IntelliJ IDEA 2020.3 ヘルプ

Dart 設定

Windows および Linux: ファイル | 設定 | 言語およびフレームワーク | Dart
macOS の IntelliJ IDEA | 環境設定 | 言語およびフレームワーク | Dart
Ctrl+Alt+S
Settings

項目 説明
プロジェクト <プロジェクト名> で Dart サポートを有効にする
  • このチェックボックスをオンにすると、IntelliJ IDEA は Dart アプリケーションのコーディング、テスト、実行、デバッグを支援し、Dart SDK を設定することができます。

  • チェックボックスをオフにすると、Dart アプリケーションの開発に関する支援は提供されず、ページのすべてのコントロールが無効になります。

Dart SDK パス このフィールドでは、ダウンロードした Dart SDK の場所を指定します。パスを手動で入力するか、the Browse button をクリックして、開いたダイアログボックスでパスを選択します。IntelliJ IDEA が Dart SDK を正しく認識した場合、そのリビジョン番号がバージョン読み取り専用フィールドに表示されます。
バージョン この読み取り専用フィールドには、SDK が正しく認識されていれば、IntelliJ IDEA に検出された Dart SDK のリビジョン番号が表示されます。
SDK 更新の確認

このチェックボックスをオンにすると、IntelliJ IDEA は指定されたバージョンの SDK が最新版かどうかをチェックします。新しいバージョンの SDK が利用可能な場合、IntelliJ IDEA はアクティブなエディターの上部に新しい SDK バージョンがリリースされたことを通知するペインを表示します。次のいずれかの操作を行います。

  • SDK のダウンロードリンクをクリックし、サイトからダウンロードします。

  • すでに最新の SDK バージョンをダウンロードしている場合は、Dart の設定リンクをクリックして設定ダイアログの Dart ページに切り替え、新しい SDK の場所を指定します。

リストから、調べる SDK のリリースタイプを選択します。使用可能なオプションは次のとおりです。

  • 安定チャンネル

  • 安定したチャネルと Dev チャネル

Webdev サーバーポート

このフィールドで、webdev サーバー(英語)が Dart Web アプリを起動するポートを指定します。Dart Web アプリケーションの実行とデバッグを参照してください。

Dart webdev デーモンを使用して Dart Web アプリケーションをデバッグする場合は、Dart Web の実行 / デバッグ構成でポートを構成します(Dart Web アプリケーションの実行とデバッグを参照)。

デフォルトの webdev サーバーポートは 53322 です。このポートがすでに使用中の場合、IntelliJ IDEA は最も近い空きポートを使用します。