IntelliJ IDEA 2020.3 ヘルプ

プロジェクト

IntelliJ IDEA では、プロジェクトを使用して、ソースコード、テスト、使用するライブラリ、ビルド手順、個人設定を 1 つのユニットに整理できます。

IntelliJ IDEA project overview

プロジェクトを切り替える

複数のプロジェクトを同時に開いている場合は、次のオプションを使用してプロジェクトを切り替えることができます。

  • 次のプロジェクトウィンドウに切り替える: Ctrl+Alt+] ( ウィンドウ | 次のプロジェクトウィンドウ )

  • 前のプロジェクトウィンドウに切り替える: Ctrl+Alt+[ ( ウィンドウ | 前のプロジェクトウィンドウ )

または、ウィンドウメニューを開き、切り替え先のプロジェクトを選択します。

プロジェクトフォーマット

IntelliJ IDEA では、プロジェクトの構成を保存できる 2 種類の形式があります。ファイルベースの形式とディレクトリベースの形式です。

ファイルベースのフォーマット

ファイルベースの形式は、IntelliJ IDEA の古いバージョンで使用できる唯一の形式でした。今では廃止されました。この形式のプロジェクトには、.ipr.iws.iml ファイルといういくつかのファイルが含まれています。通常、.ipr ファイルをクリックして別のファイルマネージャーでプロジェクトを開く必要がある場合、または 1 つのディレクトリに複数のプロジェクトを保存する必要がある場合を除いて、この形式の使用はお勧めしません。

A simple file-based project shown in Finder

ディレクトリベースのフォーマット

ディレクトリベースの形式の場合、IDE はプロジェクト設定を保持する .iml ファイルと .idea ディレクトリを作成します。現在のところ、これは IntelliJ IDEA のプロジェクトのデフォルト形式です。

このフォーマットは、ファイルベースのフォーマットの後に導入されました。その主な利点は、プロジェクトファイルをバージョン管理システムに保存するように調整されていることです。プロジェクトデータが複数のファイルに分割され、マージの競合が発生する可能性が低くなります。さまざまな形式でプロジェクトを共有する方法の詳細については、バージョン管理システムでプロジェクトを管理する方法を参照してください。

A simple directory-based project shown in Finder

プロジェクト形式をディレクトリベースに変更する

  • メインメニューからファイル | IDE 設定の管理 | ディレクトリベースのフォーマットで保存を選択します。

プロジェクトの場所を変更する

プロジェクトを別の場所に移動する

  1. プロジェクトツールウィンドウ Alt+1 で、プロジェクトのルートディレクトリを右クリックし、リファクタリング | ディレクトリの移動F6 )を選択します。

  2. 開いたダイアログで、プロジェクトの新しい場所を指定し、リファクタリングをクリックします。

    Moving a project to another location

プロジェクトのデフォルトの場所を変更する

  1. 設定 / 環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+S で、外観 & 振る舞い | システム設定を選択します。

  2. デフォルトディレクトリフィールドで、プロジェクトを保存するフォルダーへのパスを指定します。

  3. 変更を適用し、ダイアログを閉じます。

    Changing the default location for projects

VCS を介してプロジェクト設定を共有する

プロジェクト設定は、.idea フォルダーにある一連の XML ファイルとしてプロジェクトディレクトリに保存されます。このフォルダーには、バージョン管理下に置くべきではないユーザー固有の設定と、チームで作業している開発者間で通常共有されるプロジェクト設定(コードスタイルの構成など)の両方が含まれています。

プロジェクトをバージョン管理下に置くと、個人設定は自動的に無視されます。IntelliJ IDEA は、他の開発者の設定との競合を避けるために、workspace.xml(個人設定のファイル)を無視されたファイルのリストに移動します。

設定ファイルは選択に応じて処理されます。プロジェクト設定を変更して新しい設定ファイルが作成されると、IDE は画面の下部にこのプロジェクトの設定ファイルの扱い方を選択するように促す通知を表示します。

  • ファイルを表示 : 作成された設定ファイルのリストを見て、どれをバージョン管理下に置きたいかを選択します。その後、選択したファイルは VCS に追加されるようにスケジュールされます。

  • 常に追加 : VCS に追加するために .idea ディレクトリに作成されたすべての設定ファイルをサイレントにスケジュールします(現在のプロジェクトにのみ適用されます)。

  • 今後このメッセージを表示しない : VCS に追加する構成ファイルをスケジュールしないでください。手動で VCS に追加するまで、バージョン管理外のステータスになります(現在のプロジェクトにのみ適用されます)。

オプションを選択せずに通知を閉じると、新しい設定ファイルが作成された後に再び表示されます。IDE を再起動しても、新しいファイルはオプションの 1 つを選択するまでそこにあるリストにも移動します。

