IntelliJ IDEA 2021.1 ヘルプ

初めての Java アプリケーションを作成する

このチュートリアルでは、Hello, World! をシステム出力に出力する簡単な Java アプリケーションを作成、実行、パッケージ化する方法を学びます。その過程で、開発者としての生産性を向上させるための IntelliJ IDEA の機能、つまりコーディングアシスタントと補助的なツールに慣れましょう。

スクリーンキャストを見て、以下のステップバイステップの指示に従ってください:

プロジェクトを準備する

新規 Java プロジェクトを作成する

IntelliJ IDEA では、プロジェクトを使用して、ソースコード、テスト、使用するライブラリ、ビルド手順、個人設定を 1 つのユニットに整理できます。

  1. IntelliJ IDEA を起動します。

    ウェルカム画面が開いたら、新規プロジェクトをクリックします。

    それ以外の場合は、メインメニューからファイル | 新規プロジェクトを選択します。

  2. 新規プロジェクトウィザードで、左側のリストから Java を選択します。

  3. IntelliJ IDEA で Java アプリケーションを開発するには、Java SDK(JDK)が必要です。

    必要な JDK が IntelliJ IDEA ですでに定義されている場合は、プロジェクト SDK リストから選択します。

    JDK がコンピューターにインストールされているが、IDE で定義されていない場合は、JDK を追加を選択し、JDK ホームディレクトリへのパスを指定します(たとえば、/Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk-13.0.1.jdk)。

    Creating the new project and adding the JDK

    コンピューターに必要な JDK がない場合は、JDK のダウンロードを選択します。次のダイアログで、JDK ベンダー(OpenJDK など)とバージョンを指定し、必要に応じてインストールパスを変更して、ダウンロードをクリックします。

    Downloading a JDK when creating a project
  4. このチュートリアルでは、追加のライブラリやフレームワークを使用しないため、次へをクリックしてください。

  5. テンプレートからプロジェクトを作成しないでください。このチュートリアルでは、最初からすべてを実行するため、次へをクリックします。

  6. プロジェクトに名前を付けます(例: HelloWorld)。

  7. 必要に応じて、デフォルトのプロジェクトの場所を変更して完了をクリックします。

    Specifying the project name and exiting the wizard

パッケージとクラスを作成する

パッケージは、何百ものクラスを持つ大規模なアプリケーションを構造化および編成するために、同じカテゴリに属するクラスまたは類似の機能を提供するクラスをまとめるために使用されます。

  1. プロジェクトツールウィンドウで、src フォルダーを選択し、Alt+Insert を押して Java クラスを選択します。

  2. 名前フィールドに com.example.helloworld.HelloWorld と入力し、OK をクリックします。

    IntelliJ IDEA は com.example.helloworld パッケージと HelloWorld クラスを作成します。

Creating a package and a class

ファイルと一緒に、IntelliJ IDEA はあなたのクラスのために自動的にいくつかのコンテンツを生成しました。この場合、IDE は package ステートメントとクラス宣言を挿入しました。

これはファイルテンプレートによって行われます。作成したファイルの種類に応じて、IDE はその種類のすべてのファイルに含まれると予想される初期コードとフォーマットを挿入します。テンプレートの使用方法と設定方法の詳細については、ファイルテンプレートを参照してください。

コードを書く

ライブテンプレートを使用して main() メソッドを追加する

  1. 左括弧 { の後のクラス宣言文字列にキャレットを置き、Shift+Enter を押します。

    Enter とは対照的に、Shift+Enter は現在の行を中断せずに新しい行を開始します。

  2. main と入力して、main() メソッド宣言を挿入するテンプレートを選択します。

    タイプしている間、IntelliJ IDEA は現在の文脈で使用することができる様々な構造を提案します。 Ctrl+J を使って利用可能なライブテンプレートのリストを見ることができます。

Adding the main() method

ライブテンプレートは、コードに挿入できるコードスニペットです。 main はそのようなスニペットの 1 つです。通常、ライブテンプレートには、最も頻繁に使用されるコードブロックが含まれています。同じコードを何度も入力する必要がないため、使用すると時間を節約できます。

定義済みライブテンプレートの場所と独自のライブテンプレートの作成方法については、ライブテンプレートを参照してください。

コード補完を使って println() メソッドを呼び出す

main() メソッド宣言の後、IntelliJ IDEA は自動的にキャレットを次の行に配置します。テキストを標準システム出力に出力するメソッドを呼び出しましょう。

