IntelliJ IDEA 2024.1 ヘルプ

自動インポート

まだインポートしていないクラス、静的メソッド、静的フィールドを使用している場合、IDE には、不足しているインポートステートメントを追加するように求めるツールチップが表示されるため、手動で追加する必要はありません。Alt+Enter を押して、提案を受け入れます。

インポート可能なソースが複数ある場合、Alt+Enter を押すと候補のリストが開きます。

インポートツールチップの背景色を変更するには、Ctrl+Alt+S を押してエディター | カラースキームの切り替え | 一般 | ポップアップおよびヒント | 質問ヒントに移動します。

インポートステートメントを自動的に追加する

選択肢がない場合は、インポート文を自動的に追加するように IDE を設定できます。

  1. Ctrl+Alt+S を押して設定を開き、エディター | 一般 | 自動インポートを選択します。

  2. 明確なインポートをオンザフライで追加するチェックボックスを選択して、変更を適用します。

    まだインポートされていないクラスまたは静的メソッドおよびフィールドへの参照を含むコードのブロックを貼り付ける場合、IDE は欠落しているインポートステートメントを自動的に挿入します。これを変更する場合は、インポートの挿入リストから、確認するを選択してすべての挿入を確認するか、なしを選択してインポートステートメントを手動で挿入します。

    Add unambiguous imports on the fly checkbox

単一クラスの代わりにパッケージをインポートする

IntelliJ IDEA は、デフォルトで単一クラスをインポートすることを推奨します。代わりにパッケージ全体をインポートするように設定を変更できます。

  1. Ctrl+Alt+S を押して設定を開き、エディター | コードスタイル | Java | インポートを選択します。

  2. シングルクラスインポートを使用するチェックボックスをオフにして、変更を適用します。

インポートツールチップを無効にする

ツールチップが無効になっている場合、未解決の参照には下線が引かれ、赤いバルブアイコン the Quick-fix button でマークされます。提案のリストを表示するには、このアイコンをクリックして(または、Alt+Enter を押して)、クラスのインポートを選択します。

すべてのツールチップを無効にする

  • エディターの右上隅にあるインスペクションウィジェットの上にマウスを置き、More をクリックして、自動インポートツールチップを表示オプションを無効にします。

クラスまたは静的メソッドとフィールドのツールチップを無効にする

  1. Ctrl+Alt+S を押して設定を開き、エディター | 一般 | 自動インポートを選択します。

  2. 自動インポートツールチップを表示する設定に必要なオプションが選択されていることを確認します(チェックボックス、クラスStatic メソッドとフィールドの両方がデフォルトで有効になっています)。

ワイルドカードのインポートを無効にする

IntelliJ IDEA が同じパッケージからインポートしたクラスの数が制限 (デフォルトでは 5) に達すると、IDE はステートメントを変更して、このパッケージから複数のクラスを個別にインポートするのではなく、パッケージ全体をインポートします。

Wildcard imports

ワイルドカードのインポートを無効にして、常に単一のクラスをインポートする

  1. Ctrl+Alt+S を押して設定を開き、エディター | コードスタイル | Java を選択します。

  2. シングルクラスインポートを使用するオプションが有効になっていることを確認します。

  3. '*' でインポートに使用するクラス数および '*' で static インポートに使用する名前数フィールドには、パッケージ内のクラス数およびクラス内の名前数(999 など)を明確に超える値を指定します。

インポートステートメントをファイル内の単一クラスのインポートで置き換えるには、設定を変更せずに、インポートステートメントでキャレットを配置し、Alt+Enter (またはインテンションアクション the Intention action icon アイコンを使用)を押し、単一クラスのインポートに置換を選択します。

自動インポートを無効にする

自動インポートを完全に無効にする場合は、次のことを確認してください。

自動インポートからクラスとパッケージを除外する

インポート提案のリストには、必要のないクラスやパッケージが含まれている場合があります。冗長エントリを自動インポートから除外して、提案のリストに関連するアイテムのみが含まれるようにすることができます。

  1. Ctrl+Alt+S を押して設定を開き、エディター | 一般 | 自動インポートを選択します。

  2. 自動インポートおよび補完から除外セクションで、the Add button Alt+Insert をクリックし、除外するクラスまたはパッケージを指定します。

    現在のプロジェクトからアイテムを除外するか、すべてのプロジェクトから(グローバルに)アイテムを除外するかを選択することもできます。

オンザフライでクラスまたはパッケージを除外する

  1. 欠落しているクラスの Alt+Enter を押して、インポート候補のリストを開きます。

  2. パッケージの横にある右矢印をクリックし、除外するアイテム(クラスまたはパッケージ全体)を選択します。

  3. 自動インポートダイアログの自動インポートおよび補完から除外セクションで、現在のプロジェクトまたはすべてのプロジェクトから項目を除外して変更を適用するかどうかを選択します。

インポートの最適化

インポートの最適化機能を使用すると、設定 | エディター | コードスタイル | <言語> | インポートで指定されたルールに従って、未使用のインポートを削除し、現在のファイルまたはディレクトリ内のすべてのファイルのインポートステートメントを一度に整理できます。

