IntelliJ IDEA 2019.2ヘルプ

リモート Python インタープリターの構成

IntelliJ IDEAは、リモートホスト上で動作するPythonインタープリターとの完全な統合を提供します。

リモートインタープリターのタイプに応じて、次のいずれかの手順に従います。

SSHインタープリターを設定するには:

  1. ファイル | プロジェクト構造 Ctrl+Shift+Alt+Sに移動します。

  2. プロジェクト構造ダイアログで、プラットフォーム設定セクションのSDKを選択し、Add a new SDKをクリックし、ポップアップメニューからPython SDKを選択します。

  3. Python インタープリターの追加ダイアログの左側のペインで、SSHインタープリターをクリックします。

  4. 右側のペインで新規サーバー構成を選択し、サーバー情報(ホスト、ポート、およびユーザー名)を指定します。

    adding an interpreter via SSH
    または、既存サーバー構成を選択して、使用可能なデプロイ構成をリストから選択することもできます。
    Existing SSH configuration
    必要に応じて、the Browse button をクリックして、選択したデプロイ構成の接続設定マッピング、および除外パスを確認します。インタープリターの設定を続行するには、次へをクリックします。

  5. 次のダイアログ・ウィンドウで、ターゲット・サーバーに接続するための認証の詳細を入力します。

    specifying authentication details

    パスワードまたはキー・ペア (OpenSSLまたはPuTTY)を選択し、パスワードまたはパスフレーズを入力します。

    次へをクリックして、最終的な設定手順に進みます。

  6. 次のダイアログウィンドウで、目的のPythonインタープリターへのパスを確認します。デフォルトを受け入れるか、別のデフォルトを指定できます。ローカルプロジェクトとサーバー間のパスマッピングを構成する必要があります。これを行うには、フォルダーの同期フィールドの横にある the Browse button をクリックし、ローカルプロジェクトフォルダーへのパスとリモートサーバー上のフォルダーへのパスを入力します。

    Setting SSH mappings

    最低のチェックボックスを選択して、リモートサーバーへのローカル変更の自動アップロードを有効にすることもできます。

Vagrantを設定するには:

  1. マシン上にVagrantインスタンスが作成され、正しく初期化されていることを確認してください。

  2. ファイル | プロジェクト構造 Ctrl+Shift+Alt+Sに移動します。

  3. プロジェクト構造ダイアログで、プラットフォーム設定セクションのSDKを選択し、Add a new SDKをクリックし、ポップアップメニューからPython SDKを選択します。

  4. Python インタープリターの追加ダイアログの左側のペインで、Vagrantをクリックします。

    Add an interpreter

  5. フィールドVagrant インスタンス・フォルダーの横にある参照ボタン the Browse button をクリックし、目的のVagrantインスタンスフォルダーを指定します。

    この結果、VagrantホストURLへのリンクが表示されます。

  6. Python インタープリター・パスフィールドには、目的のPython実行可能ファイルへのパスが表示されます。デフォルトを受け入れるか、別のものを指定することができます。

  7. OKをクリックします。設定済みのリモートインタープリターがリストに追加されます。

Dockerをリモートインタープリターとして設定するには:

  1. ご使用のマシンにDockerをセットアップしてください。

  2. ファイル | プロジェクト構造 Ctrl+Shift+Alt+Sに移動します。

  3. プロジェクト構造ダイアログで、プラットフォーム設定セクションのSDKを選択し、Add a new SDKをクリックし、ポップアップメニューからPython SDKを選択します。

  4. 表示されるダイアログで、Dockerオプションを選択し、ドロップダウンリストからDockerサーバーを選択し(サーバーがない場合は新規...をクリック)、イメージ名を指定します。

    Python インタープリター・パスはデフォルト値を持つ必要があります。(例: python)。

    Choose a docker
  5. タスクを完了するには、OKをクリックします。

Docker Composeをリモートインタープリターとして設定するには:

  1. ご使用のマシンにDocker Composeをセットアップして実行していることを確認してください。

  2. ファイル | プロジェクト構造 Ctrl+Shift+Alt+Sに移動します。

  3. プロジェクト構造ダイアログで、プラットフォーム設定セクションのSDKを選択し、Add a new SDKをクリックし、ポップアップメニューからPython SDKを選択します。

  4. 表示されるダイアログで、Docker Composeオプションを選択し、ドロップダウンリストからDockerサーバー、Docker Composeサービス(ここでは web)、設定ファイル(ここでは docker-compose.yml)、およびイメージ名(ここでは python)を選択します。

    次に、IntelliJ IDEAがあなたのDocker-Compose設定を開始してスキャンしてインデックスを作成するのを待ちます:

    Configure remote Python interpreter
  5. タスクを完了するには、OKをクリックします。

設定されているPythonインタープリターのいずれに対しても、次のことができます。

最終更新日: 2019年10月17日

関連ページ:

プラグインを管理する

プラグインはIntelliJ IDEAのコア機能を拡張します。バージョン管理システム、アプリケーションサーバー、その他のツールとの統合を提供、さまざまな言語およびフレームワークに対するコーディング支援サポートを追加する、ショートカットヒント、ライブプレビュー、ファイルウォッチャーなどを使用して、生産...

設定/環境設定ダイアログ

WindowsとLinux用のmacOS用現在のプロジェクトに関連する設定はアイコンでマークされています。設定ダイアログでは、IntelliJ IDEAの動作と外観を制御できます。ダイアログの左上部分にある検索フィールドを使用して、目的のオプションを見つけます。あるいは、検索ボックスにあるカテゴリの...

プラグイン

WindowsとLinux用のmacOS用このページを使用してプラグインを管理します。プラグインリポジトリの閲覧、プラグインのインストール、削除、有効化、無効化、および更新を行います。主なコントロール:マーケットプレースこのタブを使用して、JetBrainsプラグインリポジトリからプラグインをブラウ...

Vagrant

この機能はUltimateエディションでのみサポートされています。IntelliJ IDEAはVagrantと統合されており、Vagrantfile構成ファイルで定義された再現可能な開発環境を作成できます。IDEを離れずに、仮想ボックスの作成や削除、Vagrantボックスの初期化、Vagrant設定...

Docker

Dockerを使用すると、開発者は本番環境と同じ環境でコードをテストするためにコンテナー内にアプリケーションをデプロイできます。IntelliJ IDEAはDockerプラグインを使用してDockerをサポートします。プラグインはバンドルされており、デフォルトで有効になっています。Dockerサポー...

インタープリターパスのインストール、アンインストール、および再読み込み

以下は、Pythonプラグインがインストールされ有効になっている場合にのみ有効です。IntelliJ IDEAは、選択されたインタープリターにパスを追加することを可能にします。これらのパスは環境変数に追加されます。また、IntelliJ IDEAはこれらのパスのインデックスを作成し、コードのオブジェ...