IntelliJ IDEA 2020.2ヘルプ

コンソール。Pythonコンソール

WindowsおよびLinux用のファイル | 設定 | ビルド、実行、デプロイ | コンソール | Python コンソール
macOSのIntelliJ IDEA | 環境設定 | ビルド、実行、デプロイ | コンソール | Python コンソール
Ctrl+Alt+S Settings

このページを使用して、PythonコンソールのPythonインタープリター、そのオプション、起動スクリプトなどを定義します。

項目説明
環境
プロジェクトこのリストをクリックして、同じ実行/デバッグ構成を使用する必要がある同じIntelliJ IDEAウィンドウ開いたプロジェクトの1つを選択します。開いているプロジェクトが1つしかない場合、このフィールドは表示されません。
環境変数

このフィールドには、環境変数のリストが表示されます。リストに複数の変数が含まれている場合、それらはセミコロンで区切られます。
リストに入力するには、参照ボタンをクリックするか、Shift+Enter を押して、環境変数ダイアログで目的の環境変数のセットを指定します。
新しい変数を作成するには、the Add buttonをクリックし、目的の名前と値を入力します。

テキストファイルに一連のレコードとして格納されている変数をリストに追加することができます。
Variable1 = Value1 Variable2 = Value2
テキストファイルから変数のリストをコピーし、環境変数 ダイアログで貼り付けPaste)をクリックするだけです。変数がテーブルに追加されます。OKをクリックして、タスクを完了します。いつでも、環境変数ダイアログですべての変数を選択し、コピー Copyをクリックして、テキストファイルに貼り付けることができます。
Python インタープリターリストから、構成済みのPythonインタープリターの1つを選択します。
インタープリター・オプションこのフィールドでは、インタープリターに渡す文字列を指定します。必要に応じて、Enterキーを押し、エディターに文字列を入力します。
作業ディレクトリ実行中のコンソールが使用するディレクトリを指定してください。このフィールドを空白のままにすると、プロジェクトディレクトリが使用されます。
インタープリターの構成目的のインタープリターがリストにない場合は、このリンクをクリックしてPython インタープリターページを開き、インタープリターまたは仮想環境を構成してください。
PYTHONPATH にコンテンツ・ルートを追加するコンテンツのルートをPYTHONPATHに追加するには、このチェックボックスを選択します。
PYTHONPATH にソース・ルートを追加するソースルートをPYTHONPATHに追加するには、このチェックボックスを選択します。
開始スクリプト

このエディター領域に、起動と初期化の後にコンソールで実行されるスクリプトを入力します。構文の強調表示、コード補完、インポートアシスタント、ドキュメント、インスペクション、およびクイックフィックスがこのエディターで利用可能です。

Starting script

デフォルトでは、この領域には次のスクリプトが含まれています。これにより、ヘッダー情報が表示され、システムパスが拡張されます。

import sys; print('Python %s on %s' % (sys.version, sys.platform)) sys.path.extend([WORKING_DIR_AND_PYTHON_PATHS])

このような印刷を省略したい場合は、このスクリプトを削除してください。

最終更新日: 2020年8月19日