  1. Sy と入力し、コード補完候補のリストから System クラスを選択します(これは標準の java.lang パッケージからのものです)。

    末尾のコンマを使用して選択範囲を挿入するには、Ctrl+. を押します。

  2. o と入力し、out を選択して、もう一度 Ctrl+. を押します。

  3. p と入力し、println(String x) メソッドを選択して Enter を押します。

    IntelliJ IDEA は、現在のコンテキストで使用できるパラメーターの型を示します。この情報は参照用です。

  4. " と入力します。2 番目の引用符は自動的に挿入され、キャレットは引用符の間に配置されます。Hello, World! と入力してください。

Adding the statement

基本コード補完は現在のキャレット位置の前後の文脈を分析し、タイプしたときに提案を提供します。 Ctrl+Space を押すと、補完リストを手動で開くことができます。

さまざまな補完モードについては、コード補完を参照してください。

アプリケーションをビルドして実行する

有効な Java クラスはバイトコードにコンパイルできます。ガターの緑色の矢印アイコン the Run the Remove button を使用して、エディターから main() メソッドでクラスをコンパイルして実行できます。

  1. ガターで the Run the Remove button をクリックし、ポップアップで実行 'HelloWorld.main()' を選択します。IDE がコードのコンパイルを開始します。

  2. コンパイルが完了すると、実行ツールウィンドウが画面の下部に開きます。

    1 行目は、IntelliJ IDEA がコンパイル済みクラスを実行するために使用したコマンドを示しています。2 行目はプログラムの出力を示しています: Hello, World! 最後の行は終了コード 0 を示しています。これは、正常に終了したことを示します。

    コードが正しくなく、IDE でコンパイルできない場合、実行ツールウィンドウに対応する終了コードが表示されます。

Running the application

実行をクリックすると、IntelliJ IDEA は一連のアクションを実行する特別な実行構成を作成します。まず、アプリケーションを構築します。この段階で、javac はソースコードを JVM バイトコードにコンパイルします。

javac がコンパイルを終了すると、プロジェクトツールウィンドウで黄色でハイライトされている out ディレクトリにコンパイルされたバイトコードを配置します。

その後、JVM はバイトコードを実行します。

IntelliJ IDEA は、現在エディターで開かれているファイルを自動的に分析し、構文エラーからタイプミスまで、さまざまなタイプの問題を検索します。エディターの右上隅にあるインスペクションウィジェットを使用すると、検出されたすべての問題をすばやく確認し、各問題の詳細を確認できます。詳細については、現在のファイルの即時分析を参照してください。

アプリケーションを JAR にパッケージ化する

コードの準備ができたら、アプリケーションを Java アーカイブ(JAR)にパッケージ化して、他の開発者と共有できます。ビルドされた Java アーカイブは、アーティファクトと呼ばれます。

JAR 用のアーティファクト構成を作成する

  1. メインメニューからファイル | プロジェクト構造 Ctrl+Alt+Shift+S を選択し、成果物をクリックします。

  2. the Add button をクリックし、JAR をポイントして依存関係を持つモジュールからを選択します。

  3. メインクラスフィールドの右側で、the Browse button をクリックし、表示されるダイアログで HelloWorld (com.example.helloworld) を選択します。

    IntelliJ IDEA はアーティファクト設定を作成し、その設定をプロジェクト構造ダイアログの右側に表示します。

  4. 変更を適用し、ダイアログを閉じます。

Creating an artifact configuration

JAR アーティファクトを構築する

  1. メインメニューからビルド | アーティファクトのビルドを選択します。

  2. HelloWorld:jar をポイントし、ビルドを選択します。

    out/artifacts フォルダーを見ると、JAR がそこにあります。

The JAR artifact is built

パッケージ化されたアプリケーションを実行する

JAR アーティファクトが正しく作成されたことを確認するために、それを実行できます。

パッケージ化されたアプリケーションの実行構成を作成する

JAR にパッケージされた Java アプリケーションを実行するために、IntelliJ IDEA では専用の実行構成を作成することができます。

  1. Ctrl+Shift+A を押して、実行構成の編集アクションを見つけて実行します。

  2. 実行 / デバッグ構成ダイアログで、the Add button をクリックし、JAR アプリケーションを選択します。

  3. 新しい構成に HelloWorldJar という名前を付けます。

    Creating a new run configuration

  4. JAR のパスフィールドで、the Browse button をクリックして、コンピューター上の JAR ファイルへのパスを指定します。

  5. 起動前the Add button をクリックし、表示されたダイアログでアーティファクトのビルド | HelloWorld:jar を選択します。

    これを実行すると、この実行構成を実行するたびに HelloWorld.jar が自動的に構築されます。

    Specifying path to JAR file

実行構成を使用すると、どの引数とオプションを使用して、アプリケーションの実行方法を定義できます。同じアプリケーションに対して、それぞれ独自の設定を持つ複数の実行構成を設定できます。

