IntelliJ IDEA 2020.3 ヘルプ

ホットスワップ

Windows および Linux: ファイル | 設定 | ビルド、実行、デプロイ | デバッガー | - ホットスワップ
macOS の IntelliJ IDEA | 環境設定 | ビルド、実行、デプロイ | デバッガー | - ホットスワップ
Ctrl+Alt+S
Settings

このタブを使用して、ホットスワップメカニズムの動作を管理します。

項目 説明

Java

このセクションでは、HotSwap for Java の動作を指定します。

項目 説明
クラスをリロードする前にプロジェクトを作る このオプションは、実行 | デバッグアクション | 変更したクラスの再ロードの動作の動作を制御します。これが有効になっている場合、変更されたクラスを検索して再ロードする前に、make プロセスが実行されます。
「JVM はハングする」警告を有効にする このチェックボックスが選択されている場合、JVM が中断されている間に HotSwap を実行しようとすると、この JVM がハングする可能性があるという警告が表示されます。
バックグラウンドでクラスをリロードする バックグラウンドモードでクラスを再ロードするかどうかをここで選択します。つまり、すべての進行状況メッセージがステータスバーに表示されます。
コンパイル後のクラスリロード

この領域のコントロールを使用して、ホットスワップメカニズムの動作を設定します。

  • に - このオプションを選択すると、クラスが自動的に再ロードされます。

  • しない - このオプションを選択すると、ホットスワップメカニズムが非アクティブであるため、クラスはまったく再ロードされません。

  • 質問 - このオプションを選択すると、変更されたクラスを再ロードするかどうかを IntelliJ IDEA に尋ねられます。

Groovy

このセクションでは、Groovy 用の HotSwap の動作を指定します。

項目 説明
Groovy コードのホットスワップエージェントを使用可能にする

このチェックボックスが選択されている場合、Groovy コードのホットスワップを有効にするために、デバッグされたプロセスに特別なエージェントが追加されます。
ホットスワップが不要な場合、またはこのエージェントが邪魔をしている場合は、このチェックボックスをオフにします。

関連ページ:

プログラムの実行フローを変更する

アプリケーションのデバッグ中は、通常、プログラムの通常のフローに従います。ただし、それから逸脱する必要がある場合があります。これは、特定の条件を再現するため、またはプログラムが問題を処理する方法をテストするために必要になる場合があります(たとえば、値の処理や例外の処理)。また、これは、現在調査中の問題に関係のないプログラムの特定の部分をスキップする必要がある場合に便利です。前のスタックフレームに戻る:IntelliJ IDEA を使用すると、プログラムの実行フローで前のスタックフレームにフォー...

Python デバッガー

このページは、Python プラグインがインストールされて有効になっている場合にのみ表示されます。このページを使用して、Python のデバッグオプションを設定します。デバッグ中に自動的にサブプロセスに接続するこのチェックボックスを選択すると、IntelliJ IDEA はデバッグ中のプロセスのすべてのサブプロセスを自動的にアタッチします。親プロセスにサブプロセスがある場合、それらのブレークポイントは常に機能します。コードインサイトのためにランタイム型情報を収集するこのチェックボックスをオンにす...