IntelliJ IDEA 2020.2 ヘルプ

プロファイラー

プロファイリングツールは、ほとんどの場合にどのメソッドが実行されるかを調べるのに役立ちます。それらは、最も高価なメソッドを見つけ、それらの動作を正確に理解できます。

IntelliJ IDEA は、次のプロファイリングツールと統合されています。

  • 非同期プロファイラ:Linux および macOS 向けの CPU およびメモリプロファイリングツール。

  • Java Flight Recorder:Linux、macOS、および Windows で利用可能な Oracle によって提供される CPU ツール。

このセクションを読む

最終更新日 :

関連ページ:

非同期プロファイラー

非同期プロファイラーは、アプリケーションの JVM レベルのパラメーターを監視して、アプリケーションの実行方法と、メモリと CPU リソースの割り当て方法を正確に把握します。このデータは、パフォーマンスの問題とボトルネックを見つけて解決できます。非同期プロファイラーでは、スタックをサンプリングするた...

Java フライトレコーダー

Java フライトレコーダー(JFR)は、アプリケーションの実行中に Java 仮想マシン内の特定の瞬間のイベント(データ)に関する情報を収集する監視ツールです。Java Flight Recorder は、次の JDK ビルドでネイティブにサポートされています。Oracle JDK 8-10:VM...

プロファイリングレポートを読む

プロファイラーツールウィンドウでは、収集されたデータがいくつかのタブに表示されます:Flame グラフ、呼び出しツリー、メソッドリスト、およびイベント(JFR の場合)。ツールウィンドウの左側には、アプリケーションスレッドが一覧表示されます。各スレッドをクリックすると、詳細を確認できます。レポート...

メモリのスナップショットを分析する

メモリスナップショットは、パフォーマンスの問題を特定できます。ヒープを分析して、大量のメモリリソースを使用するコードの部分を特定し、メモリリークを見つけることができます。IntelliJ IDEA では、プロファイラーツールウィンドウでメモリのスナップショットを分析できます。IntelliJ IDE...

Cucumber テストを実行する

Cucumber テストを実行する最も速い方法は、必要な機能またはシナリオの横にあるガターのアイコンを使用することです。アイコンはテストの状態に応じて変化します。は新しいテストをマークします。は成功したテストをマークします。アイコンは、失敗したテストをマークします。シナリオを実行する実行するシナリオ...