Notification prompting to select how to treat configuration files

共有できない構成ファイルのリスト

IntelliJ IDEA は構成ファイルを識別し、無視されたファイルのリストに自動的に追加します。ただし、プロジェクトを手動で共有している場合は、これらのファイルとフォルダーをバージョン管理下に置かないことをお勧めします。

  • .idea/workspace.xml
  • .idea/tasks.xml
  • .idea/usage.statistics.xml
  • .idea/dictionaries フォルダー

  • .idea/shelf フォルダー

  • Gradle および Maven プロジェクトから生成された場合は .idea/libraries

  • Maven および Gradle プロジェクトの *.iml および .idea/modules.xml ファイル

  • gradle.xml
  • ファイルベースのプロジェクトの *.iws ファイル

  • out フォルダー

ファイルの完全なリストについては、バージョン管理システムでプロジェクトを管理する方法および JetBrains.gitignore(英語) を参照してください。

グローバル設定をプロジェクトレベルにコピーする

グローバル(IDE)設定はプロジェクトとは別に保存されます。そのため、これらの設定はバージョン管理を通じてプロジェクトと共有されません。

ただし、一部の設定はプロジェクトレベルにコピーできます。例: あなたのコードスタイル設定インスペクションプロファイル、クラスとパッケージコード補完および自動インポートから除外のリストのコピーを作成することができます。これを行うと、IDE は .idea ディレクトリに対応する設定ファイルを作成します。このファイルは、VCS を通じてプロジェクトと共有できます。

IntelliJ IDEA は異なる IDE インスタンス間で設定を共有するいくつかの方法も提供します。詳細は IDE 設定を共有するを参照してください。

関連ページ:

どこでも検索

プロジェクト内またはプロジェクト外のアイテムは、その名前で見つけることができます。単一のエントリポイントから、Git 内のファイル、アクション、クラス、シンボル、設定、UI 要素などを検索できます。プロジェクト内のターゲットを検索および置換するまたはファイル内のターゲットを検索するからのテキスト検索について学びます。どこでも検索メインメニューからを選択するか、を 2 回押して検索ウィンドウを開きます。デフォルトでは、IntelliJ IDEA は最近のファイルのリストを表示します。もう一度ダブ...

バージョン管理を有効にする

IntelliJ IDEA は 2 つのレベルでバージョン管理統合をサポートします。IDE レベルでは、VCS 統合は、デフォルトで有効になっているバンドルされたプラグインのセットを通じて提供されます。プロジェクトレベルでは、プロジェクトフォルダーを 1 つまたは複数のバージョン管理システムと関連付けることで、VCS 統合が有効になります。プロジェクトルートをバージョン管理システムに関連付ける:IntelliJ IDEA を使用すると、プロジェクトとバージョン管理システムとの統合をすばやく有効...

コードスタイル設定のコピー

あらかじめ定義されたコードスタイルとは異なるコードスタイルを定義することができます。これらのコードスタイルスキームは、ユーザーホームディレクトリの config/codestyles フォルダー内の XML ファイルに保管されます。作成したコピーを使用して、コードスタイルを変更したり、書き出したりすることができます。プロジェクト以外のコードスタイルスキームを選択すると、このコードスタイルがプロジェクト用に保存されます。プロジェクトごとにグローバル(IDE)コードスタイルを割り当てることができます。コ...

プロファイルのカスタマイズ

インスペクションプロファイルは、有効なインスペクション、それらが分析するファイルの範囲、およびそれらの重大度設定に関する情報を保持します。IntelliJ IDEA には、2 種類のプロファイルがあります。プロファイル IDE に保管は、IntelliJ IDEA 構成ディレクトリの inspection フォルダーに保存され、すべてのプロジェクトで使用できます。プロジェクトにコピーオプションを使用して、IDE プロファイルを現在のプロジェクトにコピーできます。プロファイルプロジェクトに保管は、.ide...

自動インポート

このページでは、Java のインポートについて説明します。Kotlin でのインポートについては、パッケージとインポートを参照してください。まだインポートしていないクラス、静的メソッド、または静的フィールドを使用している場合は、欠落している import ステートメントを追加するように指示するポップアップが表示され、手動で追加する必要はありません。提案を受け入れるにはを押します。インポート可能なソースが複数ある場合、を押すと候補のリストが開きます。インポートポップアップの背景色を変更するには...

プロジェクトの構成

IntelliJ IDEA での開発はプロジェクトから始まります。プロジェクトを使用すると、コードとリソースを単一のユニットに整理して、保存と共有が簡単になります。簡単に言うと、プロジェクトは、アプリケーションを構成するすべてのものを保持するディレクトリです。典型的なプロジェクトには、通常、一連の設定と 1 つまたは複数のモジュールがあります。IntelliJ IDEA のプロジェクトは、モジュールをまとめて保持し、モジュール間の依存関係を提供し、共有構成を格納するシェルです。モジュールは、モジ...