IntelliJ IDEA 2020.3 ヘルプ

外部ツール

サードパーティのアプリケーションを外部ツールとして定義し、IntelliJ IDEA から実行できます。

IntelliJ IDEA を使用すると、プロジェクトから外部ツールにコンテキスト情報をコマンドライン引数(現在選択されているファイルやプロジェクトのソースパスなど)として渡し、ツールによって生成された出力を表示し、実行前にツールを起動するように構成できます。/ debug 構成など。

IntelliJ IDEA に追加できる外部ツールにはいくつかの種類があります。

  • ローカルツールは、コンピューター上でローカルに実行されるアプリケーションです。

  • リモートツールは、SSH を介してリモートサーバーで実行されるアプリケーションです。

ローカル外部ツールを追加する

この例は、Emacs(英語) を外部ツールとして追加し、それを使用してプロジェクト内のファイルを開いて編集する方法を示しています。

  1. 設定 / 環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+S で、ツール | 外部ツールを選択します。

  2. the Add button をクリックして、以下の設定を指定します。

    • 名前 :IntelliJ IDEA インターフェースに表示されるツールの名前。

    • グループ : ツールが属するグループの名前。既存のグループを選択するか、新しいグループの名前を入力できます。

    • 説明 : ツールの意味のある説明。

    • プログラム : アプリケーション実行可能ファイルへのパス。

    • 引数 : コマンドラインで指定するように、実行可能ファイルに渡される引数。

    • 作業ディレクトリ : ツールが実行される現在の作業ディレクトリへのパス。

    The Create Tool dialog
  3. OK をクリックしてツールを追加してから変更を適用します。

追加されたローカル外部ツールを実行する

新しく追加された Emacs ツールで選択したファイルを開くには、次のいずれかを実行します。

  • メインメニューからツール | 外部ツール | Emacs を選択します。

  • プロジェクトツールウィンドウでファイルを右クリックして、コンテキストメニューから外部ツール | Emacs を選択します。

  • 設定 / 環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+Sキーマップを選択し、外部ツールノードで Emacs アクションを見つけ、それにショートカットを割り当てます。ショートカットを使用してツールを実行します。

ツールを実行すると、選択したファイルが別のウィンドウで開きます。

Running External Tool

リモート外部ツールを追加する

リモート SSH 外部ツールはローカルの外部ツールと同様に設定されていますが、それらが実行されるリモートサーバーも定義しており、SSH 経由で接続するための認証情報が必要です。

この例は、date をリモートサーバーで実行され、現在の日付と時刻を返すリモート SSH 外部ツールとして追加する方法を示しています。

  1. 設定 / 環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+S で、ツール | リモート SSH 外部ツールを選択します。

  2. the Add button をクリックして、以下の設定を指定します。

    The Create Tool dialog

    このダイアログでは、ローカル外部ツールを追加する場合と同じ設定セットが提供されますが、リモートサーバーを選択することも推奨されます。これは、構成済みの SSH 設定または Vagrant ボックスのいずれかです。デフォルトでは、IntelliJ IDEA は、サーバーでツールを実行するたびに、ホスト、ポート、関連する SSH 認証情報を要求します。

  3. OK をクリックしてツールを追加してから変更を適用します。

追加されたツールをリモートサーバーで実行する

  • メインメニューからツール | リモートツール | 日時を選択します。

  • 設定 / 環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+Sキーマップを選択し、Date and time アクションを見つけて、それにショートカットを割り当てます。ショートカットを使用してツールを実行します。

ホスト、ポート、資格情報を指定した後、IntelliJ IDEA は SSH 経由でサーバーに接続して date コマンドを実行し、IntelliJ IDEA の実行ツールウィンドウに出力を返します。

ウェブブラウザー

Web ブラウザーを使用して、プロジェクトから任意のファイルを開くことができます。デフォルトでは、HTML ファイルの出力をプレビューしたり、Web アプリケーションを実行およびデバッグしたりするために使用されます。

Web ブラウザーでファイルを開く

Web ブラウザー(HTML、XML、JSP など)によってレンダリングされることを意図したファイルを開くには、次のいずれかを実行します。

  • Alt+F2 を押します。

  • ファイルを右クリックしてブラウザーで開くを選択します。

  • メインメニューから表示 | ブラウザーで開くを選択します。

  • エディターウィンドウの右上にあるブラウザーポップアップを使用します。ブラウザーボタンをクリックして Web サーバーファイルの URL を開くか、Shift+Click をクリックしてローカルファイルの URL を開きます。

    The Browser popup in the editor

ブラウザーで開くアクションは、他のファイルタイプでは使用できません。ただし、アクションの検索 Ctrl+Shift+A を使用して実行することはできます。

ブラウザーのリストを表示および構成する

  • 設定 / 環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+S で、ツール | ウェブブラウザーを選択します。

The Web Browsers page in Preferences

標準の手順を使用してブラウザーをインストールした場合は、パスフィールドのエイリアスが正しい場所を指しているはずです。そうでない場合は、対応する実行可能ファイルへのパスを指定します。

カスタムプロファイルと設定を使用する

Firefox および Chrome ファミリーブラウザー用のカスタムプロファイルを設定できます。

  1. 設定 / 環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+S で、ツール | ウェブブラウザーを選択します。

  2. リストからブラウザーを選択して the Edit button をクリックします。

    • Firefox の場合は、profiles.ini ファイルへのパスを指定し、使用するプロファイルを選択してください。詳しくは、Firefox のブラウザープロファイル(英語)を参照してください。

    • Chrome の場合は、カスタムユーザーデータディレクトリを使用するを選択し、ユーザーデータディレクトリ(英語)の場所を指定します。

      IntelliJ IDEA から Chrome を実行するときに使用する追加のコマンドラインオプションを指定することもできます。詳細については、Chrome アドレスバーの chrome://flags を開いてください。

関連ページ:

SSH ターミナルを実行する

IntelliJ IDEA から SSH セッションを直接起動できます。専用の SSH ターミナルでコマンドを実行することにより、SSH トンネルを介してリモート Web サーバーまたは Vagrant インスタンス(仮想マシン)上のデータにアクセスできます。主にファイルのアップロードとダウンロードです。SSH ターミナルでの作業を準備する宛先サーバー環境で SSH サーバー(リモート Web サーバーまたは Vagrant インスタンス(仮想マシン))が使用可能であることを確認してください。宛先...

チュートリアル: IntelliJ IDEA のファイルウォッチャー

このチュートリアルの内容:このチュートリアルは、IntelliJ IDEA でファイル監視を使用する方法を段階的に説明することを目的としています。ファイル監視の基本、特に LESS と CoffeeScript の使用は、このチュートリアルの範囲外です。前提条件:以下を確認してください:IntelliJ IDEA を使用しています。Node.js がダウンロードされ、インストールされます。特定のオペレーティングシステムに応じて、実行可能ファイル Node.js へのパスを Path 環境変数に...

タスクとコンテキスト

プロジェクトで作業する場合は、完了する必要のある小さな作業で作業を整理できます。これらは、自分で設定したタスクです。IntelliJ IDEA では、大きな作業を小さなタスクに分割し、変更リストに関連付けることができます。または、これらは課題トラッカーからのタスクである場合があります。例: IntelliJ IDEA から直接割り当てられたタスクとバグを操作できます。これを行うには、IDE とトラッカーアカウントを接続します。タスクの作業を開始する前に、タスク管理プラグインがインストールされ、有...