実行構成を実行する

  • ツールバーで HelloWorldJar 設定を選択し、実行構成セレクタの右側にある the Run button をクリックします。ショートカットを好む場合は、代わりに Shift+F10 を押します。

    以前と同様に、実行ツールウィンドウが開き、アプリケーションの出力が表示されます。

Running the packaged application

プロセスは正常に終了しました。つまり、アプリケーションは正しくパッケージ化されています。

関連ページ:

プロジェクト | IntelliJ IDEA

IntelliJ IDEA では、プロジェクトを使用して、ソースコード、テスト、使用するライブラリ、ビルド手順、個人設定を 1 つのユニットに整理できます。プロジェクトフォーマット:IntelliJ IDEA には、プロジェクトの構成を保存できる 2 種類の形式があります。ファイルベースの形式とディレクトリベースの形式です。ファイルベースのフォーマットファイルベースの形式は、IntelliJ IDEA の古いバージョンで使用できる唯一の形式でした。今では廃止されました。この形式のプロジェクトに...

ファイルテンプレート | IntelliJ IDEA

ファイルテンプレートは、作成する新しいファイルのデフォルトコンテンツの仕様です。作成するファイルのタイプに応じて、テンプレートは、そのタイプのすべてのファイルで期待される初期コードとフォーマットを提供します(業界または言語の標準、企業ポリシー、またはその他の理由による)。例: これは、定型コード、作成者に関するメタ情報などです。IntelliJ IDEA は、新しいファイルを作成するときに提案される、サポートされているすべてのファイルタイプの定義済みテンプレートを提供します。推奨されるファイルタ...

ライブテンプレート | IntelliJ IDEA

ライブテンプレートを使用して、ループ、条件、さまざまな宣言、出力ステートメントなどの一般的な構成をコードに挿入します。コードスニペットを展開するには、対応するテンプレートの省略形を入力してを押します。を押し続けると、テンプレート内の 1 つの変数から次の変数にジャンプします。を押して、前の変数に移動します。ライブテンプレートの種類:次のタイプのライブテンプレートが区別されます。シンプルなテンプレートには固定プレーンテキストのみが含まれています。シンプルなテンプレートを展開すると、テキスト

コードリファレンス情報 | IntelliJ IDEA

定義:IntelliJ IDEA では、タグ、クラス、フィールド、メソッド、関数などのシンボルがプロジェクトでどのように定義されているかを確認することができます。この目的のために、IDE にはクイック定義ポップアップがあります。シンボルの定義を表示するには、エディターでシンボルを選択し、を押します(またはをクリックします)。または、キーを押したまま、任意のシンボルにカーソルを合わせます。IntelliJ IDEA は、シンボルをリンクとして表示し、その定義をツールチップに表示します。このリ...

コード補完 | IntelliJ IDEA

このセクションでは、コーディングプロセスのスピードアップを可能にするコンテキスト対応コード補完のさまざまなテクニックについて説明します。基本補完:基本コード補完は、可視性スコープ内のクラス、メソッド、フィールド、キーワードの名前を完成させるのに役立ちます。コード補完を呼び出すと、IntelliJ IDEA はコンテキストを分析し、現在のキャレット位置から到達可能な選択肢を提案します(提案にはライブテンプレートも含まれます)。基本コード補完がフィールド、パラメーター、または変数宣言の一部に適用さ...

実行 / デバッグ構成 | IntelliJ IDEA

IntelliJ IDEA は、実行 / デバッグ構成を使用して、アプリケーションを実行、デバッグ、テストします。実行 / デバッグ構成は、プログラムの実行に使用される VM オプションや JRE などの一連の起動プロパティを表します。実行 / デバッグ構成には 2 つのタイプがあります。一時的–永続的な構成を持たないクラスを実行しているときに作成されます。これは、メソッドを持つクラスの実行を可能にする最低限のものを提供します。一時構成の最大数は 5 です。永続的–テンプレートから明示的に作成さ...