すべてのインポートを最適化する

  1. プロジェクトツールウィンドウ(表示 | ツールウィンドウ | プロジェクト)でファイルまたはディレクトリを選択します。

  2. 以下のいずれかを行います。

    • メインメニューで、コード | インポートの最適化に移動します (または Ctrl+Alt+O を押します)。

    • コンテキストメニューからインポートの最適化を選択します。

  3. (ディレクトリを選択した場合)ディレクトリ内のすべてのファイルでインポートを最適化するか、ローカルで変更されたファイルのみでインポートを最適化するか(プロジェクトがバージョン管理下にある場合)を選択し、実行をクリックします。

未使用のインポートを除去

  1. 未使用のインポートステートメントにキャレットを置き、Alt+Enter を押すか、the Intention action button アイコンを使用します。

    未使用のステートメントはデフォルトでグレー表示されます。

  2. 候補リストから、未使用のインポートを除去を選択します。

    Remove use statement

Git に変更をコミットするときにインポートを最適化する

プロジェクトがバージョン管理されている場合は、修正したファイルのインポートを VCS にコミットする前に最適化するように IntelliJ IDEA に指示できます。

  1. Ctrl+K を押すか、メインメニューから Git | コミットを選択します。

  2. Show Commit Options をクリックし、コミットメッセージ領域でインポートの最適化チェックボックスを選択します。

    Optimize imports before commit

保存時にインポートを自動的に最適化する

変更が保存されたときに、変更されたファイルへのインポートを自動的に最適化するように IDE を構成できます。

  1. Ctrl+Alt+S を押して設定を開き、ツール | 保存時のアクションを選択します。

  2. インポートの最適化オプションを有効にします。

    さらに、すべてのファイルタイプリストから、インポートを最適化するファイルのタイプを選択します。

  3. 変更を適用し、ダイアログを閉じます。

ファイルの再フォーマット時にインポートを最適化する

再フォーマットされるたびに、ファイル内のインポートを最適化するように IntelliJ IDEA に指示できます。

  • エディターでファイルを開き、Ctrl+Alt+Shift+L を押して、開いたファイルの整形ダイアログでインポートの最適化チェックボックスが選択されていることを確認します。

    Reformat file dialog

その後、このプロジェクトで Ctrl+Alt+L を押すたびに、IntelliJ IDEA はインポートを自動的に最適化します。

オンザフライでインポートを最適化する

インポートを自動的に最適化するように IDE を構成することもできます。IntelliJ IDEA は、エディターでの作業中に設定 | エディター | コードスタイル | <言語> | インポートで指定されたルールに従ってインポートステートメントを削除または変更します。

  1. Ctrl+Alt+S を押して設定を開き、エディター | 一般 | 自動インポートを選択します。

  2. オンザフライでインポートを最適化するオプションを有効にして、変更を適用します。

関連ページ:

コード補完

このセクションでは、コーディングプロセスのスピードアップを可能にするコンテキスト対応コード補完のさまざまなテクニックについて説明します。基本補完:基本コード補完は、可視性スコープ内のクラス、メソッド、フィールド、キーワードの名前を完成させるのに役立ちます。コード補完を呼び出すと、IntelliJ IDEA はコンテキストを分析し、現在のキャレット位置から到達可能な選択肢を提案します (提案にはライブテンプレートも含まれます)。基本コード補完がフィールド、パラメーター、変数宣言の一部に適用されて...

コードの整形

IntelliJ IDEA を使用すると、現在のコードスタイルスキームまたは .editorconfig ファイルで指定した要件に従ってコードを再フォーマットできます。で定義されていないものがあれば、プロジェクト設定から取得されます。コードの一部、ファイル全体、ファイルのグループ、ディレクトリ、モジュールを再フォーマットできます。コードの一部または一部のファイルを再フォーマットから除外することもできます。コードフラグメントを再フォーマットするエディターで、再フォーマットしたいコードフラグメントを選択...

変更の保存と復元

IntelliJ IDEA は、ファイルに加えた変更を自動的に保存します。保存は、コンパイル、実行、デバッグ、バージョン管理操作の実行、ファイルまたはプロジェクトのクローズ、IDE の終了などのさまざまなイベントによってトリガーされます。ファイルの保存は、サードパーティのプラグインによってトリガーすることもできます。自動保存をトリガーするイベントのほとんどは事前定義されており、構成することはできませんが、変更が失われることはなく、ローカルヒストリーですべてを見つけることができます。自動保存動作を...

データベースでの全文検索

データの正確な場所を知らなくても、データベースまたはデータベースのグループでデータを検索できます。データベース、スキーム、別々のテーブル内のデータを検索するデータベースツールウィンドウ (表示 | ツールウィンドウ | データベース) で、検索を実行するオブジェクトを選択します。データベースまたはデータベースのグループ、スキーム、個別のテーブルを選択することもできます。選択を右クリックしてを選択します。あるいは、を押します。全文検索ダイアログの検索フィールドに検索リクエストを入力し、検索をクリッ...