参照してください。

実行およびデバッグ

メインメニューから実行 | 構成の編集を選択して実行/デバッグ設定を作成すると、コードを実行してデバッグすることができます。

アクションショートカット
実行Shift+F10
デバッグShift+F9

デバッグモードでは、 Alt+F8を押してアクセスする式の評価ツールを使用して任意の式を評価するを実行できます。このツールはエディタと同じようにコード補完を提供するので、任意の式を入力するのは簡単です。

場合によっては、特定のメソッドにステップインしたいかもしれませんが、最初に呼び出されるメソッドではありません。この場合、 Shift+F7 を押して特定の方法を選択してスマート・ステップ情報を使用してください。

アクションショートカット
ブレークポイントの切り替えCtrl+F8
ステップ・インF7
スマート・ステップ情報Shift+F7
ステップ・オーバーF8
ステップ・アウトShift+F8
再開F9
式の評価Alt+F8

デバッグ中に「巻き戻し」をしたい場合は、フレームにドロップアクションで実行できます。これは、間違って歩いた場合に特に役立ちます。これはアプリケーションのグローバルな状態を元に戻すことはありませんが、少なくとも前のスタックフレームに戻すことができます。

詳細は実行デバッグを参照してください。

リロードとホットスワップ

場合によっては、プロセスをシャットダウンすることなく、マイナーな変更をコードに挿入する必要があります。 Java VMにはHotSwap機能があるため、メイクを呼び出すと、IntelliJ IDEAはこれらのケースを自動的に処理します。

アプリケーション・サーバー

アプリケーションをサーバーにデプロイするには:

  1. ファイル | プロジェクト構造 | 成果物を選択して成果物を設定します(MavenおよびGradleプロジェクトでは自動的に行われます)。
  2. 設定/環境設定ダイアログのアプリケーション・サーバーページをクリックして、アプリケーションサーバーを設定します。
  3. 実行 | 構成の編集を選択して実行構成を構成し、展開する成果物と展開する成果物を指定します。

ビルド | 成果物のビルドを選択すると、IntelliJ IDEAに設定されたアーティファクトをビルド/リビルドするようにIntelliJ IDEAに指示することができます。

詳細は、アプリケーションサーバーの使用を参照してください。

ビルドツールの操作(Maven / Gradle)

Maven / Gradleプロジェクトをインポート/作成したら、 pom.xml または build.gradle ファイルをエディタで直接編集できます。基礎となるビルド構成への変更は、最終的にIntelliJ IDEAのプロジェクトモデルと同期する必要があります。

IDEで変更を直ちに同期させる場合は、次のようにします。

  • pom.xml の場合、ファイル | 設定 | ビルド、実行、デプロイ | ビルド・ツール | Maven | インポート(WindowsおよびLinux)またはIntelliJ IDEA | 環境設定 | ビルド、実行、デプロイ | ビルド・ツール | Maven | インポート(macOS)でMaven プロジェクトを自動的にインポートするオプションを有効にします。
  • build.gradleの場合、設定/環境設定ダイアログのビルド、実行、デプロイ | ビルド・ツール | Gradle自動インポートを使用するオプションを有効にします。

手動同期の場合、Maven / Gradleツールウィンドウツールバーの対応するアクションを使用してください: icons actions refresh svg

任意のゴールまたはタスクを実行コンフィギュレーションの前に実行するようにアタッチすることができます。

詳細は、Gradleを参照してください。

EclipseまたはNetBeansからの移行

EclipseまたはNetBeansからIntelliJ IDEAに移行する可能性を検討している場合は、EclipseまたはNetBeansの移行ガイドを参照してください。

次は

IntelliJ IDEAの概要の簡単なビデオを見れば、IntelliJ IDEAがコード補完、インスペクション、フォーマットなどで提供しているものを見ることができます。

詳細については、ドキュメントを読むことを強くお勧めします。また、Java SEのJavaチュートリアルやJava EEのチュートリアルを参照すると便利です。

最終変更日: 2018年9月4日

関連事項