IntelliJ IDEA 2018.3 Help

プロジェクトの操作

新しいプロジェクトを作成するときは、プロジェクトタイプを選択し、SDKを設定し、プロジェクト名と場所を指定する必要があります。

また、新規プロジェクトウィザードで必要な設定を指定することもできます。これにより、プロジェクトを初めて開くときに事前設定されるようになります。例:IDEはライブラリをロードしてファイルを作成します。MavenまたはGradleの場合、IntelliJ IDEAはタスクを定義し、依存関係を宣言します。

プロジェクトの作成時にJDKを設定する

IntelliJ IDEAでアプリケーションを開発するには、Java SDK(JDK)が必要です。JDKは、Javaアプリケーション(開発ツール)を開発およびテストするためのライブラリ、ツール、およびJavaプラットフォーム(Java Runtime Environment、JRE)上でアプリケーションを実行するためのツールを含むソフトウェアパッケージです。

JREはJDKとは別に入手できますが、コンパイラやデバッガなどの必須コンポーネントがないため、アプリケーション開発には適していません。

IntelliJ IDEAにはJDKが付属していないので、必要なJDKバージョンがない場合は、それをダウンロードしてインストールする必要があります。

  1. 新規プロジェクトウィザードで、プロジェクト SDKリストにあるJDK のダウンロードをクリックします。公式のOracle Webサイトに(英語)リダイレクトされます。

  2. 必要なJDKバージョンを選択してダウンロードします。

  3. Javaインストール・ウィザードを実行し、Javaがインストールされるまで手順に従います。

  4. プロジェクト SDKリストの横にある新規をクリックし、JDKインストールフォルダー(ホームディレクトリー)を選択します。

    Windowsの場合はC:\ Program Files \ Java、macOSの場合は/システム/ライブラリ/ Javaに移動します。次に、 jdk1.8.0_144 などのJavaディレクトリーを選択します(数字は、インストールしたJDKバージョンを表します)。

    JDKディレクトリーへのパスを指定していることを確認するには、JREディレクトリーにない bin/javac 実行可能ファイルがあるかどうかを確認します。

The New Project wizard: step one
プロジェクトの作業中はいつでも、別のJDKバージョンを指定したり、追加のSDKを設定したり、SDKレベルを変更することができます。

プロジェクト・フォーマット

IntelliJ IDEAには、プロジェクトの設定を保存するための2つの形式があります。ファイルベースのフォーマット形式(レガシー)とディレクトリーベースの形式(既定値および推奨値)です。

ファイルベースのプロジェクトの場合、IDEは .ipr.iws 、および .iml ファイルを作成します。ディレクトリーベースの形式で保存されたプロジェクトの場合、IDEはプロジェクト設定を保持する.iml ファイルと .idea ディレクトリーを作成します。

.iml ファイルは、プロジェクト内のモジュールごとに作成されます。詳細は、モジュールの操作を参照してください。

プロジェクトの形式をディレクトリーベースに変更する場合は、ファイル | ディレクトリー・ベースのフォーマットで保存を参照してください。

VCSを介して他の開発者とプロジェクトを共有したい場合は、IntelliJ IDEAのサポート記事バージョン管理システムでプロジェクトを管理する方法(英語)を参照してください。

プロジェクトをインポートする

IntelliJ IDEAでプロジェクトをインポートするには、ファイル | 新規 | 既存ソースからプロジェクトに移動します。

IntelliJ IDEAでは、EclipseBnd / BndtoolsFlash Builderからのプロジェクトをインポートできます。ソースファイルのコレクションをインポートして、そこから新しいプロジェクトを作成することもできます。

MavenGradleなどのビルドツールを使用するプロジェクトをインポートする場合は、関連するビルドファイル(pom.xml または build.gradle)をインポートすることをお勧めします。この場合、IntelliJ IDEAはプロジェクトの依存関係と成果物を認識し、自動的に構成を復元します。

MavenプロジェクトとGradleプロジェクトでは、VCSを使用してプロジェクトを共有する場合は、プロジェクトインポートダイアログで生成されたプロジェクト・ファイルを外部に保管するオプションを有効にすることを検討してください。

通常、IntelliJ IDEAは、ディスクリプタファイルを変更するたびに .iml ファイルを再作成し、これらの変更をインポートします。 .iml ファイルをバージョン管理下に置くことは避けられますが、この場合、モジュール設定の一部の変更は共有されません(たとえば、追加されたファセットなど)。生成されたプロジェクト・ファイルを外部に保管するオプションをオンにすると、生成されたファイルは別々に保存され、バージョンコントロールからファイルを除外する必要はありません。

プロジェクト設定

IntelliJ IDEAのプロジェクトでは、名前の設定、SDKの指定、言語レベルの設定、コンパイラ出力の設定ができます。プロジェクト設定を変更するには、ファイル | プロジェクト構造または Ctrl+Shift+Alt+Sを押して、プロジェクトを選択します。

The Project tab of the Project Structure dialog

変更は現在のプロジェクトにのみ適用されるわけではありません。必要に応じて、新しく作成されたすべてのプロジェクトに適用されるグローバルSDK、言語レベル、コンパイラ出力を設定できます。グローバルなプロジェクト設定を変更するには、ファイル | その他の設定 | 新規プロジェクトの構造 | プロジェクトを参照してください。

IDEの設定方法(コードスタイル、インスペクションなど)については、IDEの設定を参照してください。

IntelliJ IDEAでフォルダーを開くと、 .idea サブフォルダーが追加されます。IntelliJ IDEAには、プロジェクトコードスタイルやバージョン管理システムなどの内部設定が保存されます。

最終更新日: 2019年2月1日

